理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アナウンサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アナウンサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアナウンサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアナウンサー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、アナウンサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。アナウンサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アナウンサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.冷静な判断力がある
2.責任感がある
3.体力がある
4.プレッシャーに強い
5.常に明るい性格
6.ルックスに自信がある
7.滑舌が良い
8.一般常識が身に着いている
9.親しみやすい人柄
10.負けず嫌い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 冷静な判断力がある 』

あまり兼ね備えていない

冷静な判断力はアナウンサーにとって不可欠なものと言えるでしょう。例えば、ニュース番組を進行している際に地震などの緊急性が高い情報が入ってくることは多々あります。その際、アナウンサーはパニックにならずに落ち着いて視聴者に詳しい情報を伝えることが求められます。パニックでしどろもどろになってしまうと、視聴者に不安感を与えてしまう可能性が高いです。そのため、いつ何があっても冷静に判断できる方がアナウンサーに向いているといえるでしょう。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

責任感のある方はアナウンサーに向いていると言えるでしょう。どのような種類の仕事でも責任感を持って取り組むことは大事ですが、とりわけアナウンサーは高いプロ意識が求められます。というのも、メディアを通して間違った情報を伝えてしまうと、多数の人の生活に悪影響を与えかねないからです。誤情報によって人を傷つけてしまう恐れもあるので、プロとしての責任を持って仕事に臨む必要があります。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アナウンサーとして働く場合、体力があることが求められます。人気のアナウンサーになるほど、早朝から深夜まで働くことが当たり前になっていきます。また、急な取材に対応したり、緊急時には突然呼び出されたりということも少なくありません。アナウンサーは不規則な生活になることが多く、普通の会社員のように8時から17時までというように勤務時間が定まっていません。そのため、アナウンサーとして元気に働くためには体力があることが不可欠な要素と言えるでしょう。

『 プレッシャーに強い 』

だいぶ兼ね備えている

アナウンサーとして働きたい場合、プレッシャーに強いことも求められます。アナウンサーという仕事は、常に不特定多数の方に見られています。とりわけ生放送のニュース番組を進行する際は緊張が伴うものですが、そのプレッシャーに臆せずに冷静に仕事をしなければいけません。常にプレッシャーを感じる職業なので、性格的に強気な方が適していると言えます。

『 常に明るい性格 』

十分に兼ね備えている

アナウンサーというと、お茶の間に愛される職業といっても過言ではありません。そのため、いつも明るくてポジティブな性格の方が適していると言えるでしょう。もしもテレビに映るアナウンサーが常に暗い表情をしていたら、視聴者は不信感を持ってしまうものです。その逆に、いつも元気でニコニコしているアナウンサーならば、視聴者は元気をもらえる上に安心して番組を楽しめます。

スポンサーリンク

『 ルックスに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

ルックスが良い方もアナウンサーに適していると言えます。そもそもアナウンサーというのは、テレビなどのメディアに露出する仕事です。多数の人の前で仕事をするので、ルックスも大切な要素といえます。とりわけ清潔感があって誰からも好感を持たれるようなルックスが求められます。

『 滑舌が良い 』

そこそこ兼ね備えている

滑舌が良いこともアナウンサーとして働く上で大切な要素と言えるでしょう。アナウンサーはニュースを読むことが多く、視聴者に分かりやすく明瞭に情報を伝える必要があるからです。その逆に、滑舌が悪かったり、訛りがあったりすると、視聴者にニュースを正しく伝えられない可能性があります。滑舌の悪さはアナウンサーとして致命的な欠陥となるので、アナウンサーを志している方は滑舌を良くするためのトレーニングを地道に行うことが大事です。

『 一般常識が身に着いている 』

だいぶ兼ね備えている

漢字の正しい読み方や一般常識を身に着けていることもアナウンサーとしては大切なことです。アナウンサーは、ニュース番組で与えられた原稿を読む機会が多いです。その際、漢字を正しく読めないと、恥をかいてしまう上にアナウンサーとして信頼されなくなってしまいます。また、現在や過去の総理大臣の名前などの一般常識もニュース番組を進行する上で不可欠なものです。したがって、アナウンサーを目指したいなら、社会的な常識、漢字の正しい読み方を身に着けることが大事です。

『 親しみやすい人柄 』

そこそこ兼ね備えている

アナウンサーとして働くには、親しみやすさも大切な要素と言えるでしょう。親しみやすいアナウンサーは、視聴者の共感や人気を得やすいからです。とりわけバラエティー番組で、知性や教養だけではなく親しみやすい性格のアナウンサーが求められるようになっています。

『 負けず嫌い 』

あまり兼ね備えていない

アナウンサーに求められる適性というと、負けず嫌いなことも挙げられます。アナウンサーになりたての頃は、生放送の番組で言葉がスムーズに出なかったり、噛んでしまったりという失敗をよくしてしまいがちです。失敗する度に落ち込んでいると、アナウンサーとして上達していきません。その逆に、負けず嫌いの方は失敗を次の仕事に生かそうとするので、アナウンサーとして前進できると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアナウンサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る