理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

冒険家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今冒険家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい冒険家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

冒険家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの冒険家適性診断結果

あなたの適性度は53%で、冒険家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。冒険家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

冒険家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.語学に堪能
2.未知の物事への好奇心が強い
3.冷静に物事を観察できる
4.計画性のある行動ができる
5.危険な時は引き返す判断ができる
6.話で人を楽しませられる
7.コミュニケーション能力が高い
8.体調管理が得意
9.先入観や偏見を持たない
10.資金集めに動くのが苦でない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
冒険家適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 語学に堪能 』

だいぶ兼ね備えている

冒険家は仕事の性質上、様々な国や地域を訪れることになります。その際、地元の人と交流する機会も少なくありません。冒険家は入念な情報収集が必須であることから、その地域の人々とは積極的にコミュニケーションを取る必要があります。友好的な関係を構築するには相手が何を話しているかを即座に理解しなければいけません。そのためにも、冒険家は語学に堪能であることが重要といえるでしょう。最低でもその地域の現地語と公用語で日常会話ができる程度の語学力は必須と言えます。

『 未知の物事への好奇心が強い 』

十分に兼ね備えている

冒険家は名前の通り、冒険を生業とする人です。ひと口に冒険と言ってもその内容は様々ですが、いずれの場合も冒険家には強い好奇心が求められます。未知の事柄に対しても不安や恐れよりも、なぜそうなっているのか、どのようなことが起きているのかなど好奇心が勝っていることが重要と言っても過言ではありません。

『 冷静に物事を観察できる 』

あまり兼ね備えていない

未知の事柄に遭遇すると高揚して冷静さを失ってしまうことは珍しくありません。また、不測の事態に陥った際、慌ててしまうのもよくある話です。しかし、冒険家の場合はいつ、どのような時でも冷静であることが重要になります。高揚して気持ちが浮つく、急なトラブルで混乱するなど、冷静さを欠いてしまうと命の危機に至ってしまう可能性があるためです。常に冷静沈着であり、落ち着いて考える余裕を持つことが一流の冒険家になる条件と言えるでしょう。

『 計画性のある行動ができる 』

あまり兼ね備えていない

優れた冒険家のほとんどは何事に対しても入念な計画を立てる共通点があります。冒険には常に危険が付きまとうと言っても過言ではありません。そのような状況で行き当たりばったりな行動を取るのは非常に危険であり、命を落とす可能性すらあります。自分の命を第一に考えて行動することこそ優れた冒険家の証であり、どんなに些細な事柄でも思い付きで動くことはありません。過剰とも思えるほどの計画を立てて初めて、冒険ができると言えます。

『 危険な時は引き返す判断ができる 』

そこそこ兼ね備えている

少し無理をしてでも先へ進みたい、危険なことはわかるが強引に行けば到達できるなど、このようなことを考える人ほど冒険家には不向きと言えます。一流の冒険家は例え目前に目指すものがあったとしても、これ以上進むのは危険であるとわかった場合、無理に進まず引き返します。命を危険に晒すような行動は決して選ばないからこそ、冒険家として長く活動できるのです。今このときだけにこだわらず、長期的な視野を持ってこそ質の高い冒険ができます。

スポンサーリンク

『 話で人を楽しませられる 』

そこそこ兼ね備えている

冒険家は単に冒険を行うだけではなく、自分がどのような冒険を行ったかを世間に伝えるのも仕事の一部です。自分が見聞きしたことを正確に伝えるのは当然ですが、ありのままを淡々と並べるだけでは世の人々は関心を持ってくれません。事実を伝えるにしても、表現方法の違いで聞く側の捉え方が大きく異なるのは紛れもない事実です。嘘や誇張はいけませんが、聞く側が面白く感じるように話し方を工夫する必要があります。関心を抱かれるような表現力に富んだ話し方が重要です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

優れた冒険家は冒険の間に限らず、どのような時でも様々な人と気さくに接する傾向があります。また、人が集う場において、自分がどのように振る舞うべきかを直感的に理解するのも優れた冒険家の特性です。冒険家は大自然の厳しい環境だけではなく、治安の悪さに直面する事態に見舞われることも珍しくありません。選択肢を誤ると命の危機に見舞われることから、常に相手が何を考えているかを正しく認識する必要があります。無用なトラブルを回避するためにも、コミュニケーション能力の高さは冒険家に欠かせないスキルです。

