理想の就活/転職のための
自己分析サイト
あなたの診断結果
あなたの診断結果
スポンサーリンク

『 診断結果の解説 』

(+)強み1

人を巻き込む

強み1のイメージ

あなたは、人を巻き込むことが得意です。何かをする際、多くの人に声をかけて味方になってもらうのが上手い人です。自分では対処が難しい問題にぶつかったとき、自分より上手く対応できる人の助けを借りて乗り越えることができます。会社で働く際には、ほとんどのことは一人で出来ません。チームで課題を解決するために、高い「巻き込み力」が求められます。面接では、他の人が自分で解決しようと詰まっていた問題を人を巻き込むことで解決できたエピソードを話せると高評価を得られるでしょう。巻き込み力は社会で需要のある大きな武器なので自信を持ってください。

(+)強み2

行動力

強み2のイメージ

あなたの強みは、行動力です。優柔不断ではなく即断即決で素早く行動できることが持ち味です。行動力は、フットワークの軽さが求められる営業やスピードが求められる経営者に必要な資質です。行動力が高い人は次々に行動するため失敗も多く経験しますが、その分早く経験が貯まって成功にも近づきます。失敗に対する精神的な耐性が求められますので、あまり失敗を気にしすぎないようにするのがコツです。また、石橋を叩いて渡るタイプの人と関わるときは、気をつけないと相性が悪くなりがちです。お互いの特性を理解した上で、「強み・弱みを補完しあう良い関係」であることを意識しましょう。尊敬の念が大事です。

(+)強み3

人脈作り

強み3のイメージ

あなたは、人脈を作る力に長けています。人と関わることが好きで、非常に社交的です。人見知りもしません。人が集まる場をセッティングしたり、人と人をつないだりすることが得意です。話が上手く場を明るくできるため、チームのムードメーカーとして期待されることでしょう。つながった人材とスムーズ仕事においては、経営者や営業に向いています。室内に籠ってコツコツと進めるタイプの仕事は性に合いませんので気を付けましょう。人脈作りでつながった人達とチームを組む機会も多くなりますので、リーダーシップ力を上げていくこともオススメです。

(-)弱み1

文章を書く

弱み1のイメージ

あなたは、文章を書くことが苦手です。書くことにストレスを感じるタイプで、読みやすい文章作りに四苦八苦しがちです。作家、ライター、編集者といった出版業界での仕事には向きません。また、メールや書類作成にも時間がかかりますので、仕事の大部分が文章を書くような仕事を選ぶと成果を上げることに苦労します。仕事選びの際は注意しましょう。しかし、わかりやすい文章を素早く書くスキルは、オフィスで働くような仕事であれば必ず必要になる汎用的なものです。読書などで質の高い文章をインプットをしつつ、文章を書くアウトプットを習慣化することで、少しづつ文章力は向上していきます。苦手を克服する意志のある人は、できるだけ若いうちから文章力アップに取り組みましょう。

(-)弱み2

デザインする

弱み2のイメージ

あなたは、デザインすることが苦手です。絵心がなく、手やコンピュータを使って上手く絵を描くことができません。デザイン系職種だけでなく、クリエイティビティが求められる仕事全般に向いていない傾向がありますので注意が必要です。デザイン系の仕事はスキルを持った上で志望して就くケースがほとんどですので、会社都合で無理に担当することになって結果が出ないというリスクは少ないでしょう。デザインが苦手でも他のことを強みにしていくことで十分社会で活躍できますので、デザイン力が弱みであることをあまり気にする必要はありません。他の強みを伸ばせるように努力していきましょう。

(-)弱み3

分析する

弱み3のイメージ

あなたは、分析することが苦手です。書籍やネットで情報収集したり、様々なデータを見て最適な解を見つけ出すことは不得意です。リサーチ、マーケティング、研究開発、エンジニアリングといった、分析が求められる仕事には合っていません。分析力が低い人は、思考力よりも行動力に強みがあります。時間をかけて分析していい決断を導くよりも、直感を活かした素早い判断が得意です。じっくり考えて物事を進めるタイプの仕事だと苦労しますので、直感やクリエイティビティが求められる仕事やコミュニケーションが得意であれば接客業などを目指すと良いでしょう。

