理想の就活/転職のための
自己分析サイト

証券業界

証券業界とは金融業のひとつです。元々は株式や債券の売買時に発行する証明書を証券と呼び、それらを扱う会社が証券会社として様々な投資方法を開発し運営していました。刻一刻と変わる為替の動きの影響を受けやすく、その動向が活発であるか鎮静であるかによって世界情勢の動きさえ予測し、未来の経済の動向を伺うことができます。

証券業界の職種適性診断一覧(全4種)

証券業界に向いている人の特徴

  • 知的好奇心が強くバイタリティのある人
  • 環境の変化に対して臨機応変に対応できる人
  • 体力に自信があり体調管理が優れている人
  • 人に好かれやすい愛嬌がある人
  • プレッシャーに強く打たれ強い人

証券業界に向いていない人の特徴

  • 感受性が強く繊細で傷つきやすい人
  • 自分から行動できない受け身の人
  • 相手側を思うあまり情に流されやすい人
  • 競争心や上昇志向が弱い人
  • 何事にもルーズで几帳面じゃない人
スポンサーリンク

証券業界の今後の見通し

日本の証券業界はバブル時代で頂点を極めた後にバブルが弾けると同時に転がるように下がり続け、リーマンショックや東日本大震災の影響で長らく低迷が続いていました。

証券会社の利益のメインであった株式の売買手数料の落ち込みもあり廃業に追い込まれるケースもありましたが、NISA(少額投資非課税制度)の登場で個人投資家の動きが活発になり景気も緩やかな回復を見せました。

2020年から2021年にかけては、コロナ禍の影響でアメリカが舵を切ったのが大幅な金融緩和です。

これにより米国株高のコロナバブルが起き業績を大きく伸ばしましたが、2022年にはインフレの懸念から一転して金融の引き締めに動いた各国の中央銀行により株価も下落の傾向にあります。

さらに円高が進む中、証券業界を取り巻く状況は依然として厳しい状態が続いています。

証券業界の課題

日本における証券業界の課題は、少子高齢化が改善されていないことです。

大手と呼ばれる証券会社の多くは対面による営業を基本としており顧客を獲得してきましたが、当時の顧客の高齢化が進むことで判断力が鈍るなど投資の動向も伺うことも難しくなりました。

預かり資産も大きく占めるのが高齢者のため、売買頻度の低迷につながり収益の悪化を招く恐れがあります。

他にも、日本人はあまり投資に積極的ではありません。

興味がない訳ではないのに売買を難しく捉えたり損失を恐れる傾向にあるため、なかなか若者への浸透が鈍いです。

課題を解決するために各社では、多様なニーズに応えられるような取り組みを行っています。

対話できることで少しでも安心感を得られるように、高齢者向けの専門の担当者を店舗に配置したり、若者や初心者向けにアプリやポイントを使って気軽に投資参加がしやすいように工夫しています。

特に投資の初心者の需要を増やせるように企業努力を続けていくことで、新たな需要喚起に繋がります。

証券業界の代表的な会社

大和証券

老舗の大手株式会社のひとつで日本や世界に支店をもつグローバルネットワークを構築、オンライントレードの先駆け

野村證券

大和証券に次いで歴史のある大手証券会社であり、国内最大の顧客資産高数を誇る

SBI証券

株の取り扱いが豊富でツールが使いやすく、ネット証券としては国内株式個人取引シェアが大きい

楽天証券

手数料が安く業界大手のネット証券であり、ポイント利用もできる

松井証券

顧客サポートが手厚く、老舗ながらネットに力を入れている初心者向けの証券会社

LINE証券

LINEグループが参入したネット証券で、ポイント投資もできる

スポンサーリンク
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る