理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

公務員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今公務員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい公務員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

公務員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの公務員適性診断結果

あなたの適性度は37%で、公務員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。公務員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

公務員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ワークライフバランスが大事
2.国・地域への貢献意欲が高い
3.コミュニケーション能力がある
4.性格が穏やか
5.我慢強い
6.協調性がある
7.地道にコツコツ頑張れる
8.安定志向
9.想像力が豊か
10.誰にでも優しく接せられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
公務員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ワークライフバランスが大事 』

兼ね備えていない

公務員は、勤務時間が明確に決まっている上に、残業もそこまで長時間にならない職種が多いため、仕事だけでなくプライベートも充実させたいというワークライフバランス重視派の方に適しています。ただし、公務員の中でも、霞が関で働く国家公務員の場合には、国会対応などで場合によっては休日や深夜であっても仕事をしなければならないことがありますので、私生活も大切にしたいのであればそれ以外の公務員の仕事を選んだ方がよいかもしれません。

『 国・地域への貢献意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

公務員は国民の奉仕者であると言われるように、国や地域の発展やそこで暮らす人々のために働くというのがその醍醐味です。そのため、国や地域に貢献したいと考えている方であれば、公務員はぴったりの仕事であると言えるでしょう。財政難や人口減少、気候変動など、取り組むべき課題は多種多様ですので、きっと大きなやりがいを感じられるに違いありません。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

公務員は上司や同僚だけでなく、地域の住人などともやり取りする機会が多々ありますので、コミュニケーションに長けた人に向いている仕事であると言えます。もっとも単に話し好きというだけでは十分ではなく、相手の考えをしっかり聞いて理解するとともに、自分の意見を正しく伝えられるようにならなければなりません。特に、行政の話は難しい内容のものが多いので、それらを分かりやすく説明できるだけの能力が必要になります。

『 性格が穏やか 』

あまり兼ね備えていない

公務員は多くの場合、2年から3年程度で異動が発生します。異動の度に仕事の内容も変わるため、その都度一から学び直さなければならないことも多々あります。その際、周りの同僚や後輩に教えを請わなければならないケースも少なくありません。プライドが高過ぎず穏やかな性格の人であれば、そのような場合でもストレスを感じずにやっていけるのではないでしょうか。

『 我慢強い 』

だいぶ兼ね備えている

公務員の中には昔気質の人がまだまだ多くいますので、自分の意見を主張しすぎると余計なハレーションを生んでしまうおそれがあります。そういった事態を招かないためにも、時には思ったことをぐっとこらえて口にしないで我慢できるような人の方が適性があると言えるでしょう。あまり自己主張をし過ぎると上司から目を付けられて評価が低くなってしまうようなケースもあり得ますので、キャリアアップをしていくためにも我慢強さは重要となります。

スポンサーリンク

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

公務員は一人だけで仕事をするケースはあまりなく、大抵の場合は周りの同僚や外部の人たちと一緒に業務に取り組まなければなりません。そのため、協調性があるというのが公務員としてやっていく上での重要な素養となります。また、決まったルールに基づいて仕事をしなければならないケースも多いので、そういった場合にも協調性があるというのは大きな強みになるでしょう。

『 地道にコツコツ頑張れる 』

兼ね備えていない

公務員の仕事の中には、地味な事務作業や決まったマニュアルの通りにこなさなければならない作業といったルーティンワークが数多くあります。そのため、そういった作業でも地道にこつこつ頑張ってこなせる人でなければ、公務員として長く働くというのは難しいかもしれません。逆に、そういった素養を持っている方であれば、公務員は天職になるでしょう。

『 安定志向 』

兼ね備えていない

公務員の給与は安定しており、景気の良し悪しによって大幅に増えるケースはあまりありませんが、逆に大きく減ってしまうこともありません。給与の大幅な変動がない上に、長期間にあたって真面目に働けば働くほど給与も増えていくようになっていますので、安定した給料を求めている人におすすめの職種となっています。

