理想の就活/転職のための
自己分析サイト

麻酔科医適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今麻酔科医の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい麻酔科医に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの麻酔科医適性診断結果

あなたの適性度は56%で、麻酔科医の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。麻酔科医を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

麻酔科医に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.冷静さを保てる
2.判断が素早い
3.臨機応変な対応ができる
4.プロ意識が高い
5.体力と集中力がある
6.縁の下の力持ち気質
7.人に安心感を与えたい
8.データ解析が得意
9.コミュニケーション能力が高い
10.責任感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 冷静さを保てる 』

あまり兼ね備えていない

麻酔科医は冷静な人が向いています。麻酔科医にとって最も大きな仕事は手術をするときに適切なレベルの麻酔を施すことです。術前に患者と話をしたり、検査をして状態を確認したりしますが、想定外のことは手術中に起こることはあります。何が起こったとしても冷静さを保ち、手術を続けられるように麻酔をコントロールできることが麻酔科医にとって重要です。

『 判断が素早い 』

あまり兼ね備えていない

麻酔科医は判断力があって素早い対応ができる人が活躍できる職種です。麻酔をしたときに想定していたような意識レベルから突然上がったり下がったりすることは珍しくありません。意識レベルが上がったら麻酔を追加するといった対応が必要になります。様子を見るべきか、即座に対応すべきかをさまざまな情報から考えて素早く判断できることで手術を成功につなげることができます。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

麻酔科医には臨機応変さが求められるため、さまざまな局面でアイデアを出して対応できる能力が長けている人に適性があります。基本的には麻酔方法について、トラブルも含めてマニュアルやガイドラインが作成されています。しかし、マニュアルやガイドラインにない状況になることも少なくありません。その都度、麻酔の仕方を考えてベストな対応をすることが必要なので、臨機応変さは麻酔科医にとって欠かせません。

『 プロ意識が高い 』

だいぶ兼ね備えている

麻酔科医はひたむきにベストを求めようという気概がある人に向いています。麻酔医は執刀医からクレームを付けられることもあります。文句を言われないようにベストを尽くしたと自他ともに納得できる麻酔をしようという心意気を持つことが大切です。ただ気持ちを持つだけでなく、勉強をしてより良い方法を探したり、学会に参加して新しい知見を得たりする向学心もあることが重要になります。

『 体力と集中力がある 』

十分に兼ね備えている

麻酔科医は体力と集中力がある人が活躍できる職種です。手術は数十分で終わることもありますが、丸一日くらいかかることもあります。麻酔科医は執刀医が現場に入るよりも前から麻酔をかけ始め、手術が終わってから患者の意識が戻るまで対応することが必要です。他の診療科の医者よりも体力的に負担が大きいことは否めません。手術中はずっとモニタリングをすることが求められるため、集中力を維持できることも重要です。

スポンサーリンク

『 縁の下の力持ち気質 』

そこそこ兼ね備えている

麻酔科医は花舞台に立ちたい人よりも縁の下の力持ちになりたい人に向いています。手術をして成功すると執刀医は患者や家族から感謝されますが、麻酔科医は話題に上ることはほとんどありません。手術の裏方としての役割を淡々とこなしていくことが求められます。たとえ感謝されなかったとしても、手術の成功に欠かせない役割を果たしていることを自負して医療を支えていける人が麻酔科医に適しています。

『 人に安心感を与えたい 』

そこそこ兼ね備えている

麻酔科医は手術が終わった後で回診に行くのが一般的です。手術が終わって安心している患者の顔を見るのが好きな人にとって麻酔科医は魅力的な仕事でしょう。術後の患者の容態は麻酔によって大きく変わります。術後の痛みなどもほとんどなく、手術をしていたときにつらかったという印象もなかったという話を聞くと喜びになります。このような患者の表情や声をやりがいにできる人は麻酔科医としてモチベーションを上げられるでしょう。

『 データ解析が得意 』

だいぶ兼ね備えている

データ解析が得意な人は麻酔科医に向いています。どの麻酔をどの程度使うかを術前までの患者のデータから考えて計画を立てることが必要だからです。さまざまなパラメーターから総合的に判断しなければならないため、データ解析のスキルがあることが重要になります。毎回の手術でも麻酔経過を確認して、より良い方法を導き出していく前向きな姿勢があるとますます麻酔科医として活躍できます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

麻酔科医には高いレベルのコミュニケーションスキルが求められます。麻酔科医はさまざまな診療科の医師とコミュニケーションを取り、多様な疾患の患者に対応して麻酔を施す必要があるからです。医師だけでなく看護師や臨床検査技師などとのコミュニケーションも取ってベストな方法で麻酔をします。患者の気持ちも考慮して麻酔の方針を立てる必要があるため、幅広い人たちとのコミュニケーションができることが大切です。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

責任感が強い人は麻酔科医に向いています。麻酔の良し悪しによって手術の成功の可否が左右されるからです。患者の手術に対する記憶にも大きい影響があるので、強い責任感が求められます。特に麻酔科医は一人で手術対応をしなければならない場合がほとんどで、自分が責任を負うことに前向きになれる気概が必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの麻酔科医適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る