『 体調管理が得意 』

あまり兼ね備えていない

冒険家は体が資本とも言える仕事です。冒険の最中に体の具合が悪くなるのは決してあってはならないことです。社会的な信用にも関わることなので、冒険家には己の体調管理に細心の注意を払う姿勢が求められます。

『 先入観や偏見を持たない 』

十分に兼ね備えている

冒険家は初めて訪れる地域で今まで見聞きしたことがない、奇妙な風習や文化に接することがあります。異様な感じがする風習も少なくありませんが、そのような事柄に先入観や偏見を抱かないことが冒険家の質の良し悪しを決めると言えるでしょう。どのような風習や文化も、そのような形になったのは相応の理由があり、一面だけを見て安易に判断することはできません。未知の風習や文化に敬意を抱き、公正な姿勢で接するのが冒険家の責務になります。

『 資金集めに動くのが苦でない 』

あまり兼ね備えていない

多くの冒険家はスポンサーでもある出資家の協力を得ています。外国への渡航費や滞在費、ガイドを雇うためのお金など、冒険は多大な出費が伴うのも事実です。お金について困ることがないよう、優れた冒険家は質の高いスポンサーを見つける術に長けています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの冒険家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
冒険家適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 冒険家に向いているか向いていないか
  • 冒険家の職業適性度
  • 冒険家に必要な10の資質
  • 解説で冒険家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

冒険家とは?

冒険家とは、まだ見ぬ未知の場所に足を踏み入れたり、まだ誰も行ったことのない場所を探すお仕事です。

名誉や利益をもたらすものがなくてもそこへ行こうと挑戦する人のことです。

また、事件や非常事態を目撃した人のこと指すこともあります。

ギネス世界記録に挑戦している人も冒険家です。

まだ誰もしたことのない世界に一人で飛び込み、時には危険と隣り合わせになることもあります。

強いメンタルと体力面を求められるお仕事です。

また冒険家にも種類があり、登山家、洞窟探検家、洞窟潜水探検家、海洋冒険家、極地冒険家、自転車冒険家などと呼ばれることがあります。

冒険家になるには?

冒険家は、学歴も資格もありません。

勉強ができなくても健康であれば何歳になっても冒険家として活躍することが可能です。

多くの冒険家は、危険と分かっている場所に飛び込んだり、未知なる場所を訪れたり、過酷な環境でパフォーマンスをしたりと危険が隣り合わせです。

そのために恐怖心に打ち勝てる勇気があり、冒険に耐えられる体力と精神力が必要とされます。

そして、冒険家になるためには多額の資金が必要となるため、冒険家として活動するための資金を援助してくれる企業を探したり、冒険後の成果を書籍に書いて本にしたり、公演を開いて発表することが、冒険家なることや冒険家を続けるために必要なことです。

冒険家の給料・年収

複数の調査によると、冒険家の収入は年間約250万から300万前後です。

新人の冒険家の月収は0から10万と言われていますが、年齢を重ねてある程度、経験を積んでいくことで収入は増えていき、安定した収入になります。

若い世代の年収は低めですが、長年続けている40代の冒険家になってくると400万の年収を稼ぐことも可能です。

冒険をしている最中は企業からの援助金が収入となります。

その後の収入源は、冒険後に出版する書籍や講演、テレビ出演のオファーがあれば出演料で大きく稼げます。

中には、ここに達するまでに給料がほとんど無い状態で活動している方もいます。

冒険家の就職・転職先(求人)

冒険家は、具体的な就職先がありません。

ほとんどの冒険家はフリーランスとして活動しています。

また、どのような冒険家になりたいのかによって活動の仕方も変わってきます。

まずは自分のなりたいと思う冒険家を目指し、それに類した企業と契約し、スタッフを付けてもらうという方法で冒険家のフリーランスとして活躍の場を増やして働くお仕事です。

また、そういったスポンサー企業と契約を交わさない場合、他の仕事でお金を貯めて、貯金で冒険家への道を歩んでいくしかありません。

冒険家は不安定な収入の人生を歩むことになるため、自分の人生設計が必要とされます。

それさえ出来れば、いつでも冒険家へ転職することが可能な職業です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0