スポンサーリンク

『 診断結果の活かし方 』

今後の活かし方の解説

仕事・職場選び

  • 診断でわかった強み・弱みのTOP3(合計6項目)が今の仕事・職場、もしくはこれから選ぼうとする仕事・職場に当てはまっているか確認する。
  • 強みが仕事で活かせそう、かつ弱みを避けられていそうであれば、その仕事・職場を条件に就活・転職活動する。
  • そうでない場合は、条件を満たせそうな仕事・職場を探し直す。※自分で探すのが難しい場合は、リストを見せて人に相談するのも効果的。

面接対策

  • 診断でわかった強み・弱みのTOP3(合計6項目)に対して、その項目から連想できる自分の過去のエピソードを思い起こす。エピソードはできるだけ長期に渡って自分が頑張った仕事や部活、アルバイト、その他の活動などを採用する。
  • その中で最も自分の強みとしてアピールできそうな項目やエピソードを1つピックアップする。
  • ピックアップした項目とエピソードを身近な人に話して、あなたの強みが良く伝わっているか、仕事で活躍できそうなイメージがわくかをチェックしてもらう。
  • 問題なければその内容を面接やESで利用する。
  • 問題があるようであれば、再度エピソードや強み弱みを選びなおす。
強み弱みを活かす方法

『 結果をシェアできます 』

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!
スポンサーリンク

『 その他の強み・弱みまとめ 』

(+)強み1

主体性

強み1のイメージ

あなたは、主体的に動ける人です。誰かからの指示がなくとも、すべきことを自分で考えて取り組むことができます。主体性は社会で最も評価される強みの一つと言っても過言ではありませんので、自分の強みに自信を持ってください。主体性を持つあなたは、どんな仕事でもある程度結果を残せるポテンシャルがあります。ただし、積極的に動きすぎて周りとの温度差が出たり、ぶつかって人間関係が悪くなる可能性もありますので、その点には十分注意が必要です。

(+)強み2

リーダーシップ

強み2のイメージ

あなたは、高いリーダーシップを持っています。皆を率先して引っ張る責任感が強みです。業界、職種問わずリーダーとして活躍できる適性があり、将来的に管理職・経営者になれる人材です。リーダーシップが高い人はチームを成功に導くために自発的に動ける人でもあります。リーダーシップと同時に自発的に動けること(主体性)をアピールできると面接でも高く評価されます。ただし、リーダーシップは他の人も強みに挙げることが多いため、エピソードが弱いと印象が薄れてしまいます。企業が評価したくなるエピソードと絡めたリーダーシップを話せるように、過去を整理しておきましょう。

(+)強み3

育成する

強み3のイメージ

あなたは、人を育成することが得意です。昔から部活やアルバイトで後輩の面倒見が良いと言われてきたのではないでしょうか?教育系の仕事への高い適性がありますが、教育系だけでなくどんな会社でも育成力の高さは重宝されます。強みを最大限活かせれば、上司として部下から多大なる信頼を得られるでしょう。就活や転職の際は、過去に所属していた会社・部活・アルバイトなどでの育成成功体験を話しましょう。面倒を見た人が結果を出せたことをしっかりアピールできれば、高い評価を得られるでしょう。

(+)強み4

調整力

強み4のイメージ

あなたの強みは、調整力です。スケジュールを調整したり、人と人との間に入ってコミュニケーションの食い違いを解きほぐしたりすることが得意です。調整力と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、社会では組織が大きければ大きいほど調整力が求められます。メンバーの間を取り持って上手くプロジェクトを成功に導ける調整力の高い人は非常に重宝されます。将来的に管理職を務めたときでも調整力は必要になりますので、自身の強みに自信を持ってください。バラバラだったチームがあなたの調整によって上手く回るようになったエピソードがあれば、それを面接でのアピールポイントにすると良いでしょう。

