理想の就活/転職のための
自己分析サイト

俳優適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今俳優の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい俳優に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの俳優適性診断結果

あなたの適性度は56%で、俳優の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。俳優を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

俳優に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.演じることが好き
2.人前に立つのが得意
3.根性がある
4.人からの要求をすぐ理解できる
5.人間観察が好き
6.体力に自信がある
7.チャレンジ精神が旺盛
8.柔軟に対応するのが得意
9.不安定な生活に対応できる
10.諦めず頑張る忍耐力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 演じることが好き 』

あまり兼ね備えていない

俳優として欠かせないのが、演じることが好きな気持ちです。俳優はさまざまな人物を演じることが仕事。演じること自体が好きでなければやっていけない仕事と言えます。また、俳優という職業に華々しいイメージを持つ人は多く見られますが、決して華やかな部分だけではない仕事です。つらいこと、苦しいことがあっても、演じることが好きであれば立ち向かっていけるでしょう。

『 人前に立つのが得意 』

あまり兼ね備えていない

俳優は大勢の人の前で役柄を演じることが仕事です。舞台であっても映画であってもドラマであっても、自分の前には大勢の人がいます。人の前に立つのがそもそも苦手という人は俳優にはあまり向かない可能性があります。ある程度は経験を積むことで慣れますが、多くの人の前で演技をするという特殊な業務なので、人前が苦手であればやはり限界はあるでしょう。人前に立つのが得意で物怖じせず振る舞えるという人であれば、俳優の適性がありそうです。

『 根性がある 』

そこそこ兼ね備えている

俳優の仕事では、演技に対しダメ出しをされることもよくあります。例えば舞台を行う場合、稽古の最中に舞台監督からダメ出しや演技指導をされることは珍しくありません。監督も演劇に対し大きな情熱を持っている人が多いため、良い作品を作りたいという気持ちが入り、厳しい物言いになることも。特に経験が浅いうちはダメ出しも多くなるでしょう。このような場合でも落ち込まず、ダメ出しに食らいついてく根性がある人なら、俳優に向いています。

『 人からの要求をすぐ理解できる 』

だいぶ兼ね備えている

自分がしたい演技をするだけでは俳優は勤まりません。その作品において、自分が求められているのはどのような役柄かをしっかり理解する必要があります。舞台や映画、ドラマなど、俳優が携わる作品は自分1人で作るものではなく、その世界観を表現する1人として動くことが重要だからです。監督が何を求めているのか、観客や視聴者が何を求めているのか、他者のニーズをキャッチする力があれば俳優の仕事に活かせるでしょう。

『 人間観察が好き 』

十分に兼ね備えている

俳優がさまざまな役を演じるためには、自分以外の人をよく観察することも大切です。1つの物事に関してどう動くか、どのような感情を抱くかは千差万別です。また、日常的な表情・仕草にも人それぞれの特徴が表れます。人間観察が好きな人であれば、自然とさまざまな人の表情・行動などを知り、自分の中に蓄えて俳優としての引き出しを増やしていけるでしょう。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

俳優は体力勝負な部分も多い仕事です。例えばしっかり通る発声を身に付けるには、体を鍛える必要があります。また、長い稽古や長丁場の舞台や撮影現場をこなすためにも体力が不可欠。早朝から現場入り、撮影修了が深夜など、仕事の時間が不規則になる場合もあります。体力がなければとても続けていけないでしょう。どのような状況にも調子を整えて適応できる、体力に自信のある人は俳優の適性があると言えます。

『 チャレンジ精神が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

俳優として成功するためには、チャンスを逃さず掴むことも大切。ただマンネリと演技を続けていても、チャンスは巡ってきません。ときには勇気を出してチャレンジしなければいけない場面もあります。例えば大きなオーディションにチャレンジする、今まで自分が演じたことがないような役柄にチャレンジし演技の幅を広げるなどです。チャレンジ精神が旺盛な人は俳優に向いている部分があるでしょう。

『 柔軟に対応するのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

舞台やドラマなどの本番では、稽古通りにいかない場合もあります。例えば共演者が急遽降板せざるを得なくなり、演技構成を変更しなければならない場面もあり得ます。あるいは、本番中にアドリブを求められることもあるでしょう。どのような場面でも落ち着いて、作品の世界観を壊すことなく対応する必要があるため、柔軟な対応力を持っている人は俳優向きです。

『 不安定な生活に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

俳優の仕事は安定しているとは言い切れません。売れないうちは俳優1本で食べていくのは難しいため、ほかの仕事を掛け持ちしながら生活することになるでしょう。ただし、俳優の仕事を優先するには、掛け持ちで行う仕事もアルバイトなど非正規を選ぶよりなく、結果的に収入も不安定になりがちです。このような生活に対応しながら俳優を続けられる強さがあれば、向いていると言えそうです。

『 諦めず頑張る忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

俳優の仕事はすぐに芽が出るとは限りません。また、必ずしも芽が出るとも言い切れません。どのような俳優を目指すかにもよりますが、有名な俳優になれるのはほんの一握りです。ただし、下積み時代を長く経験した後、遅咲きでブレイクする人もいるため、成功できる可能性はゼロではないでしょう。なかなか望むような結果が出なくても、諦めず頑張る忍耐力も俳優を続ける上では必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの俳優適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る