理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アプリケーションエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アプリケーションエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアプリケーションエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアプリケーションエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は36%で、アプリケーションエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アプリケーションエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アプリケーションエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.IT技術に興味がある
2.チームで物事を進めるのが得意
3.プログラミングが好き
4.コミュニケーションが得意
5.好奇心が旺盛
6.几帳面さがある
7.作業の効率化が好き
8.論理的思考力がある
9.柔軟性がある
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 IT技術に興味がある 』

兼ね備えていない

アプリケーションエンジニアとしてやっていくには、まずIT技術への興味が重要です。設計や運用、開発といったあらゆる業務をこなすので、システム開発に必要なITに関する知識を幅広く学んでおくことが必要になります。また、アプリケーションエンジニアは常に新技術に触れることができます。ITの知識を身につけたいと考えている人は、楽しみながら仕事をこなすことができるでしょう。

『 チームで物事を進めるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

チームで物事を進められるかどうかもアプリケーションエンジニアには非常に重要な能力です。業務は、複数のエンジニアが集まって進められるチームベースであることが多いです。周囲と協力しながら、何か物事を成し遂げた経験のある人には向いていると言えます。そして、経験を積んでいくと開発の責任者を任されるかもしれません。時には、メンバーの動きを確認しながら指示を出したり、意見をまとめたりすることが必要になります。アプリケーションエンジニアを目指すなら、ある程度の協調性や気配りが必須だと認識しておきましょう。

『 プログラミングが好き 』

十分に兼ね備えている

プログラミングが好きであることもアプリケーションエンジニアには求められます。プログラミング開発を行うことは、アプリケーション開発の基本です。また、プログラミングに関する技術は常に変化しています。どのような場合でも、常に新しい知識を習得するために勉強する心持ちが求められます。自分がプログラミングに興味が持てると感じるのであれば、アプリケーションエンジニアの素養があると言っていいでしょう。

『 コミュニケーションが得意 』

だいぶ兼ね備えている

コミュニケーションがとれることもアプリケーションエンジニアに必要な大事な能力です。先ほど挙げたチームで物事を進められる人にもコミュニケーションが必要です。大きなプロジェクトでは多数のエンジニアが業務をこなしています。プロジェクトを成功に導くためには、正確に情報を伝達する能力が求められるでしょう。コミュニケーションをとりたくないという姿勢ではアプリケーションエンジニアの仕事は務まりません。適度にコミュニケーションをとれる性格の人が向いていると言えるでしょう。

『 好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

アプリケーションエンジニアとして長く活躍するためには、常に学び続けなければなりません。プロジェクトによっては、使う技術や必要な知識が異なることもあります。その都度、必要な知識を身につけていく必要があるでしょう。また、好奇心が旺盛な人は、学習意欲も高いことが多いです。好奇心があまりないと感じている人には不向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 几帳面さがある 』

あまり兼ね備えていない

プログラミングを行う必要があるアプリケーションエンジニアには、几帳面さが必要不可欠です。プログラミング言語によっては、スペルミスが1字あるだけで動作しないこともよく起こります。プログラミングは細かい作業なので、それに屈しない几帳面さが求められるのです。細かいことは気にならなかったり、大雑把だったりする人には向いていないのがアプリケーションエンジニアの仕事です。

『 作業の効率化が好き 』

あまり兼ね備えていない

アプリケーションエンジニアの仕事において作業の効率化に興味があるかどうかは非常に重要になります。業務効率化につながるシステムを作成することも多いです。また、納期や予算の決まっている業務を担当することもあります。限られたなかで業務を遂行するためには、効率化を進めていくことが必要不可欠でしょう。

『 論理的思考力がある 』

兼ね備えていない

最適なスケジュールを立てたり、システムの仕様を考えたりする際、論理的思考力が必要になります。プロジェクト完成に向けて適切に問題解決を行うことが求められるため、物事を体系的に整理して考える人でなければ、アプリケーションエンジニアの仕事は務まらないと言えるでしょう。ロジカルな思考が苦ではない人に向いています。

『 柔軟性がある 』

兼ね備えていない

アプリケーションエンジニアには柔軟性も求められます。IT分野は技術の変化が激しいため、そのスピードについていかなければなりません。新たな技術を習得する際は、それまでのやり方にこだわらない柔軟性が必要不可欠です。先入観にとらわれず、物事に対して柔軟に対応していくことが非常に重要です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アプリケーションエンジニアとして一線で活躍し続けるには、体力がなければなりません。プロジェクトをこなすにあたって、厳しいスケジュールを要求されることもあります。自己管理がきちんとできない人は向いているとは言えません。なお、トラブルが起きても精神的に折れないタフさも重要となります。少しのことですぐキツいと感じてしまう人には向いていないのがアプリケーションエンジニアの仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアプリケーションエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る