理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

官僚に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今官僚の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい官僚に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

官僚に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの官僚適性診断結果

あなたの適性度は61%で、官僚の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。官僚を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

官僚に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感がある
2.正確な仕事が得意
3.調整するのが得意
4.臨機応変に対応できる
5.使命感が強い
6.数字に強い
7.体力に自信がある
8.精神的にタフ
9.コミュニケーション力が高い
10.向上心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
官僚適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

官僚は国に直接関係する仕事に携わる職種であり、非常に重い責任があります。使うお金は国の税金などであること、国や国民のためになるかを常に意識しなければならないことなど、常に責任とともに行動しなければいけません。そのため、責任感がある人物でなければ官僚は務まらないと言えます。自分の立場を理解し、責任を受け止めながら動くことができる人は、官僚の適性があるでしょう。

『 正確な仕事が得意 』

十分に兼ね備えている

官僚だけでなく公務員全体にも言えることですが、この職種はいつも正確な仕事が求められます。それは前述した通り、官僚の仕事が国や国民など、公共的な部分にダイレクトに影響するためです。また、税金を使っている仕事でもあるので、何かミスをして損害などが出てしまった場合、それは税金を無駄にしてしまうということにもつながります。物事を正確に進めることに長けている人であれば、官僚に向いていると言えます。

『 調整するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

官僚の仕事では、調整を求められる場面も多々あります。例えば限られた予算でこの事業を実施するにはどうすれば良いか、予算と事業内容のバランスを見て調整を行うこともあるでしょう。また、事業を行う上で連携が必要な各部署・機関などの間に入り、調整役となる場合もあり得ます。公的な仕事をスムーズに進めるためには、そこに関わるものと常に調整をはかりながらバランスを見ていかなければならないのです。調整するスキルに自信がある人は、官僚に向いているかもしれません。

『 臨機応変に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

官僚の仕事はいつもスムーズに運ぶとは限りません。むしろ、社会の状況に合わせて進めていかなければならないため、イレギュラーな対応を求められることも多いでしょう。そのため、臨機応変に対応できる力が必要です。もちろん法律や条例など、ルールに則った仕事をすることは大前提ですが、その上で柔軟な動きが可能な部分は状況に合わせて変則的に対応していかなければなりません。

『 使命感が強い 』

あまり兼ね備えていない

官僚には使命感が不可欠です。官僚の仕事は決して楽ではありません。部署などによって差はありますが、基本的に業務は多めです。残業も発生します。厳しい仕事や難しい仕事も多々あります。気楽な気持ちではなかなか務まらない仕事です。これだけ重要でプレッシャーの大きな仕事を、潰されずこなしていくためには強い使命感が必要です。自分の仕事は国全体のための仕事、このように仕事に誇りと自信を持って携われる人であれば官僚として働けるでしょう。

スポンサーリンク

『 数字に強い 』

十分に兼ね備えている

官僚の仕事には数字もよく出てくるため、数字に強いことは適正の1つと言えます。例えば予算管理などがそうです。自分の部署や自分が担当している部署・事業などの予算を把握し、適切な運用のため管理するものです。部署や事業の規模にもよりますが、かなり高額な予算を扱うことも珍しくないため、会計知識や分析力なども駆使しながら数字を見ていくことが求められます。

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

官僚はデスクナークだから体力は必要ない、そうイメージする人もいるかもしれませんがそれは間違いです。官僚は体力がなければ勤まりません。例えば特に繁忙な時期は夜遅くまでの残業が続くことも珍しくありません。前に述べた通り、官僚の仕事は責任やプレッシャーが大きく、また内容も難しいものが多いため、デスクワーク中心と言え長時間行うと非常に体力を消耗します。残業が連日になれば、体の調子も崩しやすくなります。体力に自信があるなら、官僚に向いている部分があると言えるでしょう。

