理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

建築模型士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建築模型士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建築模型士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

建築模型士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの建築模型士適性診断結果

あなたの適性度は57%で、建築模型士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。建築模型士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

建築模型士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細かい図面を読むことが苦でない
2.手先が器用で細かい仕事が得意
3.根気強く集中力を持続できる
4.ミスなく正確に作業できる
5.客観的に物事を見られる
6.ジオラマの作成スキルがある
7.仕事で知った情報を外部に漏らさない
8.様々な立場の人との会話が得意
9.時間の約束を守ることができる
10.スキルアップのための勉強を怠らない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
建築模型士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 細かい図面を読むことが苦でない 』

十分に兼ね備えている

建築模型士は建築予定の建物をミニチュアで再現するのが主な仕事です。完成予想図を立体化する仕事とも言えることから、基になる図面を正しく読む知識が必須になります。また、ミニチュアで再現するには縮尺率の計算も正しく行う必要があるので、図面の数値を縮める計算方法も理解していなければ仕事が成り立たないと言えるでしょう。

『 手先が器用で細かい仕事が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ミニチュア作りはその多くが細かい作業の繰り返しになります。手の平に乗るほどの小さな部品を幾つも組み合わせて作るため、細かい作業を正確に行う技術が求められます。手先が器用で専用の工具を正しく扱うことが建築模型士に求められる基本的な技術力です。

『 根気強く集中力を持続できる 』

十分に兼ね備えている

ミニチュア作りは根気強さが求められる作業です。ピンセットなどの工具が必要になるほどの小さい部品を幾つも組み合わせる他、接着や塗装など、仕上がりに時間がかかる作業も加わります。作業内容によっては型崩れなどの不具合が起きないよう、手で押さえる必要もあることから片手間に行うことはできません。小さい部品は脆く、壊れやすい物も少なくないことから、時間をかけて丁寧に扱う繊細な作業が求められます。一つの作業に集中し続ける根気強さこそが優れた建築模型士の条件と言っても過言ではありません。

『 ミスなく正確に作業できる 』

あまり兼ね備えていない

ひと口に建築模型と言ってもその種類は様々です。設計の初期段階と具体的な方向性が確立した後では図面の内容に違いがあります。建築模型は図面に沿って作る物なので、同じ建築物でも異なった仕上がりになるのは当然と言えるでしょう。初期段階では大まかな形をイメージできることが求められるため、簡素な作りになるのが普通です。一方で方向性が確立した図面に基づく建築模型は実際の建築物をそのままミニチュアにしたような作りに仕上げる必要があります。図面ごとに求められるクオリティが異なることを把握し、図面の情報を正しくミニチュアで示すのが建築模型士の務めです。

『 客観的に物事を見られる 』

だいぶ兼ね備えている

建築模型士は手先が器用であることはもちろん、図面の情報を正しく表現する技術力が必要です。建築模型はおもちゃではなく、図面の情報を立体化した物であることを忘れてはいけません。ツヤ出しや装飾品の追加など、図面に記されていない事柄を勝手に加えるのは厳禁と言えるでしょう。また、稀に依頼主が美しい仕上がりを求めるケースがありますが、建築模型は飾り物ではなく建築の方向性を確認するための実用品であることを認識してもらう必要があります。趣味や願望は取り入れず、あくまでも図面の情報を形にする客観的な視点を持ってミニチュア作りに取り組む姿勢が求められます。

スポンサーリンク

『 ジオラマの作成スキルがある 』

十分に兼ね備えている

建築模型の中でも方向性が具体的に決まった最終案の図面を基にした物はジオラマの要素が強くなります。対象の建築物だけではなく、周囲にある立ち木や道路なども作るケースは少なくありません。このような場合、主役である建築物を如何に目立たせるかが重要なポイントと言えるでしょう。建築模型におけるジオラマは主役の建築物を目立たせるための風景なので、縮尺率や色合いを変えるなどの工夫が必要になります。建築物をジオラマに埋没させないことが質の高い仕上がりにする条件です。

『 仕事で知った情報を外部に漏らさない 』

あまり兼ね備えていない

ほとんどの職業において、仕事で知った情報は無暗に外部へ漏らしてはいけないとされています。これは建築模型士も例外ではなく、建築物の情報や依頼主の個人情報など、仕事の中で知った様々な情報を漏らしてはいけません。重要な機密事項がない、ありふれた内容であっても仕事で知った事柄は無関係な第三者に知られないようにするのが社会人としてのマナーです。

