理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

アロマセラピストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アロマセラピストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアロマセラピストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

アロマセラピストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのアロマセラピスト適性診断結果

あなたの適性度は32%で、今の時点ではアロマセラピストの仕事に向いているとは言えないようです。アロマセラピストを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

アロマセラピストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ホスピタリティ精神が高い
2.向上心がある
3.アロマテラピーに興味がある
4.清潔感がある
5.体力がある
6.コミュニケーション能力がある
7.マッサージを受けるのが好き
8.柔和な人柄である
9.臨機応変に対応できる
10.精神的に安定している
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
アロマセラピスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ホスピタリティ精神が高い 』

兼ね備えていない

アロマセラピストはアロマテラピーを通じて心身ともに癒しを与える仕事です。そのため、ホスピタリティ精神が必要になります。マッサージの技術でリラックスしてもらうことはもちろですが、どうすればお客さんに喜んでもらえるかを考え、細やかな気配り・目配り・心配りをすることが求められます。思いやり溢れる立ち振る舞いができるアロマセラピストは、リピーターを増やすことができるでしょう。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

アロマセラピストとして活躍するには、資格を取得するために身につけた知識・技術だけに満足してはいけません。さらなるトリートメント技術を身につけ、精油に関する知識も増やしていこうという向上心を持つことが大切になります。アロマテラピーは一人一人の心身の状態に寄り添った施術を行うため、経験を積み重ねることで学んでいくこともあります。常に新しい知識を吸収しようという意欲がある人に向いている仕事です。

『 アロマテラピーに興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

アロマテラピーは、300種類ものアロマオイルの香りや効能、調合の相性を覚えなければなりません。また、アロマオイルが人体へどのように作用するのかなども把握する必要があります。覚えなければならいことが山のようにあるため、興味がないと知識として身についていきません。アロマテラピーに興味がある人は、知識も自然と身につきスキルの高いアロマセラピストになることができるでしょう。

『 清潔感がある 』

兼ね備えていない

アロマセラピストは直接お客さんの体に触れる施術を行います。清潔感の無い見た目では、お客さんが触られることに抵抗を感じてしまうでしょう。気持ちよく施術を受けてもらえるよう、清潔感のある見た目が求められます。ハンドマッサージを行うため手のお手入れは特に大切で、爪の間なども念入りにチェックする必要があります。清潔感の無いアロマセラピストはお客さんからの評価が下がったり、クレームに繋がったりすることもあります。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

アロマセラピストはアロマの香りに包まれ施術を行うという優雅なイメージがありますが、体力が必要な仕事でもあります。アロマテラピーのコースは60分~120分が一般的であり、そのように長い時間マッサージするにはそれなりの体力が求められます。1日に複数のお客さんに施術をするとなれば、かなりの体力を消耗します。そのため、体力に自信がある人でないとアロマセラピストを続けるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

アロマセラピストは、お客さんとのカウンセリングを通じてどのような施術を行うかを判断します。どのような悩み、ストレスを抱えているのかお客さんが心を開いて話せるよう、円滑にコミュニケーションを取ることが求められます。特にヒアリング力が求められ、会話の端々からお客さんが求めていることを察する能力が必要です。

『 マッサージを受けるのが好き 』

兼ね備えていない

マッサージなどリラクゼーションの施術を受けるのが好きな人は、アロマセラピストに向いています。自分がマッサージを受けると、どうすればお客さんが喜ぶのかをお客さん目線で知ることができます。また、他の人の施術を受けることで接客技術やマッサージの技術を学び、自身の接客に取り入れることができます。そのため、マッサージを受けるのが好きな人はアロマセラピストとしての伸びしろがあります。