『 想像力が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

公務員は、常に国や自治体の将来がどのようになっていくかという点を念頭に置いて仕事に取り組まなければなりません。そのため、仕事をする上では国や自治体の将来の姿を具体的にイメージできるだけの豊かな想像力が必要になってきます。もっとも、いくら想像力が重要であるからといっても、根拠もなく突拍子もない想像をもとに仕事をしていいわけではありません。将来像を思い描く上では、しっかりとした根拠も求められますので、そのための情報収集能力なども必要になるでしょう。

『 誰にでも優しく接せられる 』

あまり兼ね備えていない

公務員として働く上では、いかにして社会的弱者を救うかといった観点が必要不可欠です。そのため、そういった人々を思いやれる優しい心の持ち主が公務員には向いていると言えるでしょう。もちろん、優しさだけでなく、弱者を救うために具体的な行動を起こせるだけの実行力も大切であるというのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの公務員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
公務員適性診断を受ける(2分)

\公務員のなり方を詳しく解説/

公務員のなり方

この適正診断テストでわかること

  • 公務員に向いているか向いていないか
  • 公務員の職業適性度
  • 公務員に必要な10の資質
  • 解説で公務員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

公務員とは?

公務員は地方自治体や地方公共団体に所属して行政サービスに従事したり地域の人々が健やかに暮らせるようにサポートする仕事です。

各省庁の職員や役所の職員だけではなく、裁判官、自衛官、消防士、警察官、教員なども公務員に含まれます。

住民から寄せられる要望や苦情に耳を傾け、行政に求められるものを見極めてその地域の人々にとって良い生活環境を作っていくのが主な仕事内容です。

公務員には一般職と特別職があり、特別職は知事や副知事などです。

一般職員は戸籍や住民票の管理をしたり、選挙の運営をしたり、税金の徴収、建築の許可、生活保護の対応なども担います。

観光政策や都市計画などにも携わることもあり、様々な知識や地域の情報を頭に入れておく必要があります。

公務員になるには?

公務員になるためには、公務員採用試験に合格しなければなりません。

試験内容や受験資格は地域によって異なり、大卒程度の知識が問われる上級、短大卒程度の知識が問われる中級、高卒程度の知識が問われる初級と分かれています。

東京都は1類、2類、3類とわけて実施しており、中には東京都と同じような分け方をしている地方自治体も存在します。

試験区分は行政、土木、電気、水産、建築、福祉などに分かれていることが多く、自分の出身の学部に合わせた区分の試験を受けるのがおすすめです。

なお特別職である裁判官や検察官は司法試験の合格が必須となります。

公務員試験は1次試験で筆記試験、2次試験以降で面接が行われるのが一般的です。

1次試験は教養試験や論文試験が実施されることが多く、2次試験では個別面接にプラスして集団面接が行われるところもあります。

公務員の給料・年収

複数の調査をしたところ、公務員の平均年収は600万円から800万円程であることがわかりました。

初年度の年収は大卒の新規採用の場合300万円程度であるようです。

年収は年齢が上がるにつれ少しずつ高くなっていく傾向にあります。

高卒の場合初年度の年収は200万円から220万円程であることが多いです。

これに加えて夏と冬にボーナスがもらえる職種も存在します。

国家公務員の場合は俸給に地域手当や広域異動手当、俸給の特別調整額、本府省業務調整手当などの手当も含まれています。

国家公務員である事務次官、官僚の年収は2000万円から2300万円程であることが多く、稼ぎたいならこの職業になることを目指すと良いでしょう。

公務員の就職・転職先(求人)

公務員の就職先は省庁や地方自治体の役所のほか、警察、消防署、図書館、学校、自衛隊など様々です。

自分のなりたい職業を絞ってから就職先を探すといいでしょう。

公務員の転職先で向いているのはコンサル業、塾や予備校の講師、税理士、社会保険労務士、行政書士などです。

コンサル業は官僚などの国家公務員の人が転職するのに向いています。

教師をしていた人は塾や予備校の講師もできますし、税務署で職員をしていた人は税理士に、労働基準監督署で職員をしていた人は社会保険労務士、法務局で職員をしていた人は行政書士に転職するのがおすすめです。

公務員は就職先で様々な業務に従事するため、転職先でもその経験を活かして活躍しやすいです。

転職する時は自分がこれまでやってきた業務の知識を発揮できる職場を探しましょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0