理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

アニメーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アニメーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアニメーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

アニメーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのアニメーター適性診断結果

あなたの適性度は65%で、アニメーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。アニメーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アニメーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.アニメが好き
2.理解力がある
3.デッサン力がある
4.根気がある
5.コミュニケーションスキルがある
6.向上心がある
7.孤独に強い
8.責任感がある
9.人の意見が聞ける
10.物事を客観的に見られる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
アニメーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 アニメが好き 』

兼ね備えていない

アニメが好きな人は、アニメーターに向いていると言えます。アニメーターの仕事というのは、すぐに軌道に乗るわけではありません。新人の頃は、想像以上に苦労する事もあります。時には、うまくいかない現実に挫折してしまう可能性もあります。アニメが好きという情熱があれば、苦労や労力を前向きに考える事ができます。逆に、アニメが好きでなかったらストレスを抱えてしまう事も考えられます。

『 理解力がある 』

だいぶ兼ね備えている

アニメーターは、ただ絵を描けばいいというものではありません。キャラクターの表情や仕草などを決めるのは、監督や演出家です。アニメーターの仕事をする上で大切なのは、監督や演出家が何を表現しようとしているのかを正しく理解する事です。正しく理解できなければ、キャラクターを生き生きと動かす事はできません。また、原作がある作品の場合はその世界観を理解する事も大切です。原作とあまりにもかけ離れたキャラクターを描いてしまうと、作品そのものの質を下げてしまいます。

『 デッサン力がある 』

だいぶ兼ね備えている

デッサン力がある人は、アニメーターに向いています。アニメは、キャラクターが動いているように見せなければいけません。特に新人時代は、原画と原画の間を繋ぐ動画の仕事を任される事が多いため、正確なデッサンが求められます。もし、デッサン力がなければキャラクターは滑らかに動く事ができずに、魅力的には見えません。アニメーターを目指すなら、デッサン力を身につけておく事も大切です。

『 根気がある 』

そこそこ兼ね備えている

アニメーターは、場合によっては1枚1枚手描きで作品を完成させる必要があります。単純作業の繰り返しのため、途中で投げ出したくなる事もあります。また、途中で内容が変更されれば最初から描き直しする事も必要です。根気がなければ、作業を最後までやり遂げる事はできません。

『 コミュニケーションスキルがある 』

十分に兼ね備えている

アニメーターに向いているのは、コミュニケーションスキルがある人です。アニメーターは、1人でアニメを作っているわけではありません。他のアニメーターと協力する事も大切ですし、監督や演出家と話し合いキャラクターの細部まで完成させる必要があります。コミュニケーションスキルがあれば、自分の意見を正しく伝える事もできるので、作業の効率もアップできます。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

アニメーターに向いている人は、向上心がある人です。アニメの世界は、まさに日進月歩です。少し前に流行った技術やデザインが数年後にはダサいと言われる事もあるのです。アニメーターは、常に流行に敏感となり、新しいスキルを身につける事も大切です。向上心があるアニメーターは、画力がどんどん上達する可能性があるので、大きな作品への参加も可能になります。少しでも絵がうまくなりたいと考えている人は、アニメーターにピッタリです。

『 孤独に強い 』

そこそこ兼ね備えている

アニメーターの仕事では、1人で何時間も作業をする事があります。その間、誰とも会話しない事もあるため、強い孤独に悩まされる人もいます。なぜなら、孤独というのは強いストレスの原因になるためです。最悪の場合、精神的に追い詰められる事もあるのです。これでは、仕事にも支障が出てしまいます。アニメーターに向いているのは、日頃から孤独がストレスにならない人です。1人での作業が苦にならないため、効率も良くなります。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

アニメーターに求められるのは、高い画力だと考えている人もいるでしょう。確かに、高い画力は作品の魅力を倍増させる効果があります。ですが、画力だけでは仕事になりません。アニメーターに求められるのは、責任感です。責任感がないアニメーターは、周囲からの信頼を失う恐れがあります。特に、納期を守らなければアニメは完成しません。アニメーターは、決められた納期をしっかり守る事も大切です。もし、アニメーターが納期を守らなかった場合は、作業全体をストップさせてしまいます。

