理想の就活/転職のための
自己分析サイト
あなたの診断結果
あなたの診断結果
スポンサーリンク

『 診断結果の解説 』

(+)やりたいこと1

器用にこなす

やりたいこと1のイメージ

あなたは、要領良く器用にこなすことが好きです。たくさんのことに興味を持って、それを素早くマスターすることに喜びを感じます。強み弱みがはっきりしているわけではなく、オールラウンダーなタイプです。自分が器用貧乏であることに悩みを感じているかもしれません。要領の良さや器用さは、どんな仕事でも活きてきます。器用にこなせるのはセンスの良さであり、自分が興味のある仕事をある程度のレベルまですぐに持っていけます。多様な仕事のスキルを組み合わせた独自の強みを構築できる可能性を秘めています。まずは経験重視で多くの仕事にトライしてみて、オリジナリティはその後に出せばOKと考られればキャリアの焦りを減らすことができるでしょう。

(+)やりたいこと2

整理整頓する

やりたいこと2のイメージ

あなたは、物事を整理整頓することが好きです。バラバラに散らかっている状態がストレスで、きれいに整頓することで心が落ち着き満足感を覚えます。社内のルールを整えたり、書類やマニュアルを整備したり、仕事をする上で整理整頓を求められる機会は少なくありません。職場を選ぶ際は、諸々散らかしたまま仕事を進めることを誰も嫌がらない、そのまま散らかしっぱなし、という環境だと合わない可能性がありますので気を付けましょう。あえてそういった環境で整理役を一手に引き受けることで高い評価を狙う、というキャリアの作り方もあります。

(+)やりたいこと3

素早く行動する

やりたいこと3のイメージ

あなたは、素早く行動することが好きです。優柔不断は嫌いで、即断即決が持ち味です。フットワークの軽さが求められる営業、スピードが求められる経営者などに向いています。しがらみやルールの多い大企業や公務員として働くとストレスを感じやすいタイプです。ベンチャーや起業といった、自分の素早い行動力が活かせる職場が合っています。素早く行動すると、石橋を叩いて渡るタイプよりも失敗回数は多くなります。失敗に対するメンタルの強さが求められますので、失敗しても気にせず、それを糧にチャレンジし続けて成功をつかみ取る姿勢を忘れないようにしましょう。

(-)やりたくないこと1

文章を書く

やりたくないこと1のイメージ

あなたは、文章を書くことが好きではありません。書くのにストレスを感じるタイプで、読みやすい文章作りに四苦八苦しがちです。作家、ライター、編集者といった出版業界での仕事には向きません。仕事選びの際は出来るだけ文章を書かない仕事を選べれば良いのですが、デスクワーク系の仕事は書類やメールの作成など大抵の場合で文章力を求められるため、文章を書かないことを条件にすると仕事選びの幅が極端に狭まります。文章力は非常に汎用的なスキルですので、できるだけ若いうちから訓練して苦手意識を克服しておくことをオススメします。

(-)やりたくないこと2

デザインする

やりたくないこと2のイメージ

あなたは、デザインすることが好きではありません。絵を描きたい欲求が薄く、描くのも苦手です。デザイン系職種に向いていないのはもちろんのこと、クリエイティビティが求められる仕事全般に向いていない傾向がありますので注意が必要です。デザイナーとして働かない限り、仕事でデザインが求められることはほとんどありません。絵を描くことに苦手意識があってもキャリアに支障は出ませんので、無理に克服しようとする必要はありません。デザイン以外の作業で強みを見つけて活躍できればOKです。

(-)やりたくないこと3

企画する

やりたくないこと3のイメージ

あなたは、企画することが好きではありません。新しいアイデアを考えたり、多くの人と企画会議をすることをストレスに感じます。プランナー職、新規事業の責任者、広告・テレビ業界の仕事などでは苦労する可能性がありますので気をつけましょう。面白い発想をするより、現実的、もしくは論理的に考えることを好みます。淡々と進められる仕事やロジカルに考えることで成果を上げられるタイプの仕事を選びましょう。企画は好きでなくても企画の得意な人達と働きたい場合は、あえて企画職の強い会社に入社して、社内で手薄な堅実性の求められる役割を担って活躍するのもオススメです。

