理想の就活/転職のための
自己分析サイト

建築板金工に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建築板金工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建築板金工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの建築板金工適性診断結果

あなたの適性度は60%で、建築板金工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。建築板金工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

建築板金工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.高い所が得意
2.寒さや暑さに強い
3.コミュニケーション能力が高い
4.手先が器用
5.コツコツと丁寧な仕事ができる
6.自己管理ができる
7.熱意を持って努力ができる
8.効率よく作業をこなせる
9.体力がある
10.人からの感謝にやりがいを感じる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 高い所が得意 』

だいぶ兼ね備えている

建築板金工に向いている人の特徴というと、高い所が得意ということが挙げられます。そもそも建築板金工とは、建物の屋根、外壁などに金属の加工を施していくのが主な仕事です。すなわち、高所での作業が必然的に多くなります。もしも高い所が苦手な場合、足がすくんでしまって作業をスピーディーに進められません。したがって、高い所が得意な人に向いている仕事といえます。

『 寒さや暑さに強い 』

十分に兼ね備えている

建築板金工の仕事はすべて屋外での作業となります。したがって、寒さや暑さに強いのも必要なスキルと言えるでしょう。とりわけ屋根の上で作業をする機会が多いですが、その際、夏の時期は直射日光をまともに受けてしまいます。また、冬の時期は冷たい風、雪などをまともに受けてしまうのです。したがって、建築板金工は冬の寒さ、夏の暑さを苦にせずにしっかりと仕事ができる人に向いていると言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーション能力が高い人も建築板金工に向いていると言えるでしょう。建築現場で働く職人というのは、建築板金工以外にもたくさんいます。建築板金工の作業は建物の骨組みがある程度完成した後に行うので、仕上げに関わる職人と工期が重なることが少なくありません。作業を円滑に進めるために、別の職人とコミュニケーションを図る機会は非常に多いです。よって、コミュニケーション能力は建築板金工として働くために必須です。

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

建築板金工に向いている人の特徴と言えば、手先が器用であることも挙げられます。屋根や外壁の形に合わせて金属板を切断して施工するのが、建築板金工の主な仕事です。とりわけ屋根と外壁が交わる部分、屋根が交差する部分は丁寧に金属板を施工していかないと、隙間ができて雨が建物に入ってしまいます。職人の手作業ですべて行う仕事なので、手先が器用なのは建築板金工として欠かせないスキルです。

『 コツコツと丁寧な仕事ができる 』

だいぶ兼ね備えている

コツコツと丁寧な仕事ができるスキルも建築板金工として働くためには必要です。一つ一つの材料を屋根の形状に合わせてカットしたり、外壁に金属を施工したりと地道な作業が続くからです。一つでも手を抜いてしまうと、建物に隙間が生じて雨漏りの元になります。大きなクレームに繋がる恐れもあるので、一つ一つの作業を丁寧に行える能力は不可欠です。

スポンサーリンク

『 自己管理ができる 』

兼ね備えていない

自己管理をしっかりとできるスキルも建築板金工として働くためには不可欠です。建築板金工の仕事は、朝がとても早い上に次の日の準備で夜遅くまで働くことが多いです。とりわけ働き始めの頃は現場で学ぶ機会が多いので、長時間にわたって働くのが当たり前です。体が資本の仕事なので、しっかりと自己管理ができないと体調を崩して周囲に迷惑をかけてしまいます。

『 熱意を持って努力ができる 』

十分に兼ね備えている

建築板金工は、熱意を持って努力できる人に向いている仕事といえます。建築板金工は技術をしっかりと磨かないと、取引先はもちろん周りの職人からも信頼されない仕事です。本人が努力して腕を磨いていけば周囲から頼りにされるのはもちろん、収入も同時にアップしていきます。その逆に、一切努力をせずに先輩から指示された仕事をただこなしているようでは、周囲から見限られてしまいます。良い建築板金工になるためには、努力をし続けるスキルが必須です。

『 効率よく作業をこなせる 』

あまり兼ね備えていない

建築板金工に向いている人の特徴というと、効率よく作業をこなせることも挙げられます。そもそも建築板金工というのは、決められた納期に合わせて施工を進めなければいけません。納期を過ぎてしまったら、建築板金工としての信用を失いかねません。したがって、納期に間に合うように効率的に作業を進められるスキルも求められます。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

建築板金工として働くためには体力があることも求められます。建築板金工は高所での作業が多く、屋根や外壁に施工する金属を屋根まで担いで持っていかなければいけません。職人の世界でありながらも、力仕事も多くて非常にハードです。一日中、ずっと立ちっぱなしで作業をするのも日常茶飯事です。肉体的に負担のかかる仕事なので、体力があることは必要なスキルといえます。

『 人からの感謝にやりがいを感じる 』

そこそこ兼ね備えている

人に感謝されるのに強いやりがいを感じる人も建築板金工に向いていると言えます。建築板金工は、台風や地震などの自然災害でダメージを受けた建物の修繕を依頼されることが多々あります。その破損箇所を修理したことに対して、感謝してもらえる機会は少なくありません。依頼主の喜ぶ姿を間近に実感できるのは、自身の仕事のモチベーションに繋がるものです。また、技術の向上への意欲にも繋がるので、感謝されるのにやりがいを感じる方は建築板金工に適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建築板金工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る