理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アニマルセラピストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アニマルセラピストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアニマルセラピストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

アニマルセラピストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのアニマルセラピスト適性診断結果

あなたの適性度は35%で、アニマルセラピストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アニマルセラピストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アニマルセラピストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく動物が好き
2.弱い立場の人を助けたい気持ちが強い
3.冷静な判断力がある
4.穏やかな性格
5.忍耐力がある
6.人と喜びを共有するのが好き
7.動物の生態に興味がある
8.人と触れ合うことが好き
9.鋭い観察力がある
10.福祉の知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく動物が好き 』

そこそこ兼ね備えている

アニマルセラピストが向いているのは、やはり動物好きの人です。アニマルセラピストは犬や猫などの動物と共に過ごす職種なので、基本的に動物好きの人でなければ継続することは不可能といえるでしょう。動物をペットとして飼っている人、もしくは飼育経験のある人はベストですが、「動物が好きだけれど飼ったことはない。」という人でも動物に愛情を持って接することができれば問題ありません。動物も人間と同じ命を持った生き物であるということを認識し、生命を尊重しながら関わりを持てる人が向いています。

『 弱い立場の人を助けたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

アニマルセラピストに向いているのは、福祉精神がある人も挙げられます。アニマルセラピーを利用するのは、主に精神的・肉体的な病に苦しんでいる人や老人福祉施設などに入居している高齢者です。アニマルセラピストは動物と身近に触れ合う機会を設け、動物と利用者がスムーズに交流できるようにサポートをします。動物と触れ合うことで、心の苦悩を癒し日々の活力を得ることが目的なので、利用者の状況や気持ちに寄り添える福祉精神がある人が向いています。

『 冷静な判断力がある 』

あまり兼ね備えていない

アニマルセラピストは冷静な判断力を持った人も向いています。動物と利用者の橋渡しをするのがアニマルセラピストの仕事ですが、人間と動物もお互いに好き嫌いや相性があります。両者を適切にマッチングさせたとしても、必ずスムーズに交流できるとは限りません。例えば、突然犬が噛みつく、猫がひっかくなどの状況が起きる可能性もあるでしょう。また実際に利用者の人が動物を目の前にした時、突然拒絶反応を示すことも考えられます。基本的に穏やかで人懐っこい性格の動物がアニマルセラピーに選ばれますが、不測の事態でも最適に対処できる冷静な判断力が必要です。

『 穏やかな性格 』

あまり兼ね備えていない

アニマルセラピストは穏やかな性格の人が向いている職種です。アニマルセラピーは利用者の精神を安定させて、楽しく前向きな気持ちを育むことを目的としています。これは利用者だけではなく動物にとっても重要です。利用者にばかり気を使い、動物に対して穏やかに接することができなければ、動物がストレスを感じてしまいかねません。動物のストレスは結果的に利用者に伝わってしまうので、セラピーの効果を得られなくなってしまいます。しかし、元々穏やかな性格であればこのような弊害が生じにくいといえるでしょう。

『 忍耐力がある 』

十分に兼ね備えている

アニマルセラピストは忍耐力が必要な職種でもあります。アニマルセラピストが接するのは、動物と精神的ストレスを抱えた人が対象です。そのため、セラピーの効果を早く得るために急いで動物と利用者の距離感を縮めようとすると、逆効果になる場合もあります。もちろんすぐに仲良くなれるケースもありますが、緊張感が解けない場合は決してあせらずに見守る忍耐力が必要です。

スポンサーリンク

『 人と喜びを共有するのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

アニマルセラピストは喜びを共有できる人が向いています。心の中に悩みや不安、寂しさなどの苦悩を抱えている人の心を癒すのがアニマルセラピストです。喜びは共に分かち合うことで何倍にも膨れる効果があるので、利用者が動物と触れ合い喜びを感じた時に喜びを共有できる性格の人が向いています。

『 動物の生態に興味がある 』

兼ね備えていない

アニマルセラピストは動物の生態に興味がある人も向いています。動物は人間の様に痛みや苦しみを言葉で表現できないので、ケガや体調不良が生じていても気付きにくいです。しかし、獣医学などの知識に興味を持っていれば、動物の病状やケガを早期発見できます。大切な動物の命を守るパートナーとして、事前に動物の生態に興味を持っている人が向いているといえるでしょう。

『 人と触れ合うことが好き 』

兼ね備えていない

アニマルセラピストは人と触れ合うことが好きな人も向いています。動物はもちろんですが、アニマルセラピーは心に苦しみを抱えた人が利用するサービスです。そのため動物が大好きであっても、人と触れ合うことが苦手な人には不向きであるといえるでしょう。人と触れ合うことが好きな人であれば動物と利用者の間をスムーズに取り持つことにも役立ちます。色々な人との触れ合いが好きで利用者の心を癒せる人が適した職種です。

『 鋭い観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アニマルセラピストに向いているのは観察力が鋭い人です。アニマルセラピストは利用者と動物の相性を適切に見極め、正しくマッチングすることが求められます。動物は常日頃から接しているので性格を把握できますが、利用者は当日に初めて会うケースがほとんどなので、その場でタイプや性格を見極めなくてはいけません。ちょっとした言葉遣いや表情、仕草などを鋭く観察し、最も適した動物とマッチングできる観察力が必要な職種です。

『 福祉の知識がある 』

兼ね備えていない

アニマルセラピストは福祉の知識が求められます。医療機関や福祉施設を通じてアニマルセラピーとして活動するために、利用者は福祉のサポートが必要な人がほとんどです。福祉のサポートを受けている人に関する理解や知識がなければ、利用者に対して間違った言動や対応をしてしまう可能性があります。事前に社会福祉に関する知識を持っておけばトラブルを回避できるだけではなく、より良いサービスの提供にもつながります。そのため、福祉に関する知識や興味を持っている人が適しているといえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアニマルセラピスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • アニマルセラピストに向いているか向いていないか
  • アニマルセラピストの職業適性度
  • アニマルセラピストに必要な10の資質
  • 解説でアニマルセラピストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る