(+)強み5

体力

強み5のイメージ

あなたの強みは、体力があることです。長時間労働や外出仕事が続いても、体調を崩さないタフさがあります。体力があると、選べる仕事の幅が広がります。興味があっても忙しくて身体が持たない仕事はたくさんあります。特にそういった体力的なタフさが求められる業界や職種では、単純に体力があることをアピールするだけでも相手に安心感を与えることができます。くれぐれも無理は禁物ですが、安定的に心身を崩すことなく働けることも立派な強みだと心得ておきましょう。

(+)強み6

継続力

強み6のイメージ

あなたは、継続することが得意です。一度決めたことを最後までやり通せる強い気持ちの持ち主です。最初は全く想像もつかない高い目標でも、コツコツ継続することで少しづつ目標に近づき達成することができます。総合職よりも専門職向きの性格です。継続する力は科学的にも仕事で結果を出すための秘訣だということがわかっているので、是非自分の強みに自信を持ってください。ただし、間違った方向の努力を続けてしまって、結果が一向にでない事態に陥るリスクもあります。今の自分の努力は正しい方向性なのか、定期的に自身で見つめなおしたり身近な人に相談したりすると良いでしょう。

(+)強み7

人を説得する

強み7のイメージ

あなたは、人を説得することに向いています。話し上手で相手を納得させる提案ができるため、経営・営業・コンサルタントといった説得力がモノを言う職業の資質があります。優柔不断で答えを出せない人からの相談を、上手く解決することも得意です。仕事においては頼りがいのある存在です。その反面、相手とぶつかったり言葉でねじ伏せて論破してしまったりなど、口が災いとなって人間関係が悪化する危険性もあります。自分の説得力が武器でもありトラブルの原因でもあることを自覚するようにしましょう。

(+)強み8

器用にこなす

強み8のイメージ

あなたは、器用に何でもこなせる人です。要領良くスピーディーに物事をマスターする力を持っています。もしかしたら自分を器用貧乏で強みのない人だと思っているかもしれませんが、器用さや要領の良さは環境への適応能力の高さであり、企業からも高く評価されます。専門職より総合職で活躍できる資質の持ち主です。器用がゆえに得意不得意が明確でないため、やりたいことが見つからない悩みを抱えがちです。新卒や若手のうちはたくさんの仕事を経験して、20代後半~30代前半になったら自分の専門分野に絞るのも悪くありません。焦らず自分のオリジナルなキャリアを築けるよう、フットワーク軽く多様な仕事を経験していきましょう。

(+)強み9

ホスピタリティ

強み9のイメージ

あなたの強みは、ホスピタリティです。おもてなし精神にあふれ、自分がしたことで相手が喜んでいるのを見るのが大きな喜びです。細かいところに気がつく気遣いの人でもあります。人を助ける医療系や介護系の仕事への適性はもちろんのこと、旅行・ホテル・飲食などのサービス業全般に向いています。また、裏方志向であれば企業のバックオフィス系職種(事務、総務、人事など)への適性もあります。人に喜ばれることをさりげなくできる人は、特に日本企業で好まれます。自分がホスピタリティの高い人間であることをアピールできるエピソードをしっかりまとめて面接に臨むようにしましょう。

(+)強み10

計画性

強み10のイメージ

あなたは、計画することが得意です。何か大きなことに取り組む前には、必ずしっかりとした計画表を作るのではないでしょうか?思いつきで行き当たりばったりの行動をすることは、滅多にありません。綿密な計画を立てることで、地道に物事を進めていくことが好きです。仕事においては、進行管理が必要な仕事全般、管理職などへの適性があります。注意点としては、立てた計画の実行に固執しすぎることです。状況が変わったときには、計画を臨機応変に変更する柔軟性が求められることが多々あります。計画性の高さという強みが弱みにならないよう気を付けましょう。

(+)強み11

話を聞く

強み11のイメージ

あなたは、人の話を聞くことが得意です。周りから「聞き上手」と言われたこともあるのではないでしょうか?人の話を聞けることは、仕事でのコミュニケーションにおいても非常に重要です。自分の話を聞いてもらえたと感じた相手は、あなたに好感を持ちます。聞き上手な人は組織の人間関係を円滑にしてくれる貴重な人材ですので、就活/転職の面接でも積極的にアピールしましょう。職業としては、カウンセラーやコンサルタントなどの資質があります。なお、社会で聞き上手をより活かすためには、話の説得力も身に着けることがオススメです。聞いたあとに納得のできる提案をできれば、鬼に金棒と言っても過言ではありません。

