理想の就活/転職のための
自己分析サイト
あなたの診断結果
あなたの診断結果
スポンサーリンク

『 診断結果の解説 』

(+)長所1

コミュニケーション力

長所1のイメージ

コミュニケーション力はあなたの大きな長所です。コミュニケーション力は社会人に求められる資質No.1だと言っても過言ではないでしょう。会社でのコミュニケーションは喋りが得意であることだけを言うわけではなく、聞く力や調整力、説明の上手さなど多岐に渡ります。人を説得したり性格の明るさをアピールするだけではなく、組織の中で自分のコミュニケーションの取り方が発揮されて組織を円滑に回せる、という点が伝わることが重要です。もちろん営業を目指すのであれば話の上手さをアピールすればOKですが、そうでなければ自分が志望している会社や職業にあったコミュニケーションに合わせたアピールを意識しましょう。

(+)長所2

ポジティブ思考

長所2のイメージ

あなたの長所のひとつは、ポジティブ思考です。悪いことが起こってもポジティブに捉えられるので、精神的に安定した状態で仕事を続けることができます。仕事では思いもよらぬ困難やストレスが多く降りかかる可能性がありますが、あなたの持ち味であるポジティブシンキングはそういった状況を打開できる可能性があります。面接では、仕事や人間関係を前向きにとらえて周囲にも良い影響を及ぼせる点などをアピールポイントとしましょう。

(+)長所3

責任感がある

長所3のイメージ

高い責任感を持っていることが、あなたの長所です。責任感はどんな仕事をする際にも必要であり、企業からは必ず歓迎されるポイントです。与えられた仕事や役割をしっかりと最後までやり切れる人材であることをアピールできれば、面接でも高い評価を得られるでしょう。エピソードとしては、他の人であれば逃げ出したくなる大変なシチュエーションなのに逃げずに最後までやり遂げた、といったレベルのものがあればベストですので、自分の過去をしっかり掘り起こしてみましょう。

(-)短所1

楽観的

短所1のイメージ

楽観的すぎる点があなたの短所です。トラブルが起きる予感を察知する能力に欠けていたり、仕事に対して見通しの甘さを発揮してしまう可能性があります。楽観的すぎる点を短所として言う場合は、ポジティブ思考であるというニュアンスが伝わるようにしましょう。やってみなければわからないことを率先して行ってみて、ダメだったらしっかり反省して次につなげられるという、チームを前に進められる存在であることをアピールしましょう。楽観的過ぎて失敗したエピソードを言う際も、同じ失敗を繰り返さない人間であることをセットで伝えることが大切です。

(-)短所2

断れない

短所2のイメージ

人から頼まれると断れない性分があなたの短所です。自分が忙しかったり気が載らないのに安請け合いしてしまって後悔することも少なくないのではないでしょうか?断れない性分であることは、他者からみると悪いわけではありません。頼み事を常に受けてくれる協力的な人だからです。仕事において断れない性格が悪い方向にいくのは、自分の仕事が適切な分量を超えてしまっているのに頼みごとを引き受けてしまって結果大事な仕事が遅れる、などです。断れない性格が自己管理力の欠如、と取られないような話し方をするよう注意しましょう。

(-)短所3

飽き性

短所3のイメージ

飽き性があなたの短所です。飽き性である短所を率直に伝えすぎると、責任を放棄する人と受け止められてしまう可能性もあります。飽き性ではあるけども、様々な工夫をして同じ仕事を長期でも続けられる人間であることはしっかり伝えておきたいところです。飽き性でも新しいチャレンジや好奇心の旺盛な部分を合わせて持っている場合は、そこもセットで話をすると良いでしょう。なお、飽き性な性格で物事をすぐに投げ出してしまう人は仕事で結果を残しづらいとのキャリア研究結果もあります。できるだけ結果が出るまでは続ける、という意識を持って働きましょう。