スポンサーリンク

『 診断結果の活かし方 』

今後の活かし方の解説

仕事・職場選び

  • 診断でわかったやりたいこと・やりたくないことのTOP3(合計6項目)が今の仕事・職場、もしくはこれから選ぼうとする仕事・職場に当てはまっているか確認する。
  • まだ志望する仕事や職場が決められていない場合は、TOP3の項目を手掛かりに、それらの要素が当てはまりそうな仕事・職場を探す。
  • やりたいことに合っていて、かつやりたくないことを避けられていそうであれば、その仕事・職場を条件に就活・転職活動する。
  • そうでない場合は、条件を満たせそうな仕事・職場を探し直す。※自分で探すのが難しい場合は、リストを見せて人に相談するのも効果的。

面接対策

  • 診断でわかったやりたいこと、やりたくないことのTOP3(合計6項目)に対して、その項目から連想できる自分の過去のエピソードを思い起こす。エピソードはできるだけ長期に渡って自分が頑張った仕事や部活、アルバイト、その他の活動などを採用する。できれば各項目に対して3つずつ挙げる。
  • その中で最も自分がやりたいこととしてアピールできそうな項目とエピソードを1つピックアップする。
  • ピックアップした項目とエピソードを身近な人に話して、あなたの情熱が良く伝わっているか、やりたいことと志望する仕事・職場の理由に矛盾が出ていないかをチェックしてもらう。
  • 問題なければその内容を面接やESで利用する。
  • 問題があるようであれば、再度やりたいことと志望理由を練り直す。
やりたい、やりたくないを活かす方法

『 結果をシェアできます 』

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!
スポンサーリンク

『 やりたい、やりたくない一覧 』

(+)やりたいこと1

主体的に動く

やりたいこと1のイメージ

あなたは、主体的に動くのが好きな人です。誰かから指示されて動くより、自分から積極的に動くことを好みます。仕事をする際は、裁量が大きい環境で力を発揮します。ルールやしがらみの多い職場より、自由にやらせてくれるほうがモチベーション高く仕事をすることができます。主体性が高い人は、どんな仕事や職業でも自分事として責任感を持ってトライできる傾向がありますが、それを好きな仕事にぶつけられたとき一層パワーがでます。「裁量」と「興味」がキーワードです。

(+)やりたいこと2

問題解決する

やりたいこと2のイメージ

あなたは、問題解決することが好きです。難しい課題に対して最適な答えを見つけることにワクワクします。コンサルタント気質で、問題解決が仕事の大半を占める仕事をすれば飽きずに楽しんで仕事を続けることができます。逆に誰かが考えた解決策をただ実行するだけの仕事ではストレスを感じます。難易度の高いトライを楽しむタイプですので、平凡さやぬるさを感じる環境では刺激を感じられずにモチベーションが下がります。自分にとってやりがいを感じられるレベルの課題がありそうかが仕事探しの軸になります。

(+)やりたいこと3

ホスピタリティ

やりたいこと3のイメージ

あなたは人を助けたり、もてなしたりすることが好きなホスピタリティの高い人です。自分がしたことで相手に喜んでもらうのが大きな喜びです。人を助ける医療系や介護系の仕事への適性はもちろんのこと、旅行・ホテル・飲食などのサービス業全般に向いています。人を喜ばすことができている実感を得づらいタイプの仕事では、ストレスを感じることになりますので気をつけましょう。サービスを提供する顧客でも社内の同僚でも、とにかく人と密に接せられることが重要です。仕事選びの際は、自分のホスピタリティ欲求を満たせる環境はどこか考えるようにしましょう。

(+)やりたいこと4

分析する

やりたいこと4のイメージ

あなたは、分析することが好きです。書籍やネットで情報を調べたり、様々なデータを見て最適な解を見つけ出すことに喜びを感じます。リサーチ、マーケティング、研究開発、エンジニアリングといった、分析が求められる仕事に向いています。分析が好きな人は、即座の行動が苦手という面もあります。じっくり考えてベストな方法を思いつくまで動かない傾向があります。あまり物事を考えずに進めてしまう体質の企業は向かない傾向にありますので注意しましょう。