(+)強み12

整理整頓

強み12のイメージ

あなたは、物事を整理整頓することが得意です。バラバラに散らばったモノや情報を取りまとめて、みんなが納得できる形に落とし込むことができます。会議では、積極的にアイデアを出す発散タイプではなく、出たアイデアをまとめて整理する収束タイプです。仕事においては、新規事業の企画などを担当するより、企画の実現やサポートの役割に向いています。猪突猛進型のリーダーを上手く助けたり、既存事業の改善を担当したり、収拾がつかなくなったプロジェクトを整理して皆を動きやすくしたりといったシチュエーションで活躍できるでしょう。

(+)強み13

問題解決力

強み13のイメージ

あなたの強みは、高い問題解決力です。難しい課題に対して、最適な解を考える事に長けています。企業は問題解決力の高い人材を求めていますので、面接で上手くアピールできれば高評価を得られるでしょう。問題解決ができる人は、どんな職業だとしても結果を出すことができます。特に社会人経験が長くなると昇進する機会があるかと思いますが、問題解決力が高くなければ部下が納得する指示を出すことができません。社会で生涯役に立つ武器として、あなたの問題解決力を大切に育てていきましょう。

(+)強み14

企画する

強み14のイメージ

あなたは、企画することが得意な人です。新しいアイデアを考えることが好きで、各業界でのプランナー職全般、新規事業担当、広告業界での仕事などに向いています。物事を論理的に詰めていくより、直感的な発想力に強みがあります。すでに実現している物事を細かく改善する事は、あまり得意ではありません。強みを最大限活かすには、新しいモノを生み出すことに専念できるポジションに就くことです。あなたが出したアイデアの実現をサポートしてくれる良き理解者やチームに恵まれることでより一層輝くことができます。仕事内容だけでなく、一緒に働く人もよく見極めるようにしましょう。

(+)強み15

効率化思考

強み15のイメージ

あなたの強みは、効率化思考です。非効率な仕事やルールを見ると、効率化したくなります。効率化思考の人は、同時に面倒くさがりの人でもあります。数字やパズルなどが好きな人は、プログラマの適性があります。経営コンサルタントや工場の管理職など、効率化や仕組み化を求められる仕事にも向いています。職場としては、古い体質の企業には向かない傾向にあります。しがらみの少ない新しい業界を探すのがオススメです。面接では、実際に自分が今までの人生で行ってきた効率化の中で、自分以外の多くの人が楽になったエピソードを話せると良いでしょう。あなたの効率化によって、多くの人の生産性が上がったことが重要なのです。

(+)強み16

分析する

強み16のイメージ

あなたの強みは、高い分析力です。書籍やネットなどで情報収集すること、様々なデータを見て最適な解を見つけ出すことに長けています。リサーチ、マーケティング、研究開発、エンジニアリングといった、分析が求められる仕事に向いています。分析力が高い人は、行動力よりも思考力に強みがあります。直感を活かした素早い判断よりも、時間をかけて良い決断を導くことが得意です。直感やスピードが重要視される仕事を選ぶと合わない可能性があるので、仕事を選ぶ前に自分の分析力が活かせそうか考えるようにしましょう。

(+)強み17

デザインする

強み17のイメージ

あなたは、デザインすることが得意です。手やコンピュータを使って、上手く絵を描くことができます。デザイナー職全般の適性があります。デザインを仕事にする場合、自分の思い通りにデザインしたい人はアーティスト、人の要求に答えるデザインでもOKという人は企業のデザイナー職を選ぶと良いでしょう。デザイナーとして活躍するためには、依頼主の要望をしっかりと聞き、それを実現するデザインをする必要があります。活躍するために「デザインの基礎知識」「要望をしっかりと聞くヒアリング能力」「最新のデザイントレンド」などを身に着けるよう努力しましょう。

