理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

電機業界

電機業界は家電業界や半導体業界、重電業界など様々な業界から成り立っている事から、とても幅の広い業界です。日常生活の中で電機を使用した商品やサービスは数多あるため、家電業界は世の中にとって必要不可欠な業界とも言えるでしょう。海外に生産拠点を設けている企業も多く、海外市場に積極的に進出している業界でもあります。

電機業界の職種適性診断一覧(全2種)

電機業界に向いている人の特徴

  • コミュニケーションを積極的に取れる人
  • 向上心や好奇心があり常に勉強熱心な人
  • チームの一員として力を発揮できる人
  • 物作りに対し興味があり喜びを感じられる人
  • 生活をもっと便利にしたいと思っている人

電機業界に向いていない人の特徴

  • 物作り自体に興味・関心が湧かない人
  • 計画性をもって行動する事が得意ではない人
  • 好奇心が薄く流行やトレンドに鈍感な人
  • チームワークよりも個人を優先する人
  • 転勤や異動、出向に対して抵抗を感じる人
スポンサーリンク

電機業界の今後の見通し

電機業界には、ハイスペックな製品の生産に取り組んでさえいれば良いという雰囲気もあったと言えます。

しかし、将来的にそれだけでは利益を生み出す事はできないと感じている電機業界の企業も少なくありません。

例えば海外市場においては、日本製品をそのまま輸出するのではなく、その国や地域の環境や文化に応じて製品開発を行い、販売をしていく傾向が今後強まるとの見方があります。

また技術の進歩が著しいモノのインターネットとも呼ばれているIoTやAIといった技術の導入も電機業界にとっては重要なポイントになると言われています。

そのため、電化製品とIT技術を組合わせる動きはより活発化され、IT業界と深く関わってくる電機業界の企業も増えていくのではないかとも予想されています。

電機業界の課題

電機業界では日本のメーカーが開発・生産した品質の良い製品は海外でも需要が高く、主な収入源となっていた時期もありました。

しかし、欧米などの不況による消費の落ち込みや中国などアジアのメーカーの台頭によって競争が激しさを増し、海外市場での伸び悩みが顕著に表れてきています。

そのため、電機業界としては海外市場でどのような方法で業績を改善できるかが、課題の一つと言えるでしょう。

一方、クラウド技術の普及、そして世界規模でエコや省エネを推奨する動きが強まっています。

そのような背景もあり、日本でもペーパーレス化に取り組む企業が増えており、コピー機などのOA機器の需要が低下しているため、電機業界にも少なからず負の影響を及ぼしています。

このような急速に進んでいるペーパーレス化にどう対応していくかという事も、電機業界に突き付けられた課題と言えます。

電機業界の代表的な会社

パナソニック

数多くの家電製品や照明器具をはじめ、航空分野で使用される機器の開発・製造などあらゆる電機関連の事業を展開している企業です。

日立製作所

家電事業だけでなく、交通システムやビルシステムといった事業も行っている電機メーカーです。

キャノン

カメラ事業を中心に、映像や医療に関する機器など精密機器の開発・製造も行っている企業です。

三菱電機

自動車や鉄道、エレベーターなど日常生活に必要不可欠と言える電気事業を展開している電機メーカーです。

ソニー

テレビやオーディオ・ゲーム機器などを主に扱っており、映像や音楽といったエンターテインメント分野にも参入している企業です。

スポンサーリンク
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

今の仕事やキャリアに悩んでいますか?
プロに相談しながら転職したい人に

やりたい事や向いている事がわからない、転職すべきか悩んでいる、一人での転職に不安がある、といった人はプロの転職エージェントに相談してみましょう。

キャリアの相談に乗ってもらいつつ、自分のより良いキャリアを模索するのがオススメです。

ここでは、ユーザアンケートで評判の良かった転職エージェントサービスを3つご紹介します。

どのサービスも無料で利用できますので、どこにすべきか迷う人は複数登録してみて比較するのも手です。

  • 1位 doda
    転職者満足度1位の転職サービスで、求人数も業界2位を誇ります。初めてでわからない人にも安心です。
  • 2位 マイナビエージェント
    非公開求人が多く、特に20代〜30代の若手向け求人が充実しています。企業の人事や採用担当との太いパイプが強みです。第二新卒の転職にも定評があります。
  • 3位 リクルートエージェント
    業界最大手で転職支援実績No.1です。20万件以上の非公開求人があります。登録すると無料で参加できる「面接力向上セミナー」も好評です。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィル
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。

無料で自己分析ができる
おすすめ就活サービスは?

あなたのが就活生の場合は、自己分析診断ツールに定評のある就活サイトの利用がオススメです。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

  • OfferBox
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

プロに相談しながら
就活を進めたい人は?

自己分析がある程度できている、もしくはプロのエージェントに相談しながら自己理解を深めたい、という人はエージェントサービスの利用がオススメです。

  • キャリアチケット
    年間1万人以上の就活生の相談に乗っている実績があります。自己分析、ES添削、面接対策を相談したい場合におすすめです。
  • JobSpring
    手厚いカウンセリングを行って、マッチする企業の紹介と内定までのサポートを行ってくれます。紹介社数は平均3~4社で、本当に合った企業のみ紹介してくれるのが特徴です。
  • レバテックルーキー
    【エンジニア就活】年間3000以上の企業を訪問して蓄積したノウハウで、エンジニアの就職を徹底サポートしてくれます。

おすすめコンテンツ