スポンサーリンク

『 診断結果の活かし方 』

今後の活かし方の解説
  • 診断でわかった長所・短所のTOP3(合計6項目)に対して、その言葉から連想できる自分の過去のエピソードを思い起こす。エピソードはできるだけ長期に渡って自分が頑張った仕事や部活、アルバイト、その他の活動などを採用する。
  • そのエピソードの中で最も他者に話して納得してもらえそうなものを一つ選び、自分の長所、短所とする。
  • 決定した長所・短所のエピソードに肉付けをして、面接やESに使える内容にブラッシュアップする。
  • 仕上がった内容を第三者に見てもらって、インパクトがあるかチェックする。ない場合は修正する。
  • 完成した最終版を実際に面接やESで利用する。
長所短所を活かす方法

『 結果をシェアできます 』

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!
スポンサーリンク

『 その他の長所・短所まとめ 』

(+)長所1

メンタルが強い

長所1のイメージ

あなたの長所は、メンタルが強いことです。メンタルが弱い人は、仕事においても負荷がかかる状況が続くと離脱してしまう可能性も高く、安心して仕事を任せられないケースもあります。しかし、あなたのような強いメンタルの持ち主であれば安心して仕事を任せられますので、企業としてもありがたい存在となりえます。困難な状況でもへこたれずに前向きに進める人材である、というアピールの証明になるようなエピソードを用意して面接に臨みましょう。

(+)長所2

主体性がある

長所2のイメージ

何事にも主体的に取り組めるのがあなたの長所です。主体性という言葉自体社会人経験が多くなければピンと来ないかもしれませんが、主体性は多くの企業が社員に求める重要な指標です。多くの企業では指示待ち人間ではなく積極的に仕事を生み出す人間を求めています。あなたが考えている以上に主体性は評価されるポイントなのです。あなたの長所である主体性を説得力のあるエピソードとともに話すことができれば、面接でも高い評価を得られるでしょう。

(+)長所3

リーダーシップ

長所3のイメージ

高いリーダーシップがあなたの長所です。いつの時代もどんな環境でもリーダーシップのある人は求められます。リーダーシップは単に人をまとめると言う点だけでなく、仕事に対する積極性やトラブル対処へのスピード、組織を安定的に維持していく資質を持っていることの表れでもあります。しかし、面接においてもリーダーシップをアピールすることがあまりにも一般的になっており、良いエピソードで上手く納得してもらえないと印象に残らない可能性もあります。エピソードは工夫するようにしましょう。

(+)長所4

フットワークが軽い

長所4のイメージ

フットワークが軽さ、つまり行動力があなたの武器です。素早く動くことで、考えているだけでは手に入れられなかった情報や結果を得ることができます。企業としても行動力のある人間を欲していますので、自分の長所に自信を持ちましょう。なお、フットワークの軽い人は、仕事であれば営業、企業タイプであればベンチャーに向いています。環境選びの際は、自分がどういった場所に合うかよく考えましょう。

(+)長所5

チャレンジ精神

長所5のイメージ

チャレンジ精神があなたの長所です。新しい物事に挑戦することが好きでチャレンジに抵抗がないあなたは、特にベンチャー企業や新規事業担当などに向いているでしょう。面接でチャレンジ精神をアピールする際は、前例のないことや他者が及び腰になることに積極的にチャレンジし、紆余曲折ありながらも成功した、というエピソードが良いでしょう。エピソードにおけるチャレンジの内容があまりにも平凡であったり、トライしたことの成果が微妙な場合は、あまり良い印象を持たれないので注意が必要です。

(+)長所6

柔軟性がある

長所6のイメージ

高い柔軟性があなたの強みです。変化に強く、臨機応変に物事に対応できる人材です。社会ではどんな環境でも、思いもよらぬトラブルが発生します。そんな時にマニュアル通り遂行することにこだわらず柔軟に対処できる人間は仕事ができる人として重宝されます。面接においても、あなたが柔軟に対応したことによって事態が良い方向に進んだ事案を持ち出してアピールしましょう。注意点としては、柔軟すぎるがゆえに周りに流されてブレてしまう人だと思われる可能性です。芯がしっかりしていることも同時に伝えることを忘れないようにしましょう。

(+)長所7

面倒見が良い

長所7のイメージ

面倒見の良さがあなたの長所です。同僚や後輩で上手くいってない人に積極的に手を差し伸べることができる人間です。面倒見のいい人材は、将来企業でも新入社員の教育係などを任せられることもあり、企業としてもいてくれるとありがたいと感じる人材です。あなたの面倒見の良さを組織やチーム全体の底上げにつなげられる、という観点でアピールをしましょう。もしあなたが面倒見が良いだけではなく同時にリーダーシップも兼ね備えているのであれば、リーダーシップと面倒見の良さを証明できるエピソードを面接で話せるとベストです。

