理想の就活/転職のための
自己分析サイト

女優適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今女優の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい女優に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの女優適性診断結果

あなたの適性度は56%で、女優の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。女優を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

女優に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人前に立つことが好き
2.積極性がある
3.自分に自信がある
4.想像力が豊か
5.演技が好き
6.感情をコントロールできる
7.負けず嫌い
8.打たれ強い
9.コミュニケーション能力がある
10.教養がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人前に立つことが好き 』

あまり兼ね備えていない

女優という仕事は、数多くの人が見ている中で与えられた役を演じる必要があります。ドラマや映画の撮影だけではなく、舞台で直接お客さんの前で演じる機会も出てきます。そのため、環境に左右されず、いつでも人前に立って堂々と演技できる素質が求められます。人から注目されることが好きだったり、人前に立っても物怖じしない性格が女優に向いていると言えるでしょう。

『 積極性がある 』

あまり兼ね備えていない

女優の仕事を始めようと思った時、最初は誰でも駆け出しの時期を経験するものです。まだ誰にも認知されていない段階で消極的な姿勢を見せてしまうと、オーディションに受からないだけではなく、やる気がないと捉えられてマイナスな印象を与えることになってしまいます。女優に向いている人というのは、自分から積極的に動く行動力があります。積極的な一面をアピールすることで、色んな人の目に入り仕事も獲得しやすくなるのではないでしょうか。

『 自分に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

女優として演技が上手かどうかはもちろん大切な要素ではありますが、自分に自信を持って演じているかもとても重要なポイントになってきます。なぜなら、自分に全く自信がない人が女優をやっても見ている人に感動を与えることができないからです。実力が伴っていない勘違いした態度はマイナスですが、自分の仕事に誇りを持って働ける人は女優に向いているでしょう。また、そんな人が多くのファンを魅了することに成るはずです。

『 想像力が豊か 』

だいぶ兼ね備えている

女優として生きていくのであれば、どんな役もこなせるようにならなくてはなりません。もしかしたら自分に全く似ていない役や、共感できない役を演じることも出てくるかもしれません。そんな時に求められるのは、想像力の豊かさです。演技をする前に、その役の人生をイメージしたりするなどの役作りが求められるので、日頃から想像力を働かせて物事を考えられるという人は女優に向いていると言えます。

『 演技が好き 』

十分に兼ね備えている

女優をする上で欠かせないのは、演技が好きということではないでしょうか。いくら女優になりたいという憧れが強かったとしても、最終的に女優として活躍できるかどうかは演技への熱い情熱にかかっています。もし演技にあまり興味がないのであれば、途中でやめたくなってしまうかもしれません。また、情熱がないことは見ている人に見抜かれてしまうため、活躍は難しくなるでしょう。演技に興味があって、演じることに喜びを感じるのならチャレンジしてみる価値はありそうです。

スポンサーリンク

『 感情をコントロールできる 』

そこそこ兼ね備えている

女優として役を与えられたら、一定期間は役に集中することになります。人気が出てきたら同じ時期に違う役を演じる機会も出てくるかもしれません。そんな時に自分の感情をコントロールできない人であれば、うまく役を演じ分けることができないだけではなく、仕事とプライベートを分けて考えることも難しくなってしまいます。逆に、感情のコントロールが上手い人なら仕事とプライベートの両立もできるようになるでしょう。

『 負けず嫌い 』

そこそこ兼ね備えている

女優として役をもらうために、映画やドラマなどのオーディションに参加することも考えられます。同じように女優として活躍したいという熱い思いを持った人たちとライバルになるため、負けず嫌いな性格は必要になってくるのではないでしょうか。もちろん協調性は大事ですが、「自分が一番になる」という強い熱意を忘れずにいられる人が女優に向いています。今までの経験を振り返り、負けん気が強い性格かどうかを客観視してみるのもいいでしょう。

『 打たれ強い 』

だいぶ兼ね備えている

女優という職業に憧れを抱いている人は、華やかな世界を夢見ているかもしれません。しかし、女優だからといってチヤホヤされることなく、監督などに厳しく指導される場面も出てきます。そんな時、演技についての指導なのに自分を否定されたように感じてしまう人は女優を続けるのが難しいのではないでしょうか。打たれ強くてガムシャラになれる人が女優に向いていると言えます。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

女優は映画やドラマが始まると、その現場で女優や俳優、スタッフの人たちと数ヶ月間仕事をすることになります。毎回決まったメンバーではないため、人見知りをしてしまうと仕事がしにくくなってしまいます。この点を踏まえると、女優はコミュニケーション能力が高い人が向いていると言えるでしょう。誰にでも臆することなく会話ができるかどうかがポイントになります。

『 教養がある 』

あまり兼ね備えていない

どんな役もこなせなくてはならない女優は、教養が備わっていることが求められます。一般常識やマナーなど、基本的なことはしっかりできている必要があるのです。不安な場合は、ニュースを見たり本を読んだりして知識を身につけておくといいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの女優適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る