理想の就活/転職のための
自己分析サイト

建築デザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建築デザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建築デザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの建築デザイナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、建築デザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。建築デザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

建築デザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.優れた芸術的センスがある
2.感受性が豊かで繊細
3.建築物への興味関心が強い
4.優れた画力を備えている
5.デジタル機器の操作が得意
6.知的好奇心が強い
7.独創性がある
8.トレンドに詳しい
9.高いコミュニケーション能力がある
10.優れたスケジュール管理能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 優れた芸術的センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

建築物の外観や空間のデザインを手掛ける建築デザイナーは、優れた芸術的センスが求められます。立体的なデザインを得意とする人、設計の技術や知識を生かしたい人は、職業の選択肢のひとつとして検討してみるとよいでしょう。美的感覚を発揮して、快適な空間づくりを追求することが、建築デザイナーとしての評価につながります。自分の現状に満足してしまうことなく、感性を磨き続ける努力も必要です。

『 感受性が豊かで繊細 』

だいぶ兼ね備えている

豊かな感受性を持ち、色んな物事から刺激を受けやすいタイプの人は、建築デザイナーとしての適性がある人です。街を歩いていて目にした建物や、立ち寄ったお店のデザインを参考にして自身の建築デザインに生かすことができるようにして下さい。優れたデザインに触れた時に、その特徴を把握して記憶する能力を持っていると、自分の引出しが増えて、デザインの幅も広がってゆくものです。自分の引出しを多く持っていれば、スランプに陥った時にも乗り切りやすくなります。

『 建築物への興味関心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

建築物を見に出掛けたり、建築関係の本を読んだりするのが好きな人は、建築デザイナーの適性があります。仕事の現場を離れていても、頭の片隅に建築のことがあって、おしゃれなデザインや設計を追い求める心を忘れずにいるタイプであれば、建築デザイナーとして成長し続けることが可能です。価値ある建築物を求めて、時には海外まで足を運ぶなど、フットワークの軽さを持っていると好ましいでしょう。

『 優れた画力を備えている 』

兼ね備えていない

自分が考案したデザイン画を描き、デザインの意図を周囲に正確に伝える上では、優れた画力が必要となります。デザインを立体的に描き起こせる力を備えていることは、建築デザイナーとして不可欠です。自分のアイディアを巧みに表現した分かりやすいデザイン画があれば、クライアントを説得しやすく、仕事の獲得にもつながります。

『 デジタル機器の操作が得意 』

あまり兼ね備えていない

デジタル機器が発達すると共に、設計図を引く作業に関しても、パソコンで行うのが主流となってきました。建築デザイナーとして活躍するには、3Dソフトを使いこなして建築デザインができる能力を求められます。デジタル機器の操作が得意で、新しい技術を身につけるのが好きな人であれば、その技術を生かして自身のデザインの幅を広げてゆけるでしょう。

スポンサーリンク

『 知的好奇心が強い 』

十分に兼ね備えている

建築デザインのヒントになるものは、思いもよらぬところにも転がっているものです。知的好奇心が強く、色んなことに対して興味を持って取り組める人は、建築デザイナーの素質があります。映画や絵画鑑賞を通してデザインのアイディアを得たり、人気のお店に出向いて空間作りのコツを学んだりできるとよいでしょう。仕事を離れても、建築デザインのプラスになることを楽しめる人が望ましいと言えます。

『 独創性がある 』

あまり兼ね備えていない

建築デザイナーとして成功するには、コンペティションを勝ち抜いたりして、抜きん出た才能を示すことが重要です。他者とは異なる独創性を感じさせる、人をあっと驚かせるようなデザインができるようになりましょう。ファーストインパクトの強さは大切ですが、決して奇抜なデザインがよいというわけではありません。時代や国境を越えて愛される普遍性のあるデザインができるよう心掛けることも忘れずにいて下さい。

『 トレンドに詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

建築や空間デザインのトレンドは、日々移り変わってゆくものです。優れた建築デザイナーであるためには、流行に敏感で、時代が求めるものを察知できる能力を備えていることも求められます。ニュースや建築雑誌を通して建築のトレンドを把握し続けるようにして下さい。ニューオープンの施設に目を向けることも不可欠です。話題の施設に実際に足を運んでその空気感を味わうなど、流行の最先端に触れることに喜びを感じられるタイプの人は、建築デザイナーに向いています。

『 高いコミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

建築デザインの仕事は、クライアントからの依頼を受けて成立します。クライアントのニーズを正確に汲み取ることが、満足してもらえるデザインを創り上げる上で不可欠です。また、基本的にはチームワークで取り組む作業となるため、協調性やコミュニケーション能力が求められるシーンも多々あります。周囲と適切にコミュニケーションを取って作業を進めることが大切です。

『 優れたスケジュール管理能力がある 』

十分に兼ね備えている

建築デザイナーは、建築や空間デザインという大きな作業の一部を担うため、精緻なスケジュール管理が欠かせない仕事でもあります。決められた日時までにデザインを仕上げ、余裕を持って作業に取り組めるようにして下さい。チームメイトと情報共有をしながら、状況を正確に把握し、設定した目標に向かってまい進することが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建築デザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る