理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アナリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アナリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアナリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアナリスト適性診断結果

あなたの適性度は40%で、アナリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アナリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アナリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.情報収集力がある
2.体力がある
3.分析力がある
4.取材力に長けている
5.集中力がある
6.コミュニケーション能力が高い
7.頭の回転が速い
8.新しいもの好き
9.数字が好き
10.人と話すのが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 情報収集力がある 』

十分に兼ね備えている

情報収集力がある人は、アナリストに向いています。もともとアナリストは、膨大な情報を集めるところから仕事が始まります。それらを精査していかなければいけませんが、まずは情報ありきです。情報を集める能力がなければ、成り立ちません。いろいろなところから情報を集められる能力が、高い人がいます。友達から身内ネタを聞き出すのが上手い人などがそうです。そこから規模を大きくしたり、掘り下げていけば、アナリストの仕事に繋げられます。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

アナリストは常に、膨大な情報と向き合わなければいけません。たくさんの情報を仕入れ、それらを精査し、使える情報を抽出します。さらにそれらをまとめて、顧客に案内する等の労力は相当なものです。体力がなければ、やっていけません。体育会系でならした人やバイトに日夜明け暮れた経験がある人は、意外とアナリストに向いています。

『 分析力がある 』

あまり兼ね備えていない

情報収集力と共にアナリストに必要なのが、分析力です。どれだけ良い情報が集まっていても、それらを分析して紐解く力がなければ、使える情報にはなりません。分析力に長けている人は、アナリストの資質があります。情報を整理して、頭の中で並べ替えたり取捨選択することが得意な人がいます。こんな人は、アナリスト向きです。実際には頭の中だけではなくパソコンを利用したりしますが、基本的にやることは一緒です。

『 取材力に長けている 』

兼ね備えていない

いくら欲しがっても、情報は向こうから勝手にやって来てはくれません。自ら進んで、能動的に情報を取りに行く必要があります。実際に人に会って情報を仕入れることもあるので、取材力はアナリストにとってとても重要な要素です。人と会って話をするときに、聞き出すのが上手な人がいます。そんな人はアナリストに向いています。自分のことばかりを一方通行に話すのではなく、相手がうまくしゃべれるように仕向ける能力は、アナリスト向きです。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

アナリストは、情報と向き合い、長時間パソコンの画面とにらめっこをすることが多いです。集中力がなければやっていけません。途中で投げ出さずに、一気に分析をしないといけないケースもたくさんあるので、そんなときには集中力がものを言います。あることに集中しているうちに、何時間も経ってしまっていた、という経験が多い人は、アナリストに向いています。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

取材をする時も、情報を欲している人に自らの分析内容を説明する時も、必要なのはコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力が高い人は、アナリストに向いています。アナリストは仕入れた情報を分析して、ただ伝えれば良いというものではありません。相手が何を欲しがっているのかを見極める必要がありますし、途中で軌道修正をする能力も求められます。コミュニケーションがうまくいっていなければ、相手の要望がわかりません。

『 頭の回転が速い 』

そこそこ兼ね備えている

頭の回転が速い人は、アナリスト向きです。アナリストはいろいろなシーンで頭の回転の速さが求められます。情報を収集した後、分析するスピードも大切です。分析した情報を再構築して顧客に提供できるように噛み砕く時も、頭の回転の速さが求められます。同じ情報を与えられたときに周りの人よりも早く答えを出せたり、質問ができる人は、アナリストに向いています。

『 新しいもの好き 』

そこそこ兼ね備えている

優れたアナリストは、新しいものに目がないという特徴を持つ人が多いです。常に新しいことにアンテナを張っていて、ギラギラとした目で情報を見逃しません。常に新しい情報が溢れてくる現代社会では、情報をアップデートしていく能力が欠かせません。同じ分析がいつまでも通用するほど、甘くはないです。新しいネタを常に仕入れながら、情報を自ら更新していくには、新しい物好きの性格が役に立ちます。

『 数字が好き 』

十分に兼ね備えている

アナリストは、数字に強ければ強いほど良いです。分析する情報は数字だけではありませんが、数値化した方が相手に伝わりやすいことがあります。頭の中で素早く計算ができた方が、情報は精査しやすいです。経理の仕事を経験していたり、バイトで計算をよくしていたような人は、アナリストに向いています。数字に強いという自信も、役に立ちます。

『 人と話すのが好き 』

十分に兼ね備えている

アナリストは分析の人と思われがちですが、分析した情報を正しく伝えるのが仕事です。人と話をするのが好きな人は、アナリストの資質があります。自分が与えたデータによって、誰かの人生が豊かになったり、幸せになったりするのは気持ちの良いことです。前向きな話をするのが好きな人も、アナリストに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアナリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る