(+)強み18

文章を書く

強み18のイメージ

あなたには、文章を上手く書く力があります。文章を書くことにストレスや抵抗がなく、他の人の何倍もの速さで読みやすい文章を書くことができます。作家、ライター、編集者といった出版業界での仕事に適性があります。また、出版業界でなくとも、仕事の中でライティングスキルが求められるシチュエーション全般で活躍することができるでしょう。わかりやすく読みやすい文章を書くスキルは、ビジネスパーソンにとって必須とも言えます。文章力という強みを自分の仕事の中でどう活かせそうか意識して、より活躍できそうな仕事にフォーカスするよう努めていきましょう。

(-)弱み1

効率化思考

弱み1のイメージ

あなたは、効率化思考が得意ではありません。非効率な仕事やルールがあっても、あまり疑わずにそういうものだと従ってしまう性格です。効率化を追求する仕事(経営コンサルタント、工場の管理職、プログラマなど)は向いていません。古い慣習やルールにストレスを感じないのであれば、そういったルールの多い歴史ある企業や公務員として働くことも特に問題ありません。自分が選ぼうとしてる職業や会社が、効率化・スピード・論理的思考などを重視する環境だと辛くなる可能性があります。選ぶ前に必ず自分に合った環境かどうか細かく確認するようにしましょう。

(-)弱み2

企画する

弱み2のイメージ

あなたは、企画することが苦手です。新しいアイデアを考える発想力に乏しく、プランナー職、新規事業の責任者、広告業界の仕事などでは苦労する可能性があります。直感的な発想力より、現実的または論理的に物事を捉える力に長けています。攻めよりは守りのタイプで、誰かが考えたアイデアを実直に遂行して実現することに向いています。あなたが活躍する秘訣は、企画力の高いアイデアマンとタッグを組むことです。発想力に長けた人は大体の場合において飽き性であったり細かい仕事が苦手です。そういった人を上手くサポートすることで、チームとしてプロジェクトを成功に導くことができます。職場選びの際は、そういうサポートポジションになれそうかどうかを考えるのも良いでしょう。

(-)弱み3

問題解決力

弱み3のイメージ

あなたは、問題解決することが得意ではありません。難しい課題に対して、頭を使って解決策を考えることに向いていません。誰かが提示してくれた解決策に従って仕事を進めるほうが楽だと感じているのではないでしょうか?高い問題解決力が求められるコンサルタント、企業の管理力、経営者といった仕事では苦労するでしょう。問題解決力は、企業においてどのような職業であっても要求されるベーシックな社会人スキルです。問題解決が苦手だとしても、あまり問題解決力の低さを弱みとして面接に挙げることはプラスに働きません。他の弱みを挙げることをオススメします。

(-)弱み4

整理整頓

弱み4のイメージ

あなたは、物事を整理整頓することが苦手です。部屋やパソコンのデスクトップが散らかっていても、あまり気にならないのではないでしょうか?会議では、出たアイデアをまとめて整理する収束タイプというよりは、積極的にアイデアを出す発散タイプです。仕事においては、他の人が出した企画の実現サポートを担当するより、新規事業の企画などに向いています。発想力勝負でプランナーを務めたり、みんなのリーダー役を担ったりすることで活躍できる可能性があります。既存事業で改善を担当したり、収拾がつかなくなったプロジェクトを整理することには向かないので注意しましょう。

(-)弱み5

話を聞く

弱み5のイメージ

あなたは、人の話を聞くことが苦手です。人の話に対する興味が薄く、つい自分の話ばかりしてしまっていないでしょうか?コンサルタントやカウンセラーのように話を聞くことが重要な職業には、あまり向いていないと言えます。あなたが選ぼうとしている職業も実は話を丁寧に聞くことが求められる職業である可能性がありますので、職業選びの際にしっかり調べるようにしましょう。また、会社で働く際に話を聞くことができないと、仕事をスムーズに進めたり良好な人間関係を築くことが難しくなる場合があります。できるだけ聞く姿勢を意識して、ある一定のレベルまでは聞くことができる人になるよう努めましょう。