(+)長所8

几帳面

長所8のイメージ

几帳面な性格があなたの長所です。細かいところに気がついて整理整頓できるあなたは、組織の中で一人はいてほしい重要な人材です。今までに所属した組織において、あなたがいたことによって整理整頓されて物事がスムーズに進んだことや、丁寧に取り組んだ結果リスクを排除して物事を成功に導けたエピソードなどがあると、採用担当者としても組織で活躍してもらえるイメージがわきやすいでしょう。几帳面さは非常に重要なあなたの長所であることに自信を持ってください。

(+)長所9

計画的

長所9のイメージ

何事も計画的に進められるのがあなたの長所です。闇雲かつ無鉄砲に行動することはあなたの辞書にありません。仕事においても計画を立ててプラン通りに進められる人材は、プロジェクトや組織を管理する仕事を任せられるため、一定数は確実に確保しておきたいと考えます。今までの経験で自分が計画を着実に実行したことで結果を出せたことを思い出してエピソード化しましょう。ただし、計画を立てた後に変更する柔軟性が全くないと思われるとネガティブに受け止められる可能性があります。計画性と同時に柔軟性も持ち合わせていることをアピールしましょう。

(+)長所10

真面目

長所10のイメージ

あなたは、何事にも真面目に取り組める人です。普通すぎる長所のように思われるかもしれませんが、大抵の仕事において必要とされるのは、真面目に取り組む姿勢です。企業としても真面目な人材は、戦力として計算のできる貴重な人材なのです。自分が真面目で何事も投げ出さずに責任を持って取り組めることをアピールできれば、面接でも好意的に捉えられることでしょう。ただし真面目さを長所に採用する場合は、裏付けエピソードを工夫しないと平凡な内容になります。採用担当者に真面目さが本当に伝わるような信頼性の高まるエピソードを選びましょう。

(+)長所11

素直

長所11のイメージ

素直なところがあなたの長所です。素直であることと言われてもそれが長所である実感は持ちにくいかもしれませんが、仕事で成長していく人材の条件として素直に人の話を聞いて取り入れられることが採用担当者・経営者・上司などから挙げられることは少なくありません。自分の素直さが長所として十分なアピールポイントになることを自覚しましょう。素直といっても人の言うことを全て鵜呑みにする指示待ち人間である印象を持たれてしまうのは良くありません。主体的に働く姿勢を持ちつつ、先輩や同僚からの改善提案に真摯に耳を傾ける姿勢を持っていることを軸に面接にのぞみましょう。

(+)長所12

協調性がある

長所12のイメージ

あなたの長所は、協調性があることです。多くの仕事はチームで動くことがベースとなりますので、協調性がある人がチームにいることで仕事を円滑に進められるようになります。過去に自分が所属した様々な組織(学校、部活、アルバイトなど)の中で、あなたが協調性を発揮して上手く物事が進んだエピソードがないか考えてみましょう。他の人から協調性の高さを褒められたことなどがあればベストです。協調性が高い人は個人の突破力は弱い傾向にありますので、あくまでチームに貢献できる人材であるアピールを中心に面接にのぞむことをオススメします。

(+)長所13

深く考える

長所13のイメージ

あなたは、物事に対して深く考えられる人です。分析思考で、目の前の課題を解決するためにじっくり向き合える長所を持っています。深く考えることのできる人は、企業にとって日々社内外で起きるビジネス上の問題を解決してくれる可能性を秘めた貴重な人材です。将来会社の中枢を担う人材として一定数確保しておきたいと考える企業も多く存在します。他の人では解決できなかった問題をあなたが深く考えて解決した、というエピソードがあれば、それをアピールすることで高評価を受けることができるでしょう。

(+)長所14

気配りができる

長所14のイメージ

気配りができることがあなたの長所です。細かいところに気がつくだけでなく、相手を思って先んじた行動が取れる点は会社でも好評を得られるでしょう。仕事において気配りができることは、取引先との関係や社内の人間関係をスムーズにします。企業側としても気が利く人を採用したいという思惑は多分にありますので、自分の長所に自信を持ちましょう。面接ではあなたの気配りによって過去に所属した組織のメンバーから感謝された点などを中心にアピールしましょう。

