理想の就活/転職のための
自己分析サイト

塾業界

塾業界とは、学習塾の運営に関わる業界を言います。塾業界で働く職業には塾講師などが挙げられます。塾講師は、子供一人ひとりの学習状況を把握して目標を実現できるようにスケジュールを立てて指導を行ったり、学校のテスト対策を立てたりします。学習塾だけでなく教材の制作や販売などを含めて教育業界と括られることも多いです。

塾業界の職種適性診断一覧(全2種)

塾業界に向いている人の特徴

  • 子供と接するのが好きな人
  • 人に勉強を教えるのが得意な人
  • プレゼンテーションを行うのが得意な人
  • 自分の知識や勉強に自信がある人
  • 自分独自の解き方を考えるのが好きな人

塾業界に向いていない人の特徴

  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手な人
  • 思い通りに物事が進まないのが嫌な人
  • 勉強で公式を丸暗記してしまいがちな人
  • スケジュール管理が苦手な人
  • プレッシャーに弱い人
スポンサーリンク

塾業界の今後の見通し

少子高齢化ではあるものの、塾業界の売上は上昇傾向にあります。

これに関しては、コロナ禍で学校の授業が遅れたことで、受験に向けて遅れている分を塾で取り戻している傾向があることが考えられます。

また、塾業界の売上が上昇しているもう一つの理由として、子供ひとりあたりの教育費が上昇していることが挙げられます。

これは、受験に向けて集団授業だけでなく、個別指導形式の塾の需要が高まっているためです。

個別指導塾は客単価が高くなりやすく、それ故に少子高齢化で不景気という状況でも高い売上を確保しています。

また、昔は塾に通うのは義務教育が終わる高校からという考えの人も多くいました。

ただ、現代では都市部のお受験戦争の激化もあり、幼稚園・小学校受験に対応したお受験塾の需要が高くなっています。

塾業界の課題

大都市圏においては保護者の高学歴化が進み、それに伴って高校受験・大学受験だけでなく子供の小学校・中学校のお受験も激化しています。

そのため、塾講師に対しては人気の高い学校それぞれの傾向を把握し、学校ごとに細かい対策が求められるようになっています。

また、少子高齢化が進んだことで塾業界は顧客である子供の取り合いも激化しています。

そのため、塾独自のマーケティングが求められており、塾講師ひとりひとりに対しても教え方だけでなくキャラクター性も求められるようになっています。

それだけでなく、大人のキャリアアップのため大学・大学院に再入学をするケースが増えたり、データサイエンスの普及などにより、数学や英語をはじめ、子供だけでなく大人まで対象を広げている塾も増えています。

塾業界の代表的な会社

株式会社ナガセ

中学生・高校生・浪人生を対象とした学習塾東進ハイスクール、東進ハイスクールの講義をライブ配信形式で受けられる東進衛星予備校の運営

株式会社栄光

小学生〜高校生を対象とした学習塾栄光ゼミナール、大学受験に特化した大学受験ナビオ、個別指導ビザビの運営

株式会社日本入試センター

小学生・中学生を対象とした難関中学・高校受験対策専門塾SAPIXの運営

株式会社臨海

小学生〜高校生を対象とした学習塾臨海セミナー、関東地方に展開する個別指導塾臨海セレクトの運営

株式会社秀英予備校

小学生〜高校生を対象とした学習塾秀英予備校の運営

スポンサーリンク
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る