『 柔和な人柄である 』

そこそこ兼ね備えている

アロマテラピーを受けに来ているお客さんは、癒しを求めています。そのため、アロマセラピストにも柔和な人柄が求められます。せっかくリラックスしに来たのに、アロマセラピストがガサツであったり、横暴であったりすると、どれだけ手技が上手くてもお客さんは居心地の悪さを感じてしまいます。嫌なことがあっても表に出さず、柔らかい物腰で対応できる人に向いています。

『 臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

アロマテラピーのコースは60分~120分ほどと長尺であるため、施術中にお客さんからリクエストを受けることも少なくありません。そのため、どんな要望にも臨機応変に対応できるスキルも求められます。アロマセラピストのゴールは、施術でお客さんに満足してもらうことです。急な変更や要望であっても融通をきかせ、お客さんの満足度を優先した対応をするとアロマセラピストしての評価も上がります。

『 精神的に安定している 』

あまり兼ね備えていない

アロマセラピストはお客さんに癒しを与える仕事であるため、まずは自分自身が精神的に安定していなければいけません。精神が不安定で暗い顔をしたセラピストの施術を受けても、お客さんはリラックスすることはできません。施術を通して不安定な精神状態が伝わり、お客さんまで塞いだ気持ちになる可能性もあります。そのため、精神的に安定している人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアロマセラピスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
アロマセラピスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • アロマセラピストに向いているか向いていないか
  • アロマセラピストの職業適性度
  • アロマセラピストに必要な10の資質
  • 解説でアロマセラピストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

アロマセラピストとは?

アロマセラピストとは精油についての専門知識を持ち、お客様に精油の使い方や期待できる効果などを伝えたり、精油を使ってトリートメントをしたりする仕事です。

アロマセラピーは精油の持つ香りや成分によって、気持ちや体に働きかけ健康や美容に役立てるものです。

アロマセラピストは、正しい知識に基づき、お客様の美容や健康に対する悩みや要望を聞き、適切な精油を選んだり、マッサージをしたりスチームで肌にうるおいを与えたりします。

ストレスの多い現代社会では、リラックスや癒やしを求める人が少なくありません。

アロマセラピストはリラックスや癒やしを求める人のサポートをするのも仕事の一つです。

アロマセラピストになるには?

アロマセラピストになるには、エステティックサロンやリラクゼーションサロンなどに就職し、知識やトリートメント技術を学びながら経験を積んでいくことです。

サロンなどに就職した場合、知識がなく未経験の場合は研修を経てから仕事をするのが一般的です。

資格がなくてもできる仕事ですが、精油に関する専門知識やトリートメント技術などが必要なため、資格を取得するケースがほとんどです。

スキルを証明するためにも、アロマテラピー検定は取得しておくのがおすすめ。

資格取得の勉強は通信教育でも可能ですが、アロマセラピストを育成する専門学校に行くのも一つの方法です。

アロマセラピストの給料・年収

アロマセラピストの年収は、複数のデータから見てみると200万~400万円程度です。

就職するサロンの規模によって給料に幅があります。

アロマテラピーアドバイザーなどの資格を持っていた方が、給料は高くなることが多いです。

または管理職になれば、役職手当もつくので年収もアップします。

アロマセラピストとして給料をアップさせたい場合は、独立して開業したり、フリーランスとして働いたりすることでより高い年収を得る可能性が高くなります。

ただし、そのためには経営に関する知識を持つことや、スキルアップしてお客様から人気を得られるアロマセラピストになることが必要です。

アロマセラピストの就職・転職先(求人)

アロマセラピストとしての就職・転職先として多いのは、リラクゼーションサロンや美容サロン、エステティックサロンです。

サロンには独立した店舗もあれば、ホテルやスパなどの施設内に設置されている場合もあります。

また、精油を専門に販売するアロマショップで知識を活かすことも可能です。

近年では医療業界でもアロマセラピーは注目されていることもあり、介護施設や病院、鍼灸院や整骨院などに勤務するというケースも増えています。

さらに、アロマセラピーを育成するスクールやカルチャースクールなどで、でアロマセラピーの講師として仕事をする道もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0