(+)長所15

向上心がある

長所15のイメージ

高い向上心は、あなたの大きな長所です。日々の業務に高い意識で取り組めるあなたは、仕事や環境がマッチすれば必ずや頭角を現すでしょう。企業としても高い向上心で積極的に仕事に取り組んでくれる人材はありがたく、未経験から向上心を持って成長した結果高い成果を上げたエピソードなど話すことができれば、面接でも高評価を得ることができるでしょう。ただし、向上心をアピールポイントとしているのに過去の経歴からそれが感じられない場合、マイナスに受け取られる可能性もあります。長所に選ぶ際は、ギャップがないよう注意しましょう。

(+)長所16

好奇心旺盛

長所16のイメージ

好奇心旺盛なところがあなたの長所です。何にでも興味を持つ姿勢は仕事において重要で、仕事を覚える早さや前例のないチャレンジの成功率を上げることにもつながります。好奇心旺盛な社員はトライする意欲に満ちている事が多く、企業としても相性の良い事業に是非配置したいところです。自らの好奇心旺盛さが仕事での向上意欲につながりそうだと思われることが大切ですので、面接では好奇心という長所が会社でどのように発揮できるかをよく考えてアピールしましょう。

(+)長所17

器用

長所17のイメージ

あなたは何事も要領よく物事を進められる器用な人です。もしかしたら自分のことを器用貧乏だと感じているかもしれませんが、器用さは企業で働く上で大変重宝される長所です。新しい仕事を素早く覚えられる人材は、特に総合職などの仕事が頻繁に変わる仕事で力を発揮します。どんな仕事になったとしても飲みこみの速さですぐに戦力になれることをアピールできれば、採用担当者からも好印象をもらえることでしょう。

(+)長所18

最後までやりきる

長所18のイメージ

何事も諦めず最後までやりきるのがあなたの長所です。粘り強さは仕事で成果を上げる上で非常に重要で、諦めずにやり遂げたエピソードが納得感のあるものであれば企業からも高い評価を得ることができるでしょう。仕事のパフォーマンスについて調べた多くの研究でも、根気強く最後までやりきるタイプの人が仕事で成功しやすいという結果が報告されています。諦めずにやり遂げるあなたの長所は仕事で成功する可能性を高めてくれる素晴らしいものですので、自信を持ちましょう。

(-)短所1

せっかち

短所1のイメージ

あなたの短所はせっかちなところです。我慢することが苦手で、つい焦って行動してしまいます。せっかちな性格は悪く言うと「じっくり待つことができない」ですが、良く言うと「スピーディーに物事を進められる」となります。自分がスピード感をもって作業や仕事を進められる人材であることのポジティブアピールにもなります。面接では「問題を先送りにせず素早く対処できる性格」といった長所とセットでいうようにすると悪くは受け取られないでしょう。

(-)短所2

気が強い

短所2のイメージ

気が強いところがあなたの短所です。気が強すぎると仕事の人間関係で衝突する可能性が高く、トラブルに発展しないよう注意が必要です。ただし、気の強さは負けん気の強さでもあり、高い結果を出せる素質を持ち合わせています。気の強さによって社内の人間関係を壊すのではないかと思われないよう気をつけつつ、結果を出すために全力を尽くせる人材であることやリーダーシップを持って主体的に仕事に取り組める姿勢があるアピールをしましょう。企業文化や働いる社員の価値観次第では気の強さを好意的に受け止めてもらえますが、保守的な会社では敬遠されるかもしれません。自分にあった雰囲気の会社選びが大切です。

(-)短所3

不器用

短所3のイメージ

不器用なところがあなたの短所です。物事に取り組む際、何事にも時間がかかってしまうことをあなたも悩んでいるかもしれません。不器用な人が仕事で突き抜けるために必要なのは、自分がやるべきことを絞り込んで地道に続けることです。要領の良い人は早く結果を出せますが、飽きるのも早い傾向にあり、器用貧乏になって大成しないことも少なくありません。不器用であるがゆえに投げ出さずに長期で取り組んだ結果、高い成果が上げられたエピソードを話せれば、好意的に受け取られることでしょう。