(+)やりたいこと5

効率化する

やりたいこと5のイメージ

あなたは、効率化することが好きです。非効率な仕事やルールを見ると効率化したくなりますし、それができないとストレスを感じます。効率を求める人達と仕事をすることや、効率化は上手くないけども効率化を進めるあなたに対して尊敬の念を持ってくれたり理解してくれる人が多い組織で働くことをオススメします。プログラマ、経営コンサルタント、工場の管理職といった、効率を求めることがメインである仕事の適性があります。古い体質の業界や企業だとしがらみや非効率なルールに苦しむ可能性がありますので、仕事・職場選びの際は注意しましょう。

(+)やりたいこと6

リーダーシップ

やりたいこと6のイメージ

あなたは、リーダーになることが好きです。皆を率先して引っ張りたいタイプで、責任感が強みです。業界、職種問わずリーダーポジションとして活躍できる適性があり、将来的に管理職・経営者になれる人材です。リーダーと言っても、「自分の力でみんなを導いてあげたい」「自分がやりたいように進めたい」「みんなが生き生きと活躍できる場を作りたい」などモチベーションは様々です。まずは自分がなぜリーダーを務めたいのか、モチベーションの源泉を明らかにしておきましょう。それによってどのような仕事や組織が自分に合っているかが見えてきます。

(+)やりたいこと7

調整する

やりたいこと7のイメージ

あなたは、調整することが好きです。スケジュールを上手く組んだり、人と人との間に入ってコミュニケーションの食い違いを解きほぐしたりすることに喜びを感じます。調整が上手い人は社会で大変重宝されます。調整力の高い人がいるだけでプロジェクトが円滑に進み、成功率がアップするといっても過言ではありません。調整することを苦と思わないのであれば、積極的に調整役を買ってでましょう。周りから感謝され、多くの場合で評価されます。将来的に管理職を務めるのも良いでしょう。

(+)やりたいこと8

身体を動かす

やりたいこと8のイメージ

あなたは、身体を動かすことが好きです。内勤でデスクワークをするより、外に出て身体を動かす仕事のほうが性に合っています。重いものを持ったり、長距離を移動したりといった身体のタフさが求められる仕事でもモチベーションが下がりにくいタイプです。頭を使って難しい事を考えるより、身体で覚える系の仕事で活躍できるでしょう。身体を動かす仕事に就いた場合は、当然身体が資本になります。長く仕事を続けられるよう、人一倍体調管理には気を配りましょう。

(+)やりたいこと9

人を巻き込む

やりたいこと9のイメージ

あなたは、人を巻き込むことが好きです。自分一人で取り組むよりも、多くの人とチームを組んで取り組むことを好みます。個人重視の職場ではなく、チーム重視の職場に合っています。人を巻き込むのが上手い人はリーダーとして活躍できる素養を持っているとも言えます。巻き込み力とリーダー力を兼ね備えている人は、組織で大きな成果を上げられるポテンシャルを秘めています。人を巻き込んだ後は、巻き込まれた人がモチベーション高く参加し続けられることが求められます。良いチームをキープできるよう、丁寧な人間関係を心がけましょう。

(+)やりたいこと10

育成する

やりたいこと10のイメージ

あなたは、人を育成することが好きです。昔から部活やアルバイトなどで後輩の面倒見が良かったのではないでしょうか?塾講師や先生など教育系の仕事への適性がありますが、どんな仕事でも後輩や部下の育成で力を発揮することができます。仕事選びで迷ったときは、教育系だけにこだわらず、自分と価値観の合う人が多い組織であればOKと幅を広げるのもありです。とにかく人を育てることができるポジションがオススメです。好きな育成を仕事で活かして活躍するには「自分の専門性を高めること」「良い教え方を学ぶこと」「コーチングスキルを身に着けること」などが挙げられます。育成を仕事選びの軸に据えることで、満足の良くキャリアを歩めるようになるでしょう。

