理想の就活/転職のための
自己分析サイト
あなたの診断結果

あなたは仕事でどんな顧客に
対応するのに向いてる?

BtoB(対企業)に向いている

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き

既存に向いている

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き

少人数、大人数どちらでもOK

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き
スポンサーリンク

『 診断結果の解説 』

BtoB、BtoCの適性

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き

BtoB(対企業)に向いている

あなたは、BtoB(対企業)に向いているタイプです。

BtoBは、「Business to Business」の略で、企業が対企業向けに商品やサービスを提供するビジネス形態です。企業との取引なので、一回の取引金額が大きいのが特徴です。働く際には論理的なプレゼンや安定感が求められます。コンサル、銀行、商社、広告代理店、SIer、下請けメーカー全般などが例として挙げられます。

BtoCは、「Business to Consumer」の略で、企業が個人の一般消費者向けに商品やサービスを提供するビジネス形態です。個人との取引のため、一回の取引額は小さくなります。働く際には感覚的な思考や柔軟性が求められます。不動産販売、小売、自社サービス系IT企業、百貨店、旅行業者、自社製品を持つメーカー全般などが例として挙げられます。

BtoBに向く人

  • 真面目で誠実
  • やりがいより給料
  • 経営に安定を求める
  • 交渉&プレゼン上手
  • 安定志向
  • スケジュール得意
  • 論理的思考が得意
  • 土日休みが大事

BtoCに向く人

  • 会社の知名度大事
  • 好きな事で働きたい
  • 平日休みの仕事OK
  • 論理より感覚派
  • 扱う商品の愛着重視
  • 臨機応変さがある
  • 発想力がある
  • メンタルが強い

新規、既存の適性

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き

既存に向いている

あなたは、既存顧客の継続対応に向いているタイプです。

新規顧客開拓は、まだ取引のない顧客に対して提案を行って取引を開始してもらう仕事です。短い時間で自分の扱っている商品やサービスの良さを理解してもらう瞬発力が求められます。自分達を良く見せるためのブランディングやマーケティングの考え方も非常に重要です。

既存顧客対応は、新規開拓担当が獲得した顧客を引き継いで、長期的に顧客として商品やサービスを購入してもらえるよう取り計らう仕事です。新規とは違って、長い時間を通して顧客のニーズに応え続ける持久力が求められます。対話を通して相手が求めていることを上手く吸い上げたり、要求に対してミスをせず対応し続けるなど、継続して信頼してもらえるよう努力する必要があります。

新規に向く人

  • 企画好き
  • 飽き性
  • 話し上手
  • 守りより攻めが得意
  • 閃きが得意
  • チャレンジ志向
  • 正確さよりスピード
  • 勢いがある

既存に向く人

  • 真面目
  • 継続力がある
  • 聞き上手
  • 攻めより守りが得意
  • 改善が得意
  • 堅実志向
  • スピードより正確さ
  • 安定感がある

少人数、大人数の適性

顧客タイプ「BtoB」の向き不向き顧客タイプ「BtoB」の向き不向き

少人数、大人数どちらでもOK

あなたは、顧客の数が少人数、大人数どちらでもOKなタイプです。

少人数の顧客と対峙する仕事においては、一人の顧客と接する時間が長くなるため、深い付き合いが求められます。高い商品でも納得して購入してもらえるよう、論理的な説明かつ丁寧なコミュニケーションで信頼を得ることが大切です。担当している顧客がどうすればよくなるか深く考える時間が多くなります。

一方、接客業など日々大人数の顧客と接する仕事では、一人の顧客と接する時間は短くなるため、短い時間で満足してもらえるような簡潔で分かりやすい対応や人当たりの良さが重要になります。効率的に顧客に満足してもらえるようなマニュアルを整備することも大切です。多くの人と接しますので、どんな人とでも上手くやれる人間力や柔軟性、次の顧客への切り替えの上手さが鍵になります。

少人数に向く人

  • じっくり話を聞く
  • 人間関係狭く深く
  • 完璧主義者
  • マルチタスク苦手
  • 深く考える
  • 長期の付き合い得意
  • 真面目で誠実
  • 集中力がある

大人数に向く人

  • 柔軟性がある
  • 頭の切り替えが上手
  • 完璧主義者でない
  • マルチタスク得意
  • スケジュール得意
  • 人見知りしない
  • 予定を詰めても平気
  • 人が好き
スポンサーリンク

『 診断結果の活かし方 』

今後の活かし方の解説
  • まずは企業や仕事選びの軸に「顧客タイプ」という観点が重要であることを認識する。
  • 診断結果を読み込んで、自分がなぜその顧客タイプに向くのかしっかり理解する。
  • 企業研究の際に、興味を持っている企業の仕事が「BtoB、BtoC」「新規、既存」「少人数、大人数」のどれに当たるのか、自分なりに分けてみる。
  • 就活や転職の際、自分が選ぼうとしている会社の仕事が、どのような顧客タイプであるか把握する。
  • どうしても相性の悪い顧客タイプの会社や仕事を選びたい場合、それを選んだ時のデメリットを許容できるかもう一度整理する。
  • 面接の際、自分が選んだ顧客タイプの事業で働けそうか面接官に質問する。

『 結果をシェアできます 』

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。