『 精神的にタフ 』

だいぶ兼ね備えている

官僚は体力面だけでなく、精神的にもタフでなければいけません。官僚は常にバランスを考えながら業務を進める必要があるため、国と国民の板挟み状態になることもあります。また、良かれと考えている事業であっても、なかなか理解を得られず、批判などを受ける場合もあるでしょう。また、常に正しい行動を求められるため、緊張感にさらされ続けている状態です。このように、精神的にプレッシャーやダメージを受ける場面も多く、メンタル面のタフさが求められます。

『 コミュニケーション力が高い 』

十分に兼ね備えている

官僚は仕事の中でさまざまな人と関わります。業務をスムーズに進めるためには、事務的な作業だけでなく、コミュニケーションをとる意識が不可欠。また、国の事業はさまざまな部署・機関などが連携して進めることも多いため、スムーズに連携できるようコミュニケーションを密にしておくことは重要です。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

官僚の仕事をする場合、自分の知識・スキルを維持していくだけでは不十分です。国の最前線で働く職種であり、常に社会に対しアンテナを張って状況をキャッチし続けなければいけません。また、時代に合わせ必要な知識・スキルをスピーディーに習得していくことも大切。常に向上心をもって自分を高めていける人なら、官僚に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの官僚適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
官僚適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 官僚に向いているか向いていないか
  • 官僚の職業適性度
  • 官僚に必要な10の資質
  • 解説で官僚に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

官僚とは?

官僚は国家公務員の一種で、国政に大きな影響力を持つ立場の人を意味しています。

本来の意味は役人とほぼ同義ですが、現在では政治への影響力を持つ、高位の者に用いるのが普通です。

官僚は法律案や国会答弁の原稿を作成したり、行政府が進める政策の遂行など政府をサポートするのが主な仕事になっています。

仕事の性質上、官僚は政府の中枢に深く関与することも珍しくありません。

日本の政治においては官僚主導と評されるほど影響力が大きく、実質的には官僚が政策を決定していると言っても過言ではありません。

一部の官僚は自身の経験や知識を活かし、政治家に転身することもあります。

官僚になるには?

官僚になるためにはまず、国家公務員採用総合職試験に合格しなければいけません。

合格してもすぐには官僚になれず、各省庁で面接を受けて採用される必要があります。

試験は非常に難しく、合格者のほとんどは東京大学など高位の有名大学出身者で占められているのも事実です。

専攻によって入省できる省庁が限定されているので注意する必要があります。

受験資格は21歳以上30歳未満と制限があるので官僚になるのは狭き門ですが、官僚は国政に深く関与する重要な仕事であり、従事する人には相応のスキルが求められます。

そのため、厳しい条件が設けられているのは当然と言えるでしょう。

官僚の給料・年収

人事院の令和4年度国家公務員給与等実態調査によると、官僚の平均年収は約680万円とされています。

ひと口に官僚といっても所属する省庁によって仕事内容は異なるので、得られる収入にも違いがあります。

また、新人とベテランとでは金額が違うのも事実です。

官僚は基本的に長く働くほどキャリアを積む形になり、年収も増加します。

室長や課長などの役職に就いている官僚は年収が800万円に至ることも珍しくありません。

給与の他にボーナスも高額であり、約200万円から300万円ほどの金額になります。

キャリアを積んだベテランの官僚はボーナスも含めると、年収が1千万円超えになると言えるでしょう。

官僚の就職・転職先(求人)

官僚は各省庁に所属する国家公務員であり、就職先もそれぞれの省庁になります。

官僚は新人なら他の官僚のアシスタントや雑務をこなしながら、自身の仕事を学びます。

ベテランになると法案や国会答弁の原稿作成など、官僚の主業務に携わるのが普通です。

退職後の官僚は政治家へ転身する他、企業や団体の相談役として再就職するのが一般的です。

自身の経験や知識、官僚時代に培った人脈を活かせる職場で活躍するのが官僚のセカンドキャリアと言えるでしょう。

官僚は政策の遂行など政治を円滑に進めるのに不可欠であることから、今後も絶えることはない仕事とされています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0