理想の就活/転職のための
自己分析サイト
あなたの診断結果
あなたの診断結果
スポンサーリンク

『 診断結果の解説 』

(+)ポジティブ感情1

注目を集める

ポジティブ感情1のイメージ

他者からの注目を集めているとき、あなたは大きな喜びを感じます。目立つことで高揚感を得るタイプです。注目されたい気質のあなたは、できるだけ自分のやっていることがたくさんの人の注目につながる仕事をオススメします。仕事の成果が世の中に出ない地味な仕事、裏方作業、TOPレベルになっても高収入が見込めない仕事は向いていません。ミーハー気質を活かせる仕事で努力することが、大きな喜びを得るための近道です。スタートが地味だとしても、将来的に多くの人の賞賛を浴びられる仕事かどうかをしっかりチェックするようにしましょう。

(+)ポジティブ感情2

自由の実感

ポジティブ感情2のイメージ

あなたは誰にも縛られず、自由にできている実感に喜びを見出すタイプです。人から細かく指示されたり、うるさく指摘されたりすることを嫌います。自分がやりたいことをやれる環境や意見を言いやすい職場を選ぶと良いでしょう。なお、自由と責任はセットのようなもので、自由を得たい人ほど結果で周りを納得させる必要があります。結果を出すから何も言わずに任せられる、と周囲も考えます。自由を手に入れるために結果にこだわる姿勢を忘れないようにしましょう。

(+)ポジティブ感情3

未知の体験

ポジティブ感情3のイメージ

あなたは未知の体験にワクワクする人です。やったことのない仕事や環境、人間関係などにモチベーションを感じます。性格的には飽き性の一面がありますので、同じことをずっと続けるよりも定期的に新しいチャレンジができる仕事に向いています。未知の体験を好む人は、仕事を楽しいと思えるかどうかに重きを置くと満足度をキープできる傾向にあります。保守的な職場よりも変化の大きい職場を選ぶ方が性に合っています。自分のやりたいことを軸に、どんどん新しい仕事にチャレンジしていくことをオススメします。

(-)ネガティブ感情1

同じことを続ける

ネガティブ感情1のイメージ

あなたは同じことを続けることを苦痛だと感じる人です。新しいアイデアやチャレンジを好む性格で、長期に渡って継続することは得意ではありません。続けているうちにモチベーションが下がってしまう傾向にあります。仕事・職場選びの際には、自分が選ぼうとしている仕事がどの程度の期間同じことを求められるのか、面接などで確認するようにしましょう。想像しているより長期になる環境は避けた方が良いかもしれません。同じ事を続けることが全く苦ではない人は多くいます。そういった人に向く継続系仕事はその人たちに任せて、あなたは自分の強みである発想力やバイタリティを活かせる仕事を選びましょう。

(-)ネガティブ感情2

チームワークが悪い

ネガティブ感情2のイメージ

あなたは、チームワークが良くない時にストレスを感じる人です。仲間と一つの目標に向かって取り組めているときに喜びを感じるため、それが実現できていない環境ではネガティブな気持ちが強くなります。また、チームワークを大事にしたい気質なので、そもそもチームが存在しない、個人で進める仕事ばかりだと辛くなる傾向にあります。「チームワークが求められる仕事」+「チームワークを大切にする社風」の組み合わせがあなたにとって良い職場選びの条件です。自分が頑張ってもチームの空気を変えられそうもないときは、転職も一つの手として考えましょう。

(-)ネガティブ感情3

自由がない

ネガティブ感情3のイメージ

あなたは、自由がない環境に大きなストレスを感じる人です。ルールや上下関係が厳しい職場は合わない傾向にあります。自分がやっていることに対して、細かく指摘や邪魔が入ることに我慢できません。就活・転職の職場選びの際に何より重視すべきポイントは、裁量が大きく自由にやらせてくれるかどうかです。給与や勤務条件が良いからといって古い体質が残っている企業で働いてしまうと、長期に渡ってストレスなく働くことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 診断結果の活かし方 』

今後の活かし方の解説

仕事・職場選び

  • 診断でわかったポジティブ感情・ネガティブ感情のTOP3(合計6項目)を参考に、「仕事で味わいたい感情」と「味わいたくない感情」を箇条書きで洗い出す。※できれば各7つ程度
  • 箇条書きの内容をそれぞれ優先度順にランキング化する。
  • 自分が選ぼうとしている仕事・職場がリストの上位に当てはまっているかどうか確認する。
  • 味わいたい感情の上位に当てはまっている、かつ味わいたくない感情の上位に当てはまっていない場合は、ESや面接に進む。
  • そうでない場合は、条条件に当てはまる・当てはまらないを考えて再度仕事・職場を探す。※自分で探すのが難しい場合は、リストを見せて人に相談するのも効果的。

