理想の就活/転職のための
自己分析サイト

動物看護士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今動物看護士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい動物看護士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの動物看護士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、動物看護士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。動物看護士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

動物看護士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく動物が好き
2.動物の苦しみや死に冷静に向き合える
3.コミュニケーション能力がある
4.勉強熱心
5.体力に自信がある
6.医療行為を見ても取り乱さない
7.観察力がある
8.素直な性格
9.急な状況の変化に強い
10.事務作業が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく動物が好き 』

あまり兼ね備えていない

動物看護士にまず求められるのは、なんといっても動物が好きなことです。動物と触れ合うことが好きだとか、見ているだけでも気持ちが落ち着くなどという人は、向いています。ただ楽しむだけではなく、冷静に体調や変化を見極めて対処する必要がありますが、まずは動物のことが好きでないと務まりません。愛情を持って動物と接することができれば、辛い時でも乗り越えることができます。

『 動物の苦しみや死に冷静に向き合える 』

あまり兼ね備えていない

動物看護士は、動物が苦しんでいる姿にもたくさん触れる仕事です。具合が悪かったり、死んでしまう姿も見なければいけません。思いやりや愛情を持って動物と接することが大事ですが、苦しみや死に対しても冷静に対処できなければダメです。命の重みを理解した上で、常に平常心を持って仕事をしなければいけないのが動物看護士です。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

どんな状態にあるのかを読み取ることはできても、直接動物に話を聞くことはできません。普段一緒に暮らしている飼い主とのコミュニケーションは、とても重要です。たくさんの情報を聞き出して整理をすることや話しやすい環境を整えることなど、動物看護士には高いコミュニケーション能力が求められます。人と話をすることが好きだったり、親身になって動物の体調などを飼い主から聞き出せる人は、動物看護士に向いています。

『 勉強熱心 』

だいぶ兼ね備えている

動物の命に直接関わりを持つ仕事なので、動物看護士には日々の勉強の積み重ねが大事です。一度学んで終わりではなく、日進月歩で進んでいくケアの技術なども、習得していく姿勢が求められます。勉強するのが好きな人は、動物看護士に向いていると言えます。逆に勉強をするのが苦手な人や、コツコツ学びを積み上げることができない人は、向いていません。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

毎日のように動物の相手をすることは、かなりの体力を使います。動物看護士は立ち仕事も多く、体力勝負になる現場も多いです。体力に自信がない人は日々の業務に疲れてしまい、長続きしないこともあります。動物が苦しむ姿や弱っていく姿を見るのは、辛いことです。精神的にもタフでないとやっていけません。心身ともに元気で健康な人が、動物看護士に向いています。

スポンサーリンク

『 医療行為を見ても取り乱さない 』

そこそこ兼ね備えている

動物病院などで働くときには、動物の治療に立ち会うこともしばしばです。治療行為や手術などを見るのが苦手な人がいますが、動物看護士になると、そんなシーンを頻繁に見ることになります。辛そうな動物の姿を見ても、冷静に・平気でいられる人が向いています。もちろん仕事を進めていきながら、医療行為を見ることに慣れていくのは可能です。ただ、最初から医療行為などを見ても平気なことに越したことはありません。動物が注射を打たれる姿を見ても、動じないメンタルが求められます。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

動物のわずかな変化を見逃さないために、観察力は大切です。健康管理やケア対応を行うのに、違和感を見逃さない目は、とても役に立ちます。日常と違う変化に敏感な人が、動物看護士に向いています。人間観察が好きな人は、そういった細かい変化に気づきやすいです。動物に対しても同じことが言えるので、観察力を持っている人は動物看護士にぴったりです。

『 素直な性格 』

だいぶ兼ね備えている

動物看護士の仕事には、獣医師とのコンビネーションが欠かせません。基本的には獣医師の指示に従って動物のケアを行っていくので、素直に聞く心がないとダメです。自己流でアイデアを考えるよりも、まずは素直に行動できる人が向いています。動物は目の前にいる人間を、よく見ています。素直な気持ちを持って動物と接することも、動物看護士としてやっていくためには大切な資質です。ケアをする動物からも信頼されるように、素直な気持ちで接することが大事です。

『 急な状況の変化に強い 』

そこそこ兼ね備えている

動物看護士になるためには、状況の変化に柔軟に対応する能力が求められます。急な変化に対して、いちいちストレスを感じているようではいけません。動物の体調は刻々と変化をしますし、急に悪くなることだってあります。どっしりと構えて、臨機応変に対応をしないと動物の命を守ることができません。動物病院で働く時も、毎日変化に対応する必要があります。急な状況の変化に強い人が、向いています。

『 事務作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

動物看護士と聞くと、動物を目の前にして触れ合う姿を想像しがちです。しかし、この仕事は事務作業も少なくはありません。動物の健康管理やケアをきちんと行うのはもちろん重要です。しかし、その後の書類整理やカルテの作成も大切な仕事です。事務作業が得意な人は素早く、的確に処理を行うことができます。事務の経験等があって、事務作業に抵抗がない人は動物看護士に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの動物看護士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る