理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アクチュアリーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アクチュアリーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアクチュアリーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアクチュアリー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、アクチュアリーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。アクチュアリーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アクチュアリーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.試験勉強が苦にならない
2.数字に魅力を感じる
3.学ぶことに意欲的
4.忙しいことにやりがいを感じる
5.金融や保険に興味がある
6.責任感が強い
7.専門性を追求したい
8.忙しくても高い給与を望む
9.コツコツと努力できる
10.人と話すことが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 試験勉強が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

試験に合格するだけでも相当難しい職業はいくつもありますが、そのうちの1つがアクチュアリーです。また、ゼロから試験勉強を始める人が皆同じスタートラインに立っているわけではありません。アクチュアリーの試験では数学に関する知識が多く問われるため、学生時代に数学が得意だった人や数学を重点的に勉強していた人は有利だといえるでしょう。試験は大きく基礎科目と専門科目に分かれていて、その中でもさらに細かくいくつもの分野に分かれています。それぞれの科目の合格率は20パーセント前後となっていて、合格するには何年もかかるのが一般的です。不合格になっても落ち込まず、常にモチベーションを保てる人が向いているでしょう。

『 数字に魅力を感じる 』

あまり兼ね備えていない

数字を扱う仕事なので、数字が好きなことは最低限必要です。さらに、数字を的確に説明できる能力も求められます。実際にアクチュアリーになった人のなかには、もともとは数学者になりたかったという人もいるくらいです。数学科に進んだ後にアクチュアリーという職業を知ったために進路を軌道修正しているので、かなり高いレベルの数学力が必要なことは想像できるでしょう。学生時代に数学が好きで仕方なかったという人は、視野に入れていい職業です。

『 学ぶことに意欲的 』

そこそこ兼ね備えている

資格を取得するだけでも難しいアクチュアリーですが、資格を取った後も継続して学習することが必要です。アクチュアリーが扱う業務の範囲は段々広く、複雑になっています。また、時代によって変わる法令や資産運用の仕方にも目を光らせておかなければ、正しいリスク管理は期待できないでしょう。アクチュアリーという肩書に満足することなく、常に新しい知識を吸収しようとする姿勢が求められます。

『 忙しいことにやりがいを感じる 』

だいぶ兼ね備えている

アクチュアリーの多くは、営業職や事務職の人と同じように会社員として働いています。しかし、難易度の高いアクチュアリーは常に人手不足のため、どうしても一人当たりの業務量が多くなってしまいます。繁忙期には夜遅くまで残業したり、休日出勤が多くなったりすることは覚悟しなければなりません。仕事以外のプライベートの時間を優先したいという人には向いていない職業でしょう。反対に、忙しい仕事に生きがいを感じるという人には適職の可能性があります。

『 金融や保険に興味がある 』

十分に兼ね備えている

統計学や確率論を多く扱うアクチュアリーですが、活躍する分野は保険会社や信託銀行などが一般的です。純粋な数字だけを扱うというよりも、保険や年金などの制度の運営を、数字的な面からサポートすると考えた方がよいでしょう。数学の知識やスキルを金融や保険に活かしたいという人には、非常に向いている職業だといえます。

スポンサーリンク

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

数字のスペシャリストであるアクチュアリーの意見は、多くの人の人生を左右させます。単に、自分の計算結果が間違えただけというわけにはいきません。趣味として数学を楽しみたい人には、向いているとは言えないのが現実。責任を持って細かく計算し、周囲が納得できる説明をすることが必要です。さらに、知識や経験に基づく強い判断力も求められます。

『 専門性を追求したい 』

そこそこ兼ね備えている

専門性が高くて難関資格であるため、日本に2000人ほどしかいないのがアクチュアリーの現状です。希少価値が高いため、転職に困ることはないでしょう。実際に、キャリアアップや年収アップのために転職をする人も多く見られます。仮に勤めている会社が倒産したとしても路頭に迷うことはないので、会社に頼らない生き方ともいえます。自分という価値を高めたい人には向いているかもしれません。

『 忙しくても高い給与を望む 』

だいぶ兼ね備えている

人数が少ないことから一人当たりの仕事量が多くなりがちなアクチュアリーですが、給料が高いことに魅力を感じる人は多いでしょう。一般的に給料が高いといわれる金融業界ですが、その中でもアクチュアリーはさらに高くなっている傾向があります。入社から10年もしないうちに、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。また、給料面で不満があれば、転職をして年収をアップさせるという方法もあります。

『 コツコツと努力できる 』

そこそこ兼ね備えている

資格を取ることがゴールであれば、それまでの期間だけ集中して頑張れるという人はいます。しかし、アクチュアリーは、その後も努力を継続しなければなりません。扱う業務の範囲も広く、責任も伴うため、絶えず知識をブラッシュアップさせることが必要です。生涯学習をモットーにしている人に適した職だといえます。

『 人と話すことが好き 』

あまり兼ね備えていない

コミュニケーション能力は大事で、アクチュアリーには必須ともいえるでしょう。コンサルタントのような業務を行うこともあるので、あまり詳しくない人にも分かりやすく説明する能力が求められます。自分が理解しているだけでは足りません。話すことが好きで、難しいことでも分かりやすく説明できる人が向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアクチュアリー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る