理想の就活/転職のための
自己分析サイト

検察事務官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今検察事務官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい検察事務官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの検察事務官適性診断結果

あなたの適性度は43%で、検察事務官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。検察事務官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

検察事務官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感が強い
2.人のサポートをする事が好き
3.コミュニケーションが得意
4.観察力が高い
5.常に冷静さを失わない
6.スピーディーかつ正確な仕事が得意
7.口が堅く秘密を守れる
8.何かあっても臨機応変に対応できる
9.法律に興味がある
10.協調性がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

検察事務官になるには、正義感が必要不可欠です。検察事務官は、社会の安全と秩序を守るために様々な犯罪と向き合う仕事をしています。そこには、大きいも小さいもありません。どのような軽犯罪も見逃さず、法律に基づいて正しい執行を行う事が何よりも大切なのです。日頃から、規則やルールを守り不正に対して強い憤りを感じる人は検察事務官に向いていると言えます。

『 人のサポートをする事が好き 』

あまり兼ね備えていない

誰かの仕事を手伝ったり、補佐する事が好きな人は検察事務官に向いています。なぜなら、検察事務官というのは検事が仕事を進めやすいように補佐する事が仕事だからです。検事は、毎日のように被疑者を取り調べて起訴か不起訴の判断をします。そのためには、膨大な資料を調べる事があったり被疑者の関係者から話を聞く事もあります。検察事務官の助けがなくては、検事もスムーズに仕事ができないのです。

『 コミュニケーションが得意 』

あまり兼ね備えていない

検事事務官は、検事と共に様々な人から話を聞きます。被疑者はもちろんですが、時には事件の被害者やその関係者からも話しを聞く事があるのです。殆どの人は、検事から事情聴取されるという経験をした事がないでしょう。そのため、緊張感からうまく事件について話せない人もいます。検察事務官は、さり気なく雑談などをしながら相手をリラックスさせる事も必要です。話す事が好きという人は、相手との会話も弾みやすいため取り調べをスムーズに進める事も可能です。

『 観察力が高い 』

兼ね備えていない

検察事務官は、時には検事と一緒に事件の証拠を探す事もあります。証拠というと、凶器や指紋といった決定的なものを想像する人もいるでしょう。ですが、全ての事件に決定的な証拠があるわけではありません。なかには、証拠がないために迷宮入りしてしまう可能性もあるのです。検察事務官は、検事と共にあらゆる可能性を想定して証拠を探す事が求められます。たとえば、事件現場の写真や被疑者の行動パターン、更には被害者の遺留品から思わぬ証拠が見つかる事もあるのです。検察事務官になるには、どんな小さな事でも見逃さない鋭い観察眼が必要なのです。

『 常に冷静さを失わない 』

そこそこ兼ね備えている

取り調べの時などに、被疑者から挑発的な言葉を投げかけられる事もあるでしょう。また、凄惨な事件の場合は被害者の気持ちになり怒りがこみ上げるという事も考えられます。そんな時に、すぐ感情的になってしまう人というのは検察事務官には向いていません。検察事務官は、どんな被疑者に対しても冷静に対処しなくてはならないのです。検察事務官の仕事は、被疑者と言い争いをする事ではありません。どんな事があっても常に冷静な判断ができる人というのは、検察事務官にピッタリです。

スポンサーリンク

『 スピーディーかつ正確な仕事が得意 』

十分に兼ね備えている

検察事務官というと、ドラマのように事件を華々しく解決するイメージを持っている人もいるでしょう。ですが、殺人などの大きな殺人事件を扱う事はほぼ稀で、その多くは駐車違反などの軽犯罪が主です。仕事も、実際に事件現場に足を運ぶというよりは、デスクワークが主体となります。被疑者の供述などをまとめたり、事件に関係する資料をパソコンで打つ事もあるでしょう。 この時に、誤った情報を入力してしまうと被疑者の起訴や不起訴を大きく左右します。検察事務官に求められるのは、スピーディーさと正確さです。事務処理が早くても、間違いだらけだったら後で困った事になりますし、正確でも時間がかかっては仕事が終わりません。検察事務官を目指すなら、デスクワークも得意である必要があるのです。

『 口が堅く秘密を守れる 』

十分に兼ね備えている

検察事務官は、時に大きな事件を取り扱う事もあります。社会的に注目されている事件の場合、周囲やそのマスコミから詳細を聞かれる事もあるでしょう。ですが、検察事務官には検事と同様に守秘義務があります。職務上知った情報を周囲に漏らしてはならないのです。その理由は、裁判を公正に行うためです。万が一、被疑者や事件の関係者に関する情報が漏洩した場合、様々なトラブルに発展する事も予想されます。検察事務官になったら、たとえ家族といえども扱った事件に関しては話してはなりません。日頃から、秘密を守れるという人は検察事務官に向いています。

『 何かあっても臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

裁判が始まると、状況が一変するような出来事も考えられます。たとえば、容疑を認めていた被疑者が急に冤罪を訴えるような事もあるのです。検察事務官は、どのような場合でも臨機応変に対応する事が大切です。必要な資料を用意したり、過去の裁判記録を確認し被疑者の証言を裏付けする事が大切です。

『 法律に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

検察事務官になるには、法律に興味がある事が何よりも大切です。法律は、時代と共に変化します。新規制定がされたり、改正される事もあります。検察事務官にとって、法律を遵守する事は何よりも大切です。日々チェックをし、法律に関する知識をアップデートしていかなければなりません。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

検察事務官は、検事と二人三脚で事件を解決します。時には、互いの意見の相違からぶつかり合う事もあるでしょう。ですが、これでは職場がギクシャクしてしまいます。協調性がある人だったら、相手の意見を尊重しながらも自分の考えを伝える事ができるため検察事務官に向いていると言えます。協力しながら仕事ができるため、人間関係にヒビが入る事も殆どありません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの検察事務官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る