理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アートディレクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アートディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアートディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアートディレクター適性診断結果

あなたの適性度は69%で、アートディレクターの仕事に向いているようです。アートディレクターの仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

アートディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の話を聞く力がある
2.コミュニケーションが得意
3.リーダーシップがある
4.人の長所を見つけるのが上手い
5.デザインに関する知識がある
6.決断力がある
7.世の流行に興味が強い
8.客観的な視点で物事を見れる
9.他人に気を配れる
10.デザインの現場での経験がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の話を聞く力がある 』

十分に兼ね備えている

アートディレクターは、Webサイトや広告など様々な制作物を完成させるにあたり、デザインなどの見た目の面でチームをまとめる統括責任者です。そのため、クライアントと丁寧に話し合いをしてクライアントの希望を把握する必要があります。そこで、クライアントの希望を聞き出す必要性があります。時には漠然とした希望を伝えてくるクライアントがいるかもしれませんが、そんなときもクライアントと丁寧に話し合いをして制作の方向性を定めていくことが重要になります。

『 コミュニケーションが得意 』

十分に兼ね備えている

アートディレクターは、クライアントの希望を汲み取るだけではなく、それを的確にチームのメンバーに伝える必要性があります。そのためには、誤解が生まれないように正確にクライアントの希望を伝達するためのコミュニケーション力が必要となります。また、業務委託を行う際なども、制作チーム外の人とのコミュニケーションが欠かせません。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

制作を統括するという役割上、アートディレクターは制作チーム全体の動きを把握してメンバーに的確な指示を出す力が必要です。また、リーダーシップがあればチームメンバーに信頼してもらえたり、チームを1つにまとめたりすることができて、制作がより進みやすくなるでしょう。

『 人の長所を見つけるのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

アートディレクター統括者としては、チームメンバーの能力や仕事の内容を理解しておくべきです。チームメンバーの仕事の内容をしっかり把握しておかなければ、仕事を割り振る際、その仕事について理解が乏しかったりその仕事に関するスキルがない人に仕事を割り振ってしまい、効率性が悪くなったりする可能性があります。また、チームメンバーの能力、つまりキャパシティーを把握しておかなければ、他の仕事をする余裕がない人に新たに仕事を割り振ってしまうなどの問題が起こる可能性があります。そういったことを防ぐためには、アートディレクターがチームメンバーの仕事や能力を理解しておくことがとても重要です。

『 デザインに関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

チームで練られたデザイン案を確認し必要であれば修正の指示を出すためには、ある程度のデザインの知識が必要です。クライアントの希望を満たすために最適な表現ができているか判断するには、デザインの知識に裏付けられた理論的な考え方をしなければなりません。また、修正の指示を出す際もどこがどうダメでどう修正すればよいのかをチームメンバーと共有するためには、理論的な基盤が必須です。

スポンサーリンク

『 決断力がある 』

十分に兼ね備えている

例えば、素晴らしいデザイン案が複数上がってきた場合、採用するデザイン案はどちらか1つに絞らなければなりません。また、チームとしての仕事が増えれば誰にその仕事を任せるか決めなければなりません。このように、アートディレクターの仕事では、判断が求められる場面がたくさんあります。そのとき、素早く正確に判断を下すための判断力が求められます。

『 世の流行に興味が強い 』

十分に兼ね備えている

アートディレクターはデザインに携わる仕事なので、広い視点をもって世の流行を捉えておくことが求められます。その分野は広告業界だけではなく、ファッション・サブカルチャーなど多岐にわたります。もともと世の流行に疎い人が世の流行を捉えようとするよりも、興味を持って流行を追う方が圧倒的に楽かつ新鮮な流行を捉えやすくなります。

『 客観的な視点で物事を見れる 』

十分に兼ね備えている

アートディレクターはあくまで制作チーム側の人間です。そのため、つい制作チーム側の目線で制作物を見てしまう可能性があります。ですが、実際に制作物が世に出た後は、その制作物を見た人やクライアントの目線が重要になります。そこで、制作チーム側の目線で凝り固まることなく、客観的な目線を持ちつつ制作を統括する必要性があります。

『 他人に気を配れる 』

そこそこ兼ね備えている

いくら他人の仕事の内容やキャパシティーを把握したつもりでも、実際はチームメンバーと仕事がミスマッチを起こしている可能性があります。こういった状況では、仕事が滞ってしまったり、チームメンバーにストレスがかかったりしてしまいます。そこで、チームメンバーの些細な変化に気を配ったり、現場の状況を細かく把握しておくことでミスマッチに気付くことができるかもしれません。

『 デザインの現場での経験がある 』

あまり兼ね備えていない

これまで、アートディレクターは仕事全体の動きを把握しておく力やデザインの知識が必要だと述べましたが、デザインの現場での経験があれば、こういった力は自然と身についている場合があります。また、現場での仕事を経験したことがあればチームメンバーの気持ちや忙しさが理解でき、チームのリーダーとして上手くチームメンバーをフォローできるよう立ち回ることができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアートディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る