『 様々な立場の人との会話が得意 』

そこそこ兼ね備えている

建築模型士は単にミニチュアを作るだけではなく、依頼主や設計士、建築業者など様々な人と話し合って意思を共有する必要があります。どのような建築物に仕上げたいかを知るには図面だけでは不完全です。建築に携わる人の考えを正しく把握することこそ、高品質な建築模型作りに欠かせない要素と言えます。相手の要望を正しく認識し、建築模型で表現するには綿密なコミュニケーションは必須です。誰とでも腹を割って話し合うことができる社交性の高さも建築模型士として働くための条件でしょう。

『 時間の約束を守ることができる 』

そこそこ兼ね備えている

どのような仕事でも約束の時間までに完了させることが大切ですが、建築模型士はその傾向が顕著です。図面の情報を立体化させた建築模型は図面作成や建築工事の方向性を決める重要な物なので、事前に決めた期限を守って仕上げる必要があります。ミニチュア作りに時間がかかるとそれだけ今後の工程にも遅れが生じることから、質の高さを保ちつつ時間は厳守することを忘れてはいけません。

『 スキルアップのための勉強を怠らない 』

そこそこ兼ね備えている

建築模型士は技能職に含まれる仕事ですが、質の高い仕事を続けるならミニチュア作りの勉強を欠かさないことが肝心です。3Dプリンターのようにコンピューター制御された特殊な工具でミニチュアを作る事例も少なくありません。図面の情報を正確に再現する、依頼主など建築に携わる人の要望を形にするなど様々な条件を達成するには新しい技術の習得が不可欠です。そのためにも日々、勉強を行うことが求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建築模型士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
建築模型士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 建築模型士に向いているか向いていないか
  • 建築模型士の職業適性度
  • 建築模型士に必要な10の資質
  • 解説で建築模型士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

建築模型士とは?

建築模型士の仕事は、住宅や施設など建物を建築する際にミニチュア模型を作る事です。

建築士やデザイナーなどが設計した図面を元にして、縮尺模型として立体化します。

縮尺模型というのは、対象となる建物の形状を縮尺に基づき再現した模型の事です。

建築模型と一言で言っても様々です。

設定がまだ途中の段階で作られるスタディ模型では、大まかな構造で作ります。

設計案が殆ど決まってから作るプレゼンテーション模型では、細部まで丁寧に作り込みます。

設計図が変更する度に模型を作ります。

建築模型士が作るのは、単に建物だけではありません。

都市開発などの際には、街全体を作る事もあります。

建築模型士になるには?

建築模型士として働くためには、特別な資格は必要ありません。

ですが、建築についての知識がなくては実際に働く事は困難です。

高校を卒業した後に建築学科がある大学や専門学校、または通信教育で建築に関する知識や技術を学びます。

その後、ハウスメーカーや設計事務所に勤務し、他の業務の傍ら建築模型士として働きます。

特定の会社に勤めずフリーランスとして仕事をする場合は、企業の下請けや個人からの受注で仕事をします。

取得して有利になるのが、日本デザイナープランナー協会認定の実践建築模型です。

模型の知識や制作技術を持っている事が証明できます。

建築模型士の給料・年収

複数の調査の結果、建築模型士の平均年収は、約300〜420万円です。

月額にすると、約20万円前後です。

しかし、働く場所によって収入は異なります。

ハウスメーカーなどに勤務した場合、模型造りだけではなく、他の業務と兼務する事もあります。

そして、模型そのものの単価も規模によって違いが出てきます。

小さなタイプだったら一件につき数万円ですが、大規模な場合は一件数十万〜数百万円になる事もあります。

フリーランスの場合は、中小物件の模型が中心になるため一件数万円前後となります。

また、複雑な模型か簡単な模型かでも金額は変化します。

建築模型士の就職・転職先(求人)

建築模型士の就職先は、ハウスメーカーや設計事務所、住宅販売会社や工務店です。

住宅や施設など建物を建築する業種では、実際に建築を始める前に建築模型を作成する事が大切です。

そして、完成した模型を見ながら修正箇所や変更箇所などについて話し合います。

立体的に表現する事によって、より具体的に住宅や建物の欠点などについてもわかります。

細部に至るまで再現する事ができるため、採光などについてもわかりやすくなります。

また、フリーランスとして活動する建築模型士として、仕事を請け負うこともありますし、講師となり住宅模型の作り方を教える事もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0