面接対策

  • 診断でわかったポジティブ・ネガティブ感情のTOP3(合計6項目)に対して、その言葉から連想できる自分の過去のエピソードを思い起こす。エピソードはできるだけ長期に渡って自分が頑張った仕事や部活、アルバイト、その他の活動などを採用する。
  • エピソードとその時感じた感情の中から、「一番嬉しかったこと」「一番嫌だったこと」をピックアップする。
  • ピックアップした項目とエピソードを文章化して、面接やESに使える内容に仕上げる。
  • 仕上がった内容を第三者に見てもらって、あなたの人柄が伝わる内容かどうかチェックする。伝わりそうもない場合は修正する。
  • 完成した最終版を実際に面接やESで利用する。
ポジティブ、ネガティブ感情を活かす方法

『 結果をシェアできます 』

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!
スポンサーリンク

『 ポジティブネガティブ感情一覧 』

(+)ポジティブ感情1

チームで目標達成

ポジティブ感情1のイメージ

チームで目標達成することに充実感を感じるタイプです。自分が好きな仲間たちと何かをやり遂げる事が、この上ない喜びです。仕事や職場を選ぶときは、人間関係を重視したほうが良いでしょう。単独で動く機会の多いタイプの仕事では満足感を得づらいため、チームワークが重要視される仕事かどうかを事前にチェックしましょう。また、チームワークが必要な仕事でも、会社によっては個人主義の人が集まっている場合があります。会社選びの際はチームワークを重視する社風かどうかもしっかり見ておきましょう。

(+)ポジティブ感情2

好きな事に没頭

ポジティブ感情2のイメージ

あなたは好きな事に没頭しているときに喜びを感じます。「何かにのめり込んで気づいたら時間が経っていた」という時間が幸せです。どんなことでも集中して取り組むことを継続すると、スキルアップします。必ずしも好きなことを仕事にする必要がありませんが、仕事にしてもいいと思える好きなことがあると、没頭している時間がそのまま成果として跳ね返ってくる幸せなキャリアを送れます。やりたいこと、やりたくないことを明確にして、できるかぎりやりたいことに集中できる環境を選ぶよう心がけましょう。

(+)ポジティブ感情3

良好な人間関係

ポジティブ感情3のイメージ

あなたは、良い人間関係を築けているときに大きな喜びを感じます。自分の好きな人達と日々楽しく過ごせることが、最も良い状況です。どんんな仕事をするかよりも、誰と働くかのほうが重要になってきます。職場選びの際は、面接を通してこの人達と働きたいと思えるかどうかを重視しましょう。なお注意点としては、大企業であればあるほど配属の際に人間関係を選べなくなりますので、もし働く上で人間関係を最も重視したい場合は、働く人を選べるような小規模な企業の方が合っています。そういった点を職場選びの前にしっかりと認識しておきましょう。

(+)ポジティブ感情4

競争に勝つ

ポジティブ感情4のイメージ

あなたは競争に勝つことに喜びを感じる人間です。ライバルとの切磋琢磨にも熱く燃えるタイプです。チームワークを活かして全員で成果を上げるタイプの仕事より、個人で数字を上げられる仕事の方がモチベーションを高く保てるでしょう。競争意識の低い職場や仕事を選んでしまうと、日々の仕事にハリが出ない可能性があります。選ぶ会社が競争のある環境か、社員のレベルが高いか、結果を出した際に評価される成果主義かなど面接で細かくチェックするようにしましょう。

(+)ポジティブ感情5

成長の実感

ポジティブ感情5のイメージ

自分が成長していると実感できるときが、あなたにとって嬉しい瞬間です。成長するためには、未経験の仕事や現状上手くできていないことにトライする必要があります。そういったチャレンジができる仕事や環境かどうかが、あなたにとって大切な事です。優秀な先輩や上司から良質なフィードバックをもらえることも、成長につながる重要なポイントとなります。職場選びの前に、そういった人が多く在籍してそうかも忘れずにチェックしましょう。

(+)ポジティブ感情6

十分なお金の獲得

ポジティブ感情6のイメージ

あなたは十分なお金を得ることに大きな喜びを感じます。高い収入こそ大きなモチベーションになります。満足な収入を得るために必要な事は、まず自分が何歳でいくらほしいのか考えることです。そこで求める金額に達する仕事や職場を選ばなくては、いつまでたっても満足感を得ることはできません。若いうちから欲しいのか、将来的に達すればいいのかなど、人によって価値観は異なります。サラリーマンではもらえない金額を望む人は、独立や起業を選択肢に入れなければなりません。自分が望む金額を得られるキャリアプランの構築を大事にしましょう。

(+)ポジティブ感情7

人を助ける

ポジティブ感情7のイメージ

あなたは人を助けることに大きな喜びを感じるタイプです。ホスピタリティが高い人だと言えるでしょう。誰かの支えとなれている実感があれば、大きなやりがいを感じることができます。医療や介護系の仕事への適正はもちろんのこと、企業の中でも裏から社員を支えるバックオフィス系(事務、経理、人事など)を務めることもできる人です。特に自分が好きな人達を助けられたときの喜びが大きくなる傾向にありますので、職場の人間関係や仕事でサービスを提供する相手と良好な関係が築けそうかを仕事・職場選びの軸にすると良いでしょう。