(+)やりたいこと11

同じ事を続ける

やりたいこと11のイメージ

あなたは、同じ事を続けることが好きな人です。飽き性ではなく、コツコツと物事を進めることで結果を出していくタイプです。変化や臨機応変さが求められる仕事よりも、地道に長期間続ける必要がある仕事のほうが合っています。総合職より専門職タイプですので、早いうちに専門分野を見つけて取り組むようにすることをオススメします。仮にやりたいことが見つかっていなくても、コツコツ続けることで徐々にその仕事を好きになっていくことはよくあります。無理なく続けられることを継続して、自分の武器としていきましょう。

(+)やりたいこと12

人脈作り

やりたいこと12のイメージ

あなたは、人脈作りが好きです。新しい人と積極的に関わるタイプで、非常に社交的です。人が集まる場をセッティングしたり、人と人をつないだりすることに喜びを感じます。仕事においても人脈作りは非常に有効です。経営者や営業といった人と密に関わることを主とした仕事で成果を発揮できます。逆に人と関わらずデスクに座って考えたり地道にモノを作ったりする仕事を続けるとストレスを感じてしまいます。あなたが好きな人脈作りが仕事の成果につながるような仕事を選ぶことをオススメします。

(+)やりたいこと13

話を聞く

やりたいこと13のイメージ

あなたは、人の話を聞くことが好きです。人の話に興味を持って、どんどん質問します。周りから「聞き上手」と言われたこともあるのではないでしょうか?人の話を聞いて考えを引き出す力は、仕事で大いに役立ちます。カウンセラー、アドバイザー、コンサルタントといった聞く力が求められる仕事において、本領を発揮することができます。人とコミュニケーションを取ることが好きなので、人との会話がない仕事が続くと辛くなります。話を聞いたあと適切なアドバイスをして、相手がその内容に納得してくれたり感謝されたりすると喜びを感じます。話を聞いて悩みを解決するタイプの仕事を探してみましょう。

(+)やりたいこと14

人を説得する

やりたいこと14のイメージ

あなたは、人を説得することが好きです。自分の考えを相手にぶつけて、納得してもらうことや感心してもらうことに喜びを感じます。議論で相手を負かしてしまう機会も多いのではないでしょうか?経営・営業・コンサルタントといった説得力がモノを言う職業で本領発揮できます。すでに手順やルールが決まっていて議論の余地のない仕事や職場ではストレスを抱えることになりますので気をつけましょう。提案や議論の機会が多く、人と話をして説得することで結果が出るタイプの仕事・会社がオススメです。

(+)やりたいこと15

計画を立てる

やりたいこと15のイメージ

あなたは、計画を立てることが好きです。何か大きなことに取り組む前には、必ずしっかりとした計画表を作るのではないでしょうか?綿密な計画を立てたあと、地道に物事を進めていく性格です。計画的に物事を進めていくことに慣れているため、無計画にどんどん進んでしまうような仕事や組織にストレスを感じます。仕事探しの際は、自分の計画性の高さと相性の良い仕事かどうか調べましょう。計画立案が求められる仕事全般への適性があり、管理職になっても上手く計画を立ててメンバーを導くことができる素質を持っています。

(+)やりたいこと16

企画する

やりたいこと16のイメージ

あなたは、企画することが好きです。新しいアイデアを考えることにワクワクします。プランナー職、新規事業担当、広告・テレビ業界での仕事など、企画力がモノをいう仕事に向いています。話すことが得意であれば、YouTuberの適性もあります。物事を論理的に詰めていくより、直感的な発想力に強みがあります。アイデアを生み出すための会議で生き生きとします。ルール通りに同じ事を続ける仕事ではストレスを感じるので注意しましょう。

(+)やりたいこと17

デザインする

やりたいこと17のイメージ

あなたは、デザインすることが好きです。手やコンピュータで絵を描き始めると、つい没頭してしまいます。デザイナーの適性があるので、デザイン力を磨いてデザイン系の仕事に就くことが満足のいくキャリアを歩むコツです。ただし、デザイン好きといっても自分の好きな物をデザインしたい場合はデザイナーよりアーティストに向いています。デザイナーは依頼主の要望に応えるデザインをする必要があります。自分がデザイナータイプなのかアーティストタイプなのか見極めて仕事を選択することが重要です。

