理想の就活/転職のための
自己分析サイト

PAエンジニア適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今PAエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいPAエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのPAエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は56%で、PAエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。PAエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

PAエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく音楽が好き
2.舞台をよく見に行く
3.ライブを見に行くのが好き
4.音楽を音質にこだわって聴く
5.音響機器に興味がある
6.人を楽しませるのが好き
7.コミュニケーション能力がある
8.お金よりもやりがいを求める
9.臨機応変な対応ができる
10.オリジナリティーにこだわりがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく音楽が好き 』

あまり兼ね備えていない

PAエンジニアの仕事は音に関する様々な調整を行うものですが、特に多いのが音楽関係の仕事です。曲を聞きやすいようにするためには、各楽器のバランスを調整する必要があります。音楽が大好きで色々な曲を聴いている人なら、各楽器のバランスがどうなっているか自然に身につけられます。ジャンルによって最適なバランスは変わるので、普段から色々な曲を聴いているほうがPAエンジニアの仕事がしやすくなります。

『 舞台をよく見に行く 』

あまり兼ね備えていない

舞台を行う時にもPAエンジニアは大活躍します。ミュージカルなどで、曲や効果音、セリフなどの調整をすることになりますが、舞台の演出に合わせた調整をしなければなりません。普段からよく舞台を見ている人なら、どのような音響にすればお客さんが楽しめるのか理解できるでしょう。自分が好きなことを仕事に活かせるというのは大きな魅力なので、PAエンジニアは舞台が好きな人にも向いている仕事です。

『 ライブを見に行くのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ライブには色々なスタッフが関わっていますが、PAエンジニアは特に重要な役割を果たしています。ライブを見ながらお客さんに届ける音を調整しなければならないので、PAエンジニアのテクニック次第で、音の届き方が大きく変わります。CDとは違ったライブならではの調整が必要になります。その時、色々なライブを見てきた経験が活かされるでしょう。また、PAエンジニアは色々なライブを生で見ることができるので、ライブ好きな人なら楽しく仕事ができます。

『 音楽を音質にこだわって聴く 』

だいぶ兼ね備えている

PAエンジニアには、ちょっとした音質の差を聞き分けることができる耳が必要不可欠です。そのため、普段から音質にこだわって曲を聴いている人に向いています。イヤホンを変えた時に音質が変わっていることに気づける、楽器ごとの音質の差を見極めることができる、そういう人であればPAエンジニアとして仕事をこなせるかもしれません。

『 音響機器に興味がある 』

十分に兼ね備えている

PAエンジニアは、ミキサーやマイクなど様々な音響機器を駆使して仕事をすることになります。スピーカーやプリアンプなどに興味があり、普段から色々な音響機器を使っているという人は、PAエンジニアの仕事も楽しく感じるでしょう。部屋の大きさに合わせたスピーカーの選択、ミキサーの調整など、音響機器を扱う能力はPAエンジニアに必要不可欠です。普段から色々な音響機器を試して、違いを理解しておけば仕事に役立てることができます。

スポンサーリンク

『 人を楽しませるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

PAエンジニアは、音でお客さんを楽しませなければなりません。より良い音を届けることができれば、お客さんも盛り上がってくれるでしょう。ライブなどで自分が作った音を聴いたお客さんが、盛り上がっている姿を見てやりがいを感じる人も多いです。PAエンジニアは、お客さんが喜んでいる姿を直接見ることができる仕事なので、人を楽しませるのが好きな人に向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーション能力がある人も、PAエンジニアに向いています。PAエンジニアは、バンドマンや俳優さん、照明スタッフなど色々な人達と関わる仕事です。ライブや舞台など、1つの作品を作り上げるためには、多くの人と関わることになります。そのため、仕事をする上でコミュニケーション能力は必須です。人と関わるのが大好きという人なら、上手くコミュニケーションを取って仕事をこなせるでしょう。

『 お金よりもやりがいを求める 』

だいぶ兼ね備えている

PAエンジニアは、いきなり大きく稼げるような仕事ではありません。まずは下積みから始めて経験を積み、色々な仕事をこなせるようになります。そのため、お金のためだけに仕事をするという気持ちの人には、あまり向いていません。しかし、お客さんの喜ぶ姿を間近で見ることができる、大物アーティストと一緒に仕事ができる、自分の作品が長く残るなど非常にやりがいを感じられる仕事です。お金のためではなく、やりがいのある仕事をしたいという人に向いています。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

PAエンジニアは、アーティストや演者さんの意見を聞きながら、希望通りの音を作り上げなければなりません。自分が事前に用意していたものが、必ず受け入れられるとは限りません。アーティスト側から何か要望があった時、すぐに対応できるような体制を整えておく必要があります。自分のこだわりを持つことも大切ですが、臨機応変な対応ができる人でなければ、PAエンジニアは勤まりません。

『 オリジナリティーにこだわりがある 』

あまり兼ね備えていない

PAエンジニアは、他の人とは違うオリジナリティーも必要になります。ただ音のバランスを整えたり、音質を良くしたりするのは、経験を積めば誰でもできるようになります。しかし、それだけでは仕事を掴むのは難しいでしょう。依頼者から「この人が作る音が欲しい」と思ってもらうためには、自分にしか作れないオリジナリティー溢れる音が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのPAエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る