『 人の意見が聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

アニメーターは、自分が好きな絵だけを描けばいいというわけではありません。時には、苦手なジャンルを担当する事もあるのです。その時に、周囲から寄せられるアドバイスをきちんと聞けるか聞けないかで、向き不向きがわかります。周囲の意見が聞ける人は、苦手なジャンルを克服できる可能性があり、様々な絵が描けるようになります。ですが、周囲の意見が聞けない人は絵が上達する機会を逃してしまいます。アニメーターとして成長したいなら、周囲の言葉に耳を傾ける事も大切です。

『 物事を客観的に見られる 』

十分に兼ね備えている

アニメーターは、絵を描く事だけをしていればいいわけではありません。作品全体を俯瞰して見る事も大切です。作品全体のバランスを理解する事で、より魅力的な絵が描けるようになります。また、自身の絵を冷静に見る事もできるので、改善点も見つけられます。自身のスキルアップにも繋がるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアニメーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
アニメーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • アニメーターに向いているか向いていないか
  • アニメーターの職業適性度
  • アニメーターに必要な10の資質
  • 解説でアニメーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

アニメーターとは?

アニメーターは、アニメ制作の現場において原画や動画を作成する役割を担います。

アニメは日本を代表するコンテンツであり、世界中のアニメのうちの約6割が日本で制作されています。

アニメを1秒動かすためには平均して24枚の絵が必要となります。

その絵を作成するのがアニメーターの大きな仕事です。

30分であっても必要な絵の数は莫大となっており、アニメーターの重要性は極めて高いと言えるでしょう。

既に用意された作画と同じ絵を描く能力を求められます。

少しずつ動きを付けていくことで最終的には滑らかな動きを生み出すことが出来ます。

アニメーターになるには?

アニメーターになる上で必須の学歴や資格などはありません。

しかし、採用試験に合格しなければアニメーターとして働くことは出来ないので、必要な知識と技術を身に着けておくことが大切です。

デザイン系の大学、短期大学、専門学校に進学することで必須知識を学べます。

中にはアニメーターに特化した専門学校もあり、アニメ制作会社との提携も行われています。

独学で勉強をすることも出来ますが、アニメ制作の機器などを用意するのは簡単ではありません。

そのため、個人で勉強をするよりも大学や専門学校で学んだ方が効率が良いと言えるでしょう。

学校に通うだけでなく自主練習をすることも大切です。

アニメーターの給料・年収

複数の調査によるとアニメーターの平均年収は約250万円から300万円であり、仕事量が多いことを踏まえるとやや厳しい水準と言えるかもしれません。

ただし、アニメーターの待遇改善を望む声が年々高まっており、今後待遇が改善される可能性があります。

大手のアニメ制作会社に所属することが出来れば、年収は500万円ほどになっていきます。

それ以上の収入を求める場合にはアニメ制作会社を立ち上げるという方法もあります。

テレビアニメよりも映画を手がける会社の方がアニメーターの収入は高い傾向がありますが、昨今では両方を取り扱う会社が増えており各社の差は縮まっています。

アニメーターの就職・転職先(求人)

アニメーターはアニメ制作会社の映像部門に所属することになります。

最初は動画を担当し、その後は原画の担当になることが多いです。

そこで実績を積んでいくとやがて作画監督になることが出来ます。

作画監督になればオリジナルのキャラデザインが認められるようになり、待遇も大幅に向上します。

しかし、作画監督になれるのは各アニメ制作会社で10人ほどであり、限られた人しかなることが出来ません。

それどころか、就職自体も狭き門となっており、実際にはフリーのアニメーターとして活動する方も多いです。

実力さえあればフリーであっても安定して仕事をこなすことが出来ます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0