(-)弱み6

計画性

弱み6のイメージ

あなたは、計画を立てることが得意ではありません。計画性がなく、行き当たりばったりでコロコロやることを変える傾向があります。よく言えば柔軟性があるのですが、悪く言えば忍耐力が低い一貫性に欠ける性格と言えます。地道に物事を進めるよりは、一瞬の閃きや発想に強みがあります。進行管理や管理職として全体を統括するより、アイデアマンとしてチームに貢献するほうが向いています。計画性がない人はチームの輪を乱すという印象も持たれがちですので、計画性はなくとも自分なりに工夫してチームメンバーと上手く協調できてきた点は忘れずにアピールしましょう。

(-)弱み7

ホスピタリティ

弱み7のイメージ

あなたの弱みは、ホスピタリティが低い事です。人をもてなすことや助けることに関心が薄く、他人よりも自分の時間を大事にする傾向があります。細かいところに気が付かないため、気遣いのない人だと思われてしまうこともあります。人を助ける医療系や介護系の仕事や旅行・ホテル・飲食などのサービス業全般は向いていませんので避けた方が良いでしょう。他者をサポートすることへの適性が低い分、自分一人で成果を上げられるタイプの仕事が合っています。

(-)弱み8

器用にこなす

弱み8のイメージ

あなたは、不器用な人です。何か新しいことを始めたとき、それができるようになるまで人並み以上に時間がかかります。要領良く進めることが苦手で、できないことが多いことにコンプレックスを感じているかもしれません。不器用な人はできるだけ早く強みを見つけて、そこに特化したキャリアを築くことをオススメします。他の人が多くの仕事をしているときに一つの能力を磨き続けることで、周りに引けを取らない成果を上げることができます。多様な仕事を経験する総合職よりも、一つのことを突き詰める専門職を目指したが方が評価されるキャリアを歩めるでしょう。

(-)弱み9

人を説得する

弱み9のイメージ

あなたは、人を説得することが苦手です。論理的に話を展開することができない、押しが弱い、喋ること自体苦手、など原因は人によって多岐に渡ります。経営・営業・コンサルタントといった説得力が重要な仕事は向かない傾向にありますので、避けた方が無難です。もし自分で協調性が高い人間だと感じるのであれば、説得より聞き上手になることを強みとして伸ばしていきましょう。あまり協調性に自信がない場合は、コミュニケーションよりも一人で物事を進められる職人やクリエイターの道を目指すのも良い選択肢と言えます。

(-)弱み10

継続力

弱み10のイメージ

あなたは、コツコツと継続することが得意ではありません。一度決めたことを途中でやめてしまいがちです。地道に長期間物事を続けることに向いていないため、結果が出るまでに時間がかかる仕事は避けた方が無難です。できるだけ結果が素早く出るタイプの仕事を選んだり、定期的に新しいチャレンジができる環境を選びましょう。ただし、科学的にも仕事で結果を出すための秘訣だということがわかっているので、できるだけ改善できるよう努力することをオススメします。やることを習慣化して継続する仕組みを作るなど、飽き性なりの工夫をしながら改善すれば無理なく継続力を上げることができます。

(-)弱み11

体力

弱み11のイメージ

あなたの弱みは、体力がない事です。長時間労働や外出仕事など身体に負担の大きい時間が続くと、すぐに体調を崩します。興味があっても忙しくて身体が持たない可能性のある仕事は避けた方が無難です。やりがいも大事だと思いますが、心身の調子を崩しては元も子もありません。まずは自分の体力に合う範囲内で仕事・会社を探すことをオススメします。自分が選ぼうとしている環境が、納期、締め切り、ノルマ、精神的ストレスにおいて問題なさそうかをしっかりチェックしましょう。

(-)弱み12

調整力

弱み12のイメージ

あなたは、調整することが苦手です。スケジュールを調整したり、人と人との間に入ってコミュニケーションの食い違いを解きほぐしたりすることを上手くやれない、もしくはやりたくないと考えています。調整力と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、社会では組織が大きければ大きいほど調整力が求められます。メンバーの間を取り持って上手くプロジェクトを成功に導ける調整力の高い人は非常に重宝されます。調整が自分に向かないと感じるのであれば、プロジェクトの管理がメインではない仕事を専門としましょう。

