理想の就活/転職のための
自己分析サイト

イベントプロデューサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今イベントプロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいイベントプロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのイベントプロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、イベントプロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。イベントプロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

イベントプロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.トレンドを常に押さえている
3.人の要望を引き出すのが上手い
4.斬新なアイデアを考案できる
5.分析が得意
6.人を楽しませるのが好き
7.チームワークを大切にできる
8.責任感が強い
9.仕事が大好きでのめり込める
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプロデューサーに向いている人の特徴というと、コミュニケーション能力が高いことが挙げられます。イベントの運営は、ステージの設営係、音響、照明係など色々な職種の人と仕事をすることになります。とりわけ大規模なイベントの場合、関わるスタッフが膨大です。そのすべてのスタッフに的確に指示を出したり、アドバイスを行ったりするコミュニケーション能力はイベントを成功させる上で大切です。

『 トレンドを常に押さえている 』

兼ね備えていない

イベントプロデューサーとして働くためにはトレンドを常に把握しておくことが非常に大事です。世の中の流れを敏感に把握してトレンドを取り入れたイベントを企画することで、多数の人の心を掴むことができるからです。イベントを盛り上げることができるので、常に頭の中をアップデートできることが求められます。

『 人の要望を引き出すのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプロデューサーは、クライアントの要望に沿ってイベントの企画立案をする仕事です。したがって、ヒアリングの能力も大切なスキルと言えるでしょう。イベントを成功させるためには、クライアントからイベントを開催する目的、希望のテーマ、規模などを丁寧にヒアリングする必要があるからです。ヒアリングをした内容をもとに具体的に企画立案をしていくので、必要なスキル言えます。

『 斬新なアイデアを考案できる 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプロデューサーとして活躍するには、斬新なアイデアを考案する能力も求められます。そもそもイベントプロデューサーの役割は、イベントの参加者が楽しめるような企画を提案することです。ありきたりな企画では参加者も飽き飽きしてしまいます。その点、他人が思いつかないような斬新な企画を立案すれば、多くの方の興味を惹くことができます。

『 分析が得意 』

兼ね備えていない

イベントプロデューサーは、市場のニーズを正確に把握する能力も求められます。参加者が何を求めているのか分からなければ、興味をそそるようなイベントを企画できないからです。

スポンサーリンク

『 人を楽しませるのが好き 』

あまり兼ね備えていない

人を楽しませることが好きだということもイベントプロデューサーに向いている人の特徴です。参加者が自分の立案したイベントで楽しい時間を過ごすことができたという充実感は、イベントプロデューサーでなければ味わえないものです。人を喜ばせたいという気持ちを強く持っている場合、さらに面白い企画を生み出してやろうというモチベーションに繋がります。

『 チームワークを大切にできる 』

十分に兼ね備えている

チームワークを大切にできる人もイベントプロデューサーに向いています。そもそもイベントプロデューサーは、一人でやる仕事ではありません。イベントを盛り上げるためには、スタッフ同士で連携して協力しなければいけません。また、何かトラブルがあった場合、お互いに助け合ってフォローする必要があります。チームワークがうまく機能していないとイベントは成功しないでしょう。チームワークを大切にできる人はイベントプロデューサーに向いています。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプロデューサーとして成功するためには責任感が強いことも大切です。イベントを企画して実現するに当たり、専門家からアドバイスをもらったり、関係者と話し合いの場を持って打ち合わせをしたりします。また、イベント開催時に起こり得るトラブルを事前に考えて、スタッフ同士で連携して対策を立てる必要もあります。細々とした作業が続いて大変なのですが、途中で頓挫することは許されません。クライアントから受けた依頼を責任を持ってやり遂げれば信頼を得ることができ、イベントプロデューサーとして成功できるというわけです。

『 仕事が大好きでのめり込める 』

そこそこ兼ね備えている

仕事が大好きな方もイベントプロデューサーに向いていると言えるでしょう。イベントというのは、祝日や日曜日、ゴールデンウィーク、年末などのお休みの時期に開催されることがほとんどです。また、平日はイベント開催のための準備に追われることが多いです。すなわち、イベントプロデューサーはプライベートの時間があまり取れません。よって、プライベートがなくてもイライラすることがないほどに仕事が好きという方に向いています。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

イベントプロデューサーとして働くには、体力があることも大切です。イベントを開催するに当たり、イベントプロデューサーは前日の深夜まで打ち合わせをすることも多いです。また、クライアントからの急な修正に対応するために、休日返上や徹夜で仕事をすることもあります。一日中働き続けることが当たり前で、体力がなければやっていけません。体力がないと職場で倒れてしまうなど、迷惑をかけることになりかねません。体力は必須のスキルと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのイベントプロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る