(-)短所4

人見知り

短所4のイメージ

人見知りなところを短所だと感じているようです。人見知りな性格によって交友関係が広がらなかったり、社会的なつながりが希薄になってしまう可能性があります。人見知りは、人とたくさん会って人間関係を上手く作れた成功経験を増やすことで解消できる可能性があります。もしくは、人見知りがマイナスにならない仕事を選ぶことで、短所として目立たなくなることもあります。積極的に人見知りを解消するよう頑張るのか、人見知りでストレスを感じなくても良い仕事を選ぶのか、面接で話せるように今後の対応方針は決めておきましょう。

(-)短所5

頑固

短所5のイメージ

あなたの短所のひとつは、頑固な部分です。頑固な性格の人は、人の意見を聞かずに自分が正しいと思う傾向があります。しかし、仕事で結果を出すためには、こだわりや自分が信じた道を進むことも重要であり、頑固さは度を越えているのでなければポジティブな長所と捉えても全く差し支えありません。面接では周りの言うことを聞かずに自分の信念を通して結果を出したエピソードに加え、柔軟に意見を聞いて成功したエピソードも話せると、柔軟性も持ち合わせたバランスの良い人材であるアピールになるでしょう。

(-)短所6

マイペース

短所6のイメージ

あなたのマイペースなところは、短所でもあります。周りと足並みを揃えることが得意ではないため、あまりマイペースすぎる点をアピールしすぎるとマイナスな印象になります。マイペースではあるが協調性も持ち合わせている点を面接ではアピールしましょう。それを裏付けるエピソードも必要ですので、自分の人生を振り返って思い起こしましょう。仮にマイペースだとしても最終的に自分のやり方で結果を出してきた、という自信があるのであれば、その成果をアピールポイントとすることもできるでしょう。周りに流されずに仕事をできる人材というのは頼もしくも映ります。マイペースさが短所ではなく長所と捉えてもらえるような芯の強さを見せられればベストです。

(-)短所7

緊張しやすい

短所7のイメージ

あなたの短所のひとつは、緊張しやすいところです。緊張しすぎてしまうことで、本来の力を発揮できなかったり、普通では考えられない失敗をしてしまうことになります。しかし、緊張するということは、物事をしっかり成功させようと考えていることの裏返しです。緊張する体質が同時に真面目さをアピールできることになりますので覚えておきましょう。緊張は場数を踏んで経験が増えてくれば減ってきます。様々な仕事にトライをして経験を詰んでいくことを前向きにアピールできれば、緊張という短所の克服に向き合っていることが伝わるでしょう。最初は緊張していたことも慣れることで改善した、というエピソードが話せれば、大きな短所と捉えられずに済むでしょう。

(-)短所8

素直すぎる

短所8のイメージ

あなたの短所は素直すぎる点です。あまりにも素直に人のいうことを鵜呑みにしてしまうことで上手くいかない経験や騙されてしまった経験を持っているのではないでしょうか?素直な性格の人材は企業としても大変重宝しますので、あなたの素直な特性自体が悪いと言うことは全くありません。あくまで度を越えた素直さによって周りの意見に流され過ぎたり、指示待ち人間になることを避けなければいけないだけです。素直な性格ではあるが、一度やってみてこれは違うのではないかと感じたら方向修正できる人材であるアピールをすると良いでしょう。

(-)短所9

おおざっぱ

短所9のイメージ

おおざっぱな性格があなたの短所と言えます。細かいことを気にするのが好きではなく、なんでも程々で良いと思っているかもしれません。仕事をする上でおおざっぱな性格がネガティブに働くことは多々ありますが、細かいことを気にせずスピーディーに物事を進めていく突破力を秘めている証拠でもあります。細かい仕事よりも素早い決断力が得意であると感じる場合は、組織の中でそういった役割を担えることをアピールするのも手です。「おおざっぱですが、〇〇な長所が逆にあるのでそこで貢献できます」といった逆転の発想で面接に望むことが大切です。