(+)やりたいこと18

文章を書く

やりたいこと18のイメージ

あなたは、文章を書くことが好きです。文章を書くことにストレスや抵抗がなく、他の人の何倍もの速さで読みやすい文章を書くことができます。作家、ライター、編集者といった出版業界での仕事に適性があります。自由に文章を書きたいのであれば、ブロガーもオススメです。ビジネスの場でもメールや書類作成など良い文章を書くことが求められるシチュエーションは多々ありますので、書くことを継続して強みにしていきましょう。自分が楽しめる文章を書いている時間をどれだけ増やせるかが、満足のいくキャリアを歩むためのカギです。

(-)やりたくないこと1

計画を立てる

やりたくないこと1のイメージ

あなたは、計画を立てることが好きではありません。思い付きで動いたり、やることをコロコロやることを変える方が性に合っています。良く言えば臨機応変で柔軟性に富んだ人柄と言えます。仕事をする際は、プロジェクトの進行管理や管理職として統括することには向いていません。特に、長期に渡って計画を着実に遂行していくタイプの仕事では苦しむ可能性が高いので注意しましょう。どちらかといえば考えたことをスピーディーに実行してすぐに結果が出るタイプの仕事が合っています。発想力や閃きに面白みを感じられる場合は、プランナー職も向いています。

(-)やりたくないこと2

人を説得する

やりたくないこと2のイメージ

あなたは、人を説得することが好きではありません。「人に強く言えない」「説明が苦手」「自分の考え方に自信がない」など理由は人によって異なりますが、総じて人と話をして考えを伝えることに抵抗があります。経営・営業・コンサルタントといった説得力が重要な仕事ではストレスを感じるので、避けた方が無難です。人の話を聞くことが好きであればカウンセリング力を、人の指示に従うことが好きであればリーダーを支えるサポート力を磨いていきましょう。

(-)やりたくないこと3

話を聞く

やりたくないこと3のイメージ

あなたは、人の話を聞くことが好きではありません。人の話に対する興味がないことが多く、つい自分の話ばかりしてしまいます(単に人と話をしたくない人もいます)。話を丁寧に聞くことが求められるコンサルタントやカウンセラーといった職業を選ぶと辛くなりますので避けた方が無難です。話をして相手を楽しませることに自信があるのであれば、それを武器にした職業選びがオススメです。そもそも人とコミュニケーションを取ることが苦手な場合は、コミュニケーションが少ない仕事を探すようにしましょう。

(-)やりたくないこと4

人脈作り

やりたくないこと4のイメージ

あなたは、人脈作りが好きではありません。どちらかといえば人見知りで、仲の良い少数の人と深く付き合うことを好むタイプです。外に出て人と交流するより、会社に籠って一人で集中するような仕事が合っています。多くの人と接することにストレスを感じるため、あまり交流人数が多くなるような職場環境はお勧めしません。積極的に新規開拓するような営業、人とのつながりが重要になるような事業を運営する経営者などは向かない傾向にあります。人脈作りは好きではないが人との交流は増やしたい場合、人脈作りが得意な知り合いと何人かつながっておくことで気軽に人脈を増やすことができます。

(-)やりたくないこと5

同じ事を続ける

やりたくないこと5のイメージ

あなたは、同じ事を続けるのが好きではありません。飽き性や忍耐力のなさを自覚しているかもしれません。一度決めたことを最後までやり通す信念よりは、その時々のやる気や気持ちを重視するタイプです。地道に長期間物事を続けることに向いていないため、結果が出るまでに時間がかかる仕事は避けた方が無難です。短いスパンで新しいチャレンジができる仕事や職場が合っています。将来的には、多様で豊富な仕事経験をミックスさせ、自分独自のオリジナル分野を開拓できるよう取り組んでみるのも満足の良くキャリアを選ぶコツです。