(-)弱み13

育成する

弱み13のイメージ

あなたは、人を育成することが得意ではありません。部活やアルバイトなどでも、できれば後輩の面倒を見たくないと思っていたかもしれません。教育系の仕事はもちろんのこと、会社で働く上でも後輩の教育係、リーダー職、管理職といった役割は上手く務められない可能性があります。チームで働くことが求められる仕事では、年長者になるにつれて育成が求められます。個人で独立して育成から離れるといったキャリアを選ぶこともできますが、企業で働きながら年収を上げていきたい場合はある程度の育成力が必須になってきます。早いうちから自分に合った育成方法を身に着けることをオススメします。

(-)弱み14

リーダーシップ

弱み14のイメージ

あなたは、リーダーシップを発揮することが苦手です。皆を引っ張るよりは、リーダーのあとについていく方が楽だと考えるタイプです。管理職や経営者のようなリーダーシップが求められる仕事は向きません。面接などでリーダーシップの低さを弱みとして挙げてしてしまうと、自主的に動けない人だと思われてしまう可能性があります。企業としては自主的に動ける人、つまり主体性の高い人を求めていますので、リーダーシップは高くないけども主体的には動けることをきちんとアピールするようにしましょう。

(-)弱み15

主体性

弱み15のイメージ

あなたは、主体的に動くことが得意ではありません。自ら考えて行動するより、誰かに指示してもらって動くほうが楽だと考える性格です。社会・企業では主体性の低い指示待ち人材より積極的に仕事にトライする人材が求められるケースが多く、主体性を弱みとして挙げることで就活・転職において不利になる可能性も否定できません。あまり無理しすぎて主体的な行動を取る必要はありませんが、社会で評価されるためには主体性の低さを改善する意識を持つことをオススメします。

(-)弱み16

人脈作り

弱み16のイメージ

あなたは人脈作りが苦手です。外に出て人と交流するより、自宅や会社に籠って一人の集中した時間を過ごすことを好みます。人見知りの傾向もあります。自らイベントや交流の場を設けたり、人と人をつなぐことは性に合いません。積極的に新規開拓するような営業、人とのつながりが重要になるような事業を運営する会社経営者といった仕事は向かない傾向にあります。多くの人と関わることをストレスに感じがちなので、少数の信頼できる人と濃い人間関係を過ごす方向で人生を考えると良いでしょう。

(-)弱み17

行動力

弱み17のイメージ

あなたの弱みは、行動力がないことです。即決することが苦手で、何事にも優柔不断になってしまいます。行動力やスピードが求められる営業や経営者には向かない気質です。じっくり考えたりモノを作ったりする仕事で、自分に合う仕事を探しましょう。行動する前に考えるため失敗の経験は少なくなりますが、新しい気づきを得るスピードが遅いため、長期的に見たときに機会損失することが多々あります。行動力が高くて検討に時間をかけない人と仕事をするとお互いストレスを抱えることになる可能性があります。お互いの良いところを尊敬しつつ「強み・弱みを補完しあう良い関係」であることを意識しましょう。

(-)弱み18

人を巻き込む

弱み18のイメージ

あなたは、人を巻き込むことが苦手です。何をするにも一人で解決しようとするタイプです。人に頼みごとをするのが苦手であったり、自分一人で器用にこなせてしまうので人に頼む必要がない、など巻き込み力が苦手な理由は多岐に渡ります。社会ではチームで仕事をする機会が多く、難易度の高い問題を解決するためには多くの人が必要だったり各分野のプロフェッショナルでないと対応できない場合が多々あります。そういった状況を打破するためには巻き込み力が必要になるため、企業では巻き込み力の高い人を求めています。これから巻き込み力を身に着けるのか、それとも独力で解決できるようスキルアップしていくのか、自分に合ったやり方を模索してみましょう。

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。