理想の就活/転職のための
自己分析サイト

鍼灸師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今鍼灸師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい鍼灸師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの鍼灸師適性診断結果

あなたの適性度は66%で、鍼灸師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。鍼灸師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

鍼灸師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーションスキルが高い
2.几帳面な性格
3.清潔でキレイ好き
4.観察力がある
5.勉強熱心で努力家
6.人の身体に興味がある
7.時代のニーズに敏感
8.自分らしさを追求できる
9.経営に興味がある
10.自分の体のケアができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーションスキルが高い 』

そこそこ兼ね備えている

鍼灸師に求められることの一つがコミュニケーションスキルです。鍼灸師の技術に自信があり、黙々と施術をする人もいるでしょう。しかし、施術を受ける人は、どのような施術をしてもらい、どのような結果が期待できるのか、という点を知りたいものです。体に針を刺すため、不安を感じるケースもあります。また、会話の中でどのような施術が適しているか、気づくこともあるでしょう。おしゃべりばかりだと患者さんが疲れてしまい、リラックスできないこともあるので、適度な会話が必要です。相手に合わせたコミュニケーションの取り方ができるとよいでしょう。

『 几帳面な性格 』

だいぶ兼ね備えている

鍼灸治療は正確さが求められます。正しい位置に針を刺す、手の感覚でツボの位置をとらえるなど正確な治療が求められるため、几帳面さと手先の器用さが必要です。不適切な治療をすれば効果が期待できないばかりか、体に有害な作用を与えてしまう危険性もあります。そのようなことがないよう、慎重に正確に正しい施術をすることが必要です。また、針などの施術に使う器具なども適切にしっかり殺菌・消毒をしなければなりません。几帳面に丁寧に器具の手入れをしないと安全な施術ができない、ということにもなります。

『 清潔でキレイ好き 』

十分に兼ね備えている

きれい好きで清潔であることが必要です。本人が清潔でないと、患者さんに不快感を与えてしまうでしょう。ベッドやタオルなども清潔できちんと掃除が行き届いていないと快適に施術を受けることができません。不衛生な環境でも平気で仕事ができてしまうという場合、施術をする際には、衛生面においてかなり気を遣う必要があるでしょう。清潔で衛生的でないと、事故や感染などの原因になってしまうことがあります。服や髪型、環境など自然と清潔にできることも大切です。

『 観察力がある 』

十分に兼ね備えている

鍼灸師には観察力が求められます。患者さんの言葉だけでなく、表情や顔色、声や姿勢、動きなどから体の状態を推測することも必要だからです。患者さんが自分では気づいていない不調や体の変化がある場合もあります。自分が気づいていないことを言葉にすることはできません。鍼灸師は患者さんの言葉だけでなく、体のちょっとした変化などにも気づく観察力が重要なのです。

『 勉強熱心で努力家 』

あまり兼ね備えていない

正しい知識を持ち、正確な技術を提供するには勉強が欠かせません。鍼灸師になるには「はり師」と「きゅう師」の資格が必要で、国家試験に合格する必要があります。勉強が好きでないと鍼灸師の資格は取れないでしょう。

スポンサーリンク

『 人の身体に興味がある 』

十分に兼ね備えている

鍼灸師は解剖学や生理学など、人の体に関する知識を身につけなければなりません。人間の体に興味があった方が、勉強も進みやすいでしょう。患者さん一人ひとりの体はそれぞれ異なります。同じ施術をしても同じ状態になるとは限りません。なぜそうなるのか、どのような施術が必要なのか、を突き詰めていくには人の体に興味が必要です。鍼灸師として勉強し、施術を続けていくことで、体の内部から根本的に改善していくという東洋医学に関する知識やスキルを身につけることもできます。

『 時代のニーズに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

医学は常に進歩していて、鍼灸師としても新しい知識や技術を常に勉強していくことが大切です。医学の進歩だけでなく、現代では働き方などライフスタイルもさまざまで、患者さんのニーズは多様化しています。体のケアとしてだけでなく、美容鍼灸に興味を持つ女性も増えています。そのような時代のニーズに対応していける敏感さも大切です。

『 自分らしさを追求できる 』

あまり兼ね備えていない

自分独自のスタイルを築けると、より人気のある鍼灸師として活躍できるでしょう。そのためには時代のニーズを把握することも大切ですが、自分らしさや自分の得意なことを伸ばすことが必要です。誰かのスタイルをまねても自分に向いていなければ続けることはできません。自分の個性を認識し、それを活かした施術ができるとやりがいもより大きくなるでしょう。

『 経営に興味がある 』

十分に兼ね備えている

施設に勤務していくのも鍼灸師としての仕事のやり方ですが、開業するのも可能です。自分の方針で自分のスタイルで施術ができるのが開業のメリット。さらに人気が出れば収入を増やすこともできます。将来は自分のお店を持ちたいと考えているなら、鍼灸師の資格を取り経営について学ぶとよいでしょう。

『 自分の体のケアができる 』

だいぶ兼ね備えている

鍼灸師には体力が必要です。1日に複数人の患者さんを施術するケースが多く神経も使うため、体力がないとできる仕事ではありません。正しい姿勢を保つことができないと、肩こりや腰痛にもつながります。肩こりや腰痛予防にもなり、体への負担を軽減しながら施術をするには体幹を鍛えることです。体幹を鍛えたり、姿勢を改善したりするなど、自分の体をケアできることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの鍼灸師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る