(-)やりたくないこと6

育成する

やりたくないこと6のイメージ

あなたは、人を育成することに興味がありません。過去に部活やアルバイトなどでも、できれば後輩の面倒を見たくないと思っていたかもしれません。教育系の仕事はもちろんのこと、会社での後輩の教育係、リーダー職、管理職といった役割は大きなストレスを感じる可能性がありますので注意が必要です。しかし、企業で働くのであれば年長者になるにつれて若手社員の育成を任されることがほとんどです。どうしても育成から離れたい場合は、専門スキルを身に着けた後に独立やフリーランスという働き方を検討することをオススメします。

(-)やりたくないこと7

人を巻き込む

やりたくないこと7のイメージ

あなたは、人を巻き込むことが好きではありません。人に頼みごとをしてストレスを感じるぐらいなら、一人で解決してしまいたいと考えるタイプです。リーダーを務めた際に人を巻き込むことを嫌がると、チーム全体が停滞する可能性があるので注意が必要です。リーダーよりはサポート役が性に合っているため、企業で働くのであれば優秀なリーダーの参謀や補佐として活躍することを意識しましょう。自分に自信があって一人で物事を進めたい場合は、手に職をつけて独立・フリーランスという働き方もオススメです。

(-)やりたくないこと8

身体を動かす

やりたくないこと8のイメージ

あなたは、身体を動かすことが好きではありません。外に出て人と会う仕事や、身体を使うタイプの仕事をするのはストレスを感じます。内勤のデスクワークのほうが性に合っています。自分が志望している職種が意外と身体を動かすことがメインの仕事であることがありますので、事前に仕事内容について良く調べることをオススメします。体育会系の空気も合わない性分なので、職場選びの際は社風に気を付けるようにしましょう。

(-)やりたくないこと9

調整する

やりたくないこと9のイメージ

あなたは、調整することが好きではありません。皆のスケジュールをすり合わせたり、人と人との間に入ってコミュニケーションの食い違いを解きほぐしたりすることはできるだけやりたくないと考えています。中間管理職を務めると辛くなる性分です。調整は他の人に任せて自由にやりたいと考えるタイプなので、気づいたら調整役を任されていたという事態に陥らないように気を付けましょう。企業規模が大きくなったり昇進したりすると調整が仕事の中心になることがほとんどです。どうしても調整をやりたくないときは、思い切って独立したり一人で進められる仕事を選ぶのも手です。

(-)やりたくないこと10

リーダーシップ

やりたくないこと10のイメージ

あなたは、リーダーを務めることが好きではありません。皆を引っ張るよりは、リーダーのあとについていく方が楽だと考えるタイプです。管理職や経営者のようなリーダーシップが求められる仕事では、大きなストレスを感じることになるでしょう。リーダーではなくサポート役を心地よいと思うあなたは、自分が信頼できる優秀なリーダーと働くことでキャリア満足度がアップします。新卒で入社してすぐなどは上司を選ぶのは難しいですが、異動や転職をするなかでこの人と働きたいと思う人を見つけられるようにしましょう。将来的にその人と密に仕事できるのがベストです。

(-)やりたくないこと11

効率化する

やりたくないこと11のイメージ

あなたは、効率化することが好きではありません。非効率な仕事やルールがあっても、あまり疑わずにそういうものだと従ってしまう性格です。むしろ効率を求められすぎるとストレスに感じます。効率化を追求する仕事(経営コンサルタント、工場の管理職、プログラマなど)では苦労する可能性が高いので注意しましょう。「スピード」「効率化」「論理的思考」などを掲げている企業とは相性が悪い傾向にあります。職場選びの際は企業文化を十分に下調べしましょう。人と接することが好きなのであれば、親身に話を聞いて悩みを解決するような接客業も良い選択肢です。