(-)短所10

心配性

短所10のイメージ

あなたの短所は心配性すぎる点です。何か悪いことが起きないか常に不安に駆られる性格なのではないでしょうか?しかし、仕事をするうえで心配性な性分は良い方向に働くことも多々あります。トラブルを事前に防ぐ良いセンサーの持ち主と言えるでしょう。問題になるのは、心配性が度を越したときにチームや組織が前に進むのを阻害するケースです。プロジェクトが上手くいきそうもないときにアラートを上げられる、トラブル回避に長けている、などのニュアンスで心配性をポジティブに捉えてもらえるようアピールしましょう。

(-)短所11

諦めが悪い

短所11のイメージ

諦めが悪さがあなたの短所です。例え悪い結果になることが予想されたとしても、一度始めてしまったことを打ち切ることができない性格なのではないでしょうか?しかし、諦めの悪さは長所と言っても過言ではない性質です。粘り強く物事に取り組むことによって、普通は失敗に終わるだろうと思われることも成功させてしまう可能性があるからです。自分が諦めの悪い人間だと思うのであれば、だらだら続けてしまって結局失敗してきた人間ではなく、あきらめなかったことによって成果を得られてきた人間だと印象付けられるようにしましょう。そういった点を意識して過去の出来事をエピソード化しましょう。

(-)短所12

計画性がない

短所12のイメージ

計画性のなさがあなたの短所です。つい無計画に行動して、多くの失敗を重ねてきてしまったのではないでしょうか?しかし、無計画さは裏を返せば思い立ったらすぐ行動できる行動力の裏返しとも言えます。面接の際は、計画性がないという短所に加えて、行動力がある長所をセットでアピールするようにしましょう。また、計画せずに失敗したことから何を学んだのか、という反省をできるかどうかも重要です。無計画に失敗したのに次も同じ失敗を繰り返す人物だと思われるとマイナスな印象だけになります。どんどん行動するが、そこから学んで改善もできることを伝えましょう。

(-)短所13

おせっかい

短所13のイメージ

あなたには、おせっかいという短所があります。周りで上手くいっていない人を見ると、つい口を出してしまう性格なのではないでしょうか?仕事をする上では相手が嫌がっていることに口を挟み続けると周りの迷惑になりネガティブな性質だと捉えられますが、相手が困っている、助けを求めている人に手を差し伸べるのであれば大変ありがたがられます。周りが観て見ぬふりをして上手くいっていなかったところをあなたが口を挟んだことで改善したエピソードを話せれば、逆に好印象を与えられるでしょう。

(-)短所14

気を使いすぎる

短所14のイメージ

あなたは気を使いすぎる人です。様々な周りの人に配慮をして人間関係を良好に保つのが得意な反面、それが続くことで疲弊してしまう性格です。しかし、他者から見れば非常に気遣いのできる気が利く人とも見えます。それは全く短所ではありません。気を使いすぎることが遠慮につながってマイナスを生むのではなく、あくまで必要な配慮を適切にできる人であるアピールをしましょう。また、気を使いすぎるが故にメンタルをやられてしまう人もいます。自分の限界を見極めつつ、適切な気遣いを心掛けるようにしましょう。

(-)短所15

優柔不断

短所15のイメージ

優柔不断なところがあなたの短所です。考えすぎて行動が遅くなる自覚があるのではないでしょうか?そんな優柔不断な短所も、裏を返せば「何事も深く考える慎重さに長けた人材」だというアピールにつなげられます。あなたが希望する会社や職種が深い思考力を必要とする仕事であれば、逆にポジティブに捉えられる可能性もあります。面接では、ただ優柔不断なだけでなく素早い行動も時には選択できる柔軟性も持ち合わせていることを合わせて話せればベストです。

(-)短所16

打たれ弱い

短所16のイメージ

打たれ弱いところがあなたの短所です。何かネガティブなことが起きたときに、長い事マイナスを引きずってしまう性格です。自分が仕事で成果を残せなかったり、社内外の人間関係などでストレスを受けるシチュエーションは多々あります。そういった場合にメンタルの弱さが出てしまうと、自分だけでなく周りにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。自分なりの対処の仕方を早めに覚えて対応することが必要です。面接においても、打たれ弱い一面に対してどのように改善の取り組みにトライしているかアピールすることが望ましいでしょう。

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。