理想の就活/転職のための
自己分析サイト

CADオペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今CADオペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいCADオペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのCADオペレーター適性診断結果

あなたの適性度は51%で、CADオペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。CADオペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

CADオペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.何事もコツコツと取り組める
2.神経質で几帳面
3.デスクワークをしたい
4.ストレス解消が得意
5.コミュニケーション能力がある
6.基本的なパソコンスキルがある
7.締め切りをしっかりと守れる
8.仕事と家事を両立させたい
9.学ぶことが好き
10.安定して稼げる仕事に就きたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 何事もコツコツと取り組める 』

だいぶ兼ね備えている

CADソフトを使用した設計図作成がCADオペレーターの仕事です。指示書に沿って作成し、設計士やデザイナーのサポートをします。図面作成の業務は根気と集中力が必要となるので、目の前の仕事にコツコツと取り組める人が好ましいです。デスクワーク向きではない人、外仕事が合っている人などは適性にマッチしていません。また飽きっぽい人は、手抜きしたりやっつけ仕事に走ったりする可能性があります。

『 神経質で几帳面 』

そこそこ兼ね備えている

神経質や几帳面というと、マイナスの印象を抱く人は多いでしょう。融通が利かないと捉えられることもありますが、CADオペレーターにとってはむしろ好ましい性質だと言えます。緻密な設計図作成では、正確性が必要になります。設計図にミスがあると成果物にも影響してしまうからです。そのため、神経質で何度もチェックしないと気が済まない人はむしろ向いています。反対に大雑把な性格の人、細かい作業が苦手な人などは不向きです。

『 デスクワークをしたい 』

兼ね備えていない

CADオペレーターは大前提としてデスクワークが好きでなければ適職とはなり得ないと考えてください。デスクワークは息が詰まりそう、外回り営業をしていたほうが気楽、といった人は始めても長続きしない可能性が高いです。CADオペレーターになると一日中パソコンと向き合って作業をします。地道な作業の連続になるので、飽き性の人は向いていません。一つのことに没頭できる人が好ましく、たとえば子ども時代にプラモづくりのために何時間でも机に向かって制作ができたような人です。

『 ストレス解消が得意 』

そこそこ兼ね備えている

いざCADオペレーターになってみたら、思いのほかストレスが溜まる仕事だと気づいたという人は少なくありません。細かい作業が好きな人であっても、それを毎日続けるとなるとストレスを感じる人は多いはずです。ストレスが蓄積すると集中力の低下につながるなど、正確な仕事を進めるうえで支障が出てきます。そのため、ストレス解消が得意な人がCADオペレーターに向いているわけです。自分のストレス耐性、ストレスの原因などを明確に把握できる人がベストです。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

CADオペレーターは一人でコツコツと作業をする状況が多いので、コミュニケーション能力は不要だと思うかもしれません。しかし、実際は設計者との打ち合わせに参加し、話し合いながら詰めていく必要があります。わからないことがあったとき、聞くのが恥ずかしいからと自己判断で処理してしまうと、後から大問題につながる可能性があります。コミュニケーション能力が乏しいと、そもそも打ち合わせや交渉がスムーズに進まない可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク

『 基本的なパソコンスキルがある 』

十分に兼ね備えている

CADオペレーターの最も大切な仕事道具といえばパソコンです。そのため、パソコンの基本的な操作方法を把握しておく必要があります。WordやExcel、PowerPointなどは最低限使えるようにしたいです。これらのソフトの使用が未経験、デスクワークに就いたことがない、といった人だと仕事で使えるレベルにまでパソコンスキルを高めていく必要があるので不利になります。

『 締め切りをしっかりと守れる 』

十分に兼ね備えている

当然ながら設計図の作成には締め切りがあるため、それまでに仕上げなくてはいけません。何度も期限に遅れるようなことがあれば信用を失い、次の契約を取れなくなる可能性もあるでしょう。そのため、締め切りを厳守するために、計画的に取り組める人が好ましいです。違う言い方をすれば、やるべきことを先延ばしせずに今すぐにできる人です。大事なことを先延ばしする人は、納期遅れを生じさせやすい現実があります。

『 仕事と家事を両立させたい 』

そこそこ兼ね備えている

CADオペレーターの仕事は、在宅勤務に対応した案件があります。こうした案件であれば仕事と家事の両立をしやすいでしょう。子育てをしながら働きたい、副業として1日4~5時間だけ働きたいなどです。非正規雇用の応募も数多くあるので、自由度の高い働き方ができます。また復職をするうえでも有利で、子育て後に職場復帰をする人も大勢います。本業はもちろん副業から始めるのもありなので、自分らしい働き方をしたい人には最適でしょう。

『 学ぶことが好き 』

あまり兼ね備えていない

勉強が好きな人の特徴は知識欲と向上心が高いことです。常に自分をより高めたいと考えているからです。CADオペレーターは専門職であり、ベテランになるには相応の経験が必要となります。また、時代によって求められるスキルは変化していくため、柔軟に対応していくことも大切です。勉強するのが嫌い、楽をして稼ぎたい、といった人は向いていません。

『 安定して稼げる仕事に就きたい 』

あまり兼ね備えていない

CADオペレーターという仕事は、将来的になくなる可能性が低いと言われています。住宅はもちろん家具や家電づくりにおいても、設計図は必須となるからです。常に安定した需要があるので、CADオペレーターの仕事は安定収入を得たい人に適しています。不景気の時代においても、一定の需要は必ずあるからです。一方で短期間でガツンと稼ぎたい人は不向きです。高収入よりも安定収入を重視する人に適していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのCADオペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る