(-)やりたくないこと12

分析する

やりたくないこと12のイメージ

あなたは、分析することが好きではありません。書籍やネットで情報を細かく収集したり、様々なデータを見て最適な解を見つけ出すようなことにはストレスを感じます。リサーチャー、マーケッター、研究開発、エンジニアなどの分析が求められる仕事には合っていません。深く考えるのは性に合わないので、思いついたら直感で行動したいという欲が強いタイプです。仕事において分析が苦手な人は、分析が得意な論理的な人に論破されがちです。自分の強みが直感や感覚だと思ったら、それを論破せず尊重してくれる人が多い環境に身を置くようにしましょう。

(-)やりたくないこと13

ホスピタリティ

やりたくないこと13のイメージ

あなたは、人を助けたりもてなしたりすることに興味が薄い人です。他人に気を配るより自分の時間を大事にしたい傾向があります。高いホスピタリティを求められる医療系や介護系の仕事、旅行・ホテル・飲食といったサービス業の仕事では、強いストレスを感じるので避けた方が良いでしょう。他者をサポートするよりも、自分のスキルを磨いて一人で成果を上げられる仕事が性に合っています。あまりホスピタリティを求められない仕事の中から、自分の興味があって得意なことを見つけるのがオススメです。

(-)やりたくないこと14

問題解決する

やりたくないこと14のイメージ

あなたは、問題解決が好きではありません。難しい課題に対して、頭を使って解決策を考えることをストレスに感じます。誰かが提示してくれた解決策に従って仕事を進めるほうが楽だと感じているのではないでしょうか?高い問題解決力が求められるコンサルタント、企業の管理力、経営者といった仕事では苦労するでしょう。責任や裁量の大きいベンチャーなどの環境は、職種問わず合わない傾向にあります。できるだけ仕事のやり方が決まっている職場を選ぶようにしましょう。

(-)やりたくないこと15

主体的に動く

やりたくないこと15のイメージ

あなたは、主体的に動くことが好きではありません。自ら考えて行動するより、誰かに指示してもらって動くほうが楽だと考える性格です。リーダーよりもサポート役を務める方が性に合っているので、責任の重い仕事を任されると辛さを感じてしまいます。ベンチャー、起業、フリーランスといった少人数で裁量を持って働くより、安定した大企業でルールに従って進める働き方のほうが向いています。会社選びの際は会社の方向性やルールが自分に合っているかが重要になりますので、面接よく確認するようにしましょう。

(-)やりたくないこと16

素早く行動する

やりたくないこと16のイメージ

あなたは、素早く行動することが好きではありません。時間をかけて悩んで納得した結果動きたいタイプなので、深く考える時間もなく次から次へと行動が求められる仕事には大きなストレスを感じます。行動力やスピードが求められる営業や経営者には向かない気質です。じっくり調べたり分析する仕事(リサーチ、マーケティング、研究開発、エンジニアリング、オペレーター全般など)のほうが性に合っています。職場を選ぶ際は、企業文化が体育会系だったり行動重視の環境は避けた方が良いでしょう。

(-)やりたくないこと17

整理整頓する

やりたくないこと17のイメージ

あなたは、整理整頓することが好きではありません。部屋やパソコンのデスクトップが散らかっていても、あまり気にならないのではないでしょうか?整理することにストレスを感じるので、気づいたら収集がつかなくっていたなんてこともあります。仕事においても、どちらかと言えばアイデアを出すのが好きで、皆から出たアイデアをまとめる役割は好きではありません。書類を綺麗にまとめたり仕事のルールを作るより、企画や人と話す仕事に向いています。規律を重視する職場ではなく、自由な雰囲気の職場を選ぶと良いでしょう。

(-)やりたくないこと18

器用にこなす

やりたくないこと18のイメージ

あなたは、たくさんのことを要領よく進めることが苦手な人です。やったことのない仕事をたくさん振られるとストレスに感じます。一つのことを時間をかけて伸ばしたいタイプで、やることを頻繁に変えるのが自分に合っているとは感じていません。スピードや複数の仕事を求められる傾向が強いベンチャーなどで働くと、辛くなる可能性があります。自分がやりたいことを忍耐強く長期で任せてくれる環境を探すようにしましょう。長期的に取り組みたい専門分野を確立することができたら、それを専門職として伸ばしていくことをオススメします。

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。