理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

AIエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今AIエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいAIエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

AIエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのAIエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は47%で、AIエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。AIエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

AIエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.論理的に考えるのが得意
2.理数系科目が得意
3.機械学習に関する知識がある
4.プログラミングスキルがある
5.企画提案力が優れている
6.最先端の技術に興味がある
7.データベースの運用ができる
8.問題解決能力がある
9.社会問題に興味がある
10.地道な作業が苦にならない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
AIエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 論理的に考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

データの解析をしたり、アルゴリズムを用いたりして筋道を立てて考えなければなりません。そのため、AIエンジニアは発想力や直感力ではなく、論理的に考えられる人に向いている仕事です。また、クライアントに説明する場合においても、論理建ててわかりやすく解説する必要があります。AIエンジニアとして活躍するには、普段から論理立てて考える癖をつけておくことが大事です。

『 理数系科目が得意 』

だいぶ兼ね備えている

AIエンジニアの仕事では、微分積分や線形代数などの数学の知識が必要になります。その他にも確率論の知識も必要になるため、数学が得意な人に向いています。AIの仕組みを理解するためにも、理数系の頭脳を持っている事が大切です。数学の知識を使って行わねばならないことがたくさんあるため、苦手な人はストレスに感じてしまうでしょう。数学を学ぶことができても素養がないと身に付かないため、理数系が得意な人に適性がある仕事といえます。

『 機械学習に関する知識がある 』

あまり兼ね備えていない

AIエンジニアは機械を育てることが仕事であるため、機械学習の知識も必要になります。人間の行動パターンを機械に学習させるなどして、AIの能力を高めるというものです。機械学習の知識があるからといって、AIが理想的な形に育つわけではありませんが、機械学習の知識がないと始まりません。基本的な知識は身に付けておきましょう。

『 プログラミングスキルがある 』

あまり兼ね備えていない

プログラミングスキルがあることも、AIエンジニアに求められるスキルとなります。AIエンジニアのプログラミング言語として最も凡庸性があるのは、Pythonです。その他にも、C言語やR言語などが使用されることが多いため、習得しておく方が良いでしょう。また、AIエンジニアはプログラミングが作業のメインとなるため、プログラミングへの適性があることも必要です。適性がないと、他のAIエンジニアと技術の格差が生じたり、効率的に作業が行えずモチベーションが低下することがあります。

『 企画提案力が優れている 』

そこそこ兼ね備えている

AIエンジニアはビジネスの課題を見つけ出し、それを解決するためにどのようなAIを開発するべきか提案しなければなりません。そのため、AIエンジニアには提案力も必要になります。データをもとに客観的に判断し、効果的な解決策を見つけ出すことが命題になります。また、AIの知識を持たない人にもわかりやすく伝えなければならないため、プレゼンテーション能力も必要になります。提案力とプレゼン能力を身に付けている人は、AIエンジニアとしての活躍の場が広がるでしょう。

スポンサーリンク

『 最先端の技術に興味がある 』

十分に兼ね備えている

AI分野はまだまだ発展途上であり、新しい技術が次々にリリースされています。移り変わりが早いAI業界についていくためにも、新しい技術に興味を持ち情報をアップデートしていく必要があります。AI関連のコミュニティーサイトをチェックするなどして、新しい技術をどんどん試していく積極性が求められます。そのため、AIに興味がない人は他のエンジニアから遅れをとり活躍の場が狭まるでしょう。

『 データベースの運用ができる 』

そこそこ兼ね備えている

AIエンジニアは膨大な量のデータを扱うため、データベースの運用の知識も必要になります。収集したデータを効率的に処理できなければ、AIの開発の効率性にも影響を与えてしまいます。MySQLやNoSQLなどの基本的なデータベースの知識は身に付けておきましょう。

『 問題解決能力がある 』

兼ね備えていない

AIエンジニアの人材が不足しているため、わからないことがあっても周りに相談できないことがあります。そのため、AIエンジニアは基本的に問題は自分で解決するものだという心構えが必要です。また、新しい技術を取り入れるとエラーが生じることが恒常化しているため、常に課題や問題を抱えています。そのため、AIエンジニアには問題解決能力が必要になります。

『 社会問題に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

AI開発の根本にあるのは、人手不足の解消やエネルギーの安定供給などの社会問題です。これらの問題を解決し、人々の暮らしを豊かにするためにAIが開発されています。そのため、AIエンジニアは社会問題に興味がある人に向いている仕事です。社会問題に興味がある人の方が、いろいろな側面からAIの活用方法を考案し、新たな可能性を見つけることが期待できます。

『 地道な作業が苦にならない 』

十分に兼ね備えている

AIエンジニアの仕事は、プログラミングをしたりデータを収集したりなど、地道な作業になります。また、エラーが発生した時は、解決策を見いだすために何度もチャレンジしなければなりません。そのため、地道な作業をコツコツ行える人に向いている仕事です。基本的に1人で黙々と作業を行うため、人とコミュニケーションをとる機会もあまりありません。チームワークで仕事するよりも、個人作業が好きな人に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのAIエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
AIエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • AIエンジニアに向いているか向いていないか
  • AIエンジニアの職業適性度
  • AIエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でAIエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

AIエンジニアとは?

AIエンジニアとはAIの技術を活用してシステムやアプリケーションの考案や設計、開発や運用などを担うエンジニア職の一つです。

AIエンジニアはAI活用がビジネスでも活発におこなわれるようになってから、さまざまな業務課題の解決の担い手として活躍しています。

ディープラーニングなどのAI特有の技術を使用して課題解決になるシステムを考案するのがAIエンジニアの重要な役割です。

現場によってはクライアントへの営業活動をしたり、システムの納品対応をしたりする場合もあります。

基本的にはAIを活かすシステム開発が中心の仕事になっています。

AIエンジニアになるには?

AIエンジニアになるにはAIについての知識とスキルを習得することが必要です。

AIエンジニアにはE資格などの民間資格がありますが、仕事をするために資格を取得する必要はありません。

一般的にはAIについて学べる大学や専門学校を卒業して就職したり、AIセミナーを受講して就職先や転職先を探したりしてAIエンジニアになっています。

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなどとして働いてきたエンジニアがAIを独学してAIエンジニアになっているケースもあります。

PythonなどのAIでよく用いられるプログラミング言語を学べば誰でもAIエンジニアになれる可能性があるでしょう。

AIエンジニアの給料・年収

AIエンジニアの平均年収はエンジニア系の転職サイトなどの情報から判断すると600万円~650万円です。

ビジネス活用でも注目されているAIの技術を持っているため、AIエンジニアは年収が高い水準になっています。

スキルや経験によって年収には違いがありますが、全体的に年収は増加する傾向があるのも特徴です。

実績を上げて転職することにより、より高度なAI技術を駆使して働けるようになると年収が飛躍的に上がることもあります。

AIエンジニアの中には副業でAIプログラミングやコンサルティングなどをおこない、年収を上げている人もいます。

AIエンジニアの就職・転職先(求人)

AIエンジニアの就職・転職先として多いのはAIを活用してシステムやアプリケーションの開発をしている専門会社です。

特にベンチャー企業が多いのが特徴で、一人で開発の最初から最後までやり通すこともよくあります。

また、一般的なシステム会社やWebマーケティング会社などでもAIエンジニアの採用が増えてきました。

ロボットや自動車などの機械を製造している会社でも、AIを搭載した機械の開発をする目的でAIエンジニアを起用しています。

さらに、自社の業務システムにAIを導入したいという観点で一般企業への就職口もできてきているのが現状です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0