(+)ポジティブ感情8

逆境に勝つ

ポジティブ感情8のイメージ

あなたは逆境に燃えるタイプの人です。難易度の高い困難に立ち向かうことで、大きなモチベーションを感じることができます。仕事でも平和で波風が立たない環境では、物足りなさを感じてしまいます。ベンチャー企業や起業といった大きな組織な後ろ立てがない環境でも、しっかり頑張れる気質の持ち主です。新しいチャレンジにワクワクする特性を活かして、とにかく自分にとって高い壁だけども超えてみたい、と思えるような仕事や職場を選びましょう。

(+)ポジティブ感情9

地位の向上

ポジティブ感情9のイメージ

あなたは昇進や名誉に喜びを感じるタイプの人です。社会的な地位が上がる事にモチベーションを感じます。ブランド志向とも言えるでしょう。企業で働きたいタイプの人は、若いうちから昇進して役職名が上がっていくことを目指すと満足度が高まります。また、世間でステータスが高いと言われる職業(医者・弁護士・税理士など)を目指すこともオススメです。ステータスを上げるためには結果を出す必要がありますので、どんな仕事をするかよりも自分の強みを活かして結果を出せることを仕事に選ぶと良いでしょう。

(+)ポジティブ感情10

人を喜ばせる

ポジティブ感情10のイメージ

あなたは人を喜ばせることに大きな喜びを感じる人です。おもてなし精神が強いとも言えます。人にプレゼントするのも好きなのではないでしょうか?職業を選ぶ際には、その仕事が上手くいったときに(1)どんな人が(2)どの程度(3)どのぐらいの頻度で喜ぶのかを明確にするようにしましょう。その結果が嬉しいと想像できるのであれば、それは自分に向いた職業と言えます。そこから外れた仕事を選ぶと、一向に満足感を得られないことになります。自分のおもてなし精神を満たせるか・活かせるか、が仕事選びのカギです。

(+)ポジティブ感情11

才能の発揮

ポジティブ感情11のイメージ

あなたは、自分の強み・才能が活かされていると感じた瞬間に大きな喜びを感じる人です。得意な事で結果を出せる環境かどうかが、職場選びに最も重要なポイントです。才能を活かすためには、まず自分の強みをしっかりと認識する必要があります。まだ強みがわかっていない人は、自分の強みを明確にしていけるよう、若いうちから多様な仕事にチャレンジしてみるのがオススメです。徐々に才能がわかってきたら絞るイメージです。強みがわかっている人は、強みではない仕事をやらなくて良い環境を選ぶことを忘れないようにしましょう。せっかくの才能を眠らせないよう注意が必要です。

(+)ポジティブ感情12

他者の成長

ポジティブ感情12のイメージ

自分が関わっている人の成長を見られることが、あなたの大きな喜びです。仕事を選ぶ際は教育系の仕事を選んでもいいですし、教育系でなくても職場で後輩の教育係を務めることや、マネージャーとして多くのメンバーをマネジメントすることでも喜びを得られるでしょう。とにかく人と密に関われる仕事・職場を選ぶことが大切です。人を成長させてくれる人は企業にとっても大変ありがたい存在ですので、喜びを感じられるよう全力で他者の成長に取り組みましょう。

(+)ポジティブ感情13

人から感謝される

ポジティブ感情13のイメージ

人から感謝されることに強い喜びを得るタイプです。接客しているお客さんからありがとうと言われたとき、困っている人を助けたとき、自分の活動が誰かの助けにつながっていることを実感したときなどが最も嬉しい瞬間です。仕事を選ぶときは、できるだけ誰かの助けになっていると実感しやすい仕事を選ぶよう心がけましょう。職場についても、お互いに感謝の気持ちを伝えあえる空気の職場に向いています。人と人とのコミュニケーションが希薄な環境は満足感を得にくいため、注意が必要です。

(+)ポジティブ感情14

個人の目標達成

ポジティブ感情14のイメージ

あなたは、自分が立てた難しい目標を達成できる瞬間に大きな喜びを感じます。しっかり計画を立てて地道に取り組むことで、少しずつ目標に近づけるタイプの仕事に向いています。忍耐を要する仕事でも、投げ出さずに取り組める資質があります。チームより個人で高い目標を達成することで満足感を得られる傾向が強いため、職人気質を発揮できる仕事を探してみましょう。目標もなく日々同じことを繰り返すだけの仕事では喜びを得づらい性分ですので、職場選びの際はそういった環境を避けることをオススメします。

(+)ポジティブ感情15

人から認められる

ポジティブ感情15のイメージ

あなたは、人から認められることに強い喜びを感じる人間です。承認欲求が強いとも言えます。仕事で成果を上げたとき、しっかりと評価される環境でモチベーションをキープしやすい傾向にあります。認められるまでに時間がかかるタイプの仕事を選ぶと、認められる前に心が折れてしまう可能性がありますので注意しましょう。人から認められるためには、仕事で結果を出す必要があります。自分が得意なことを仕事にすると結果が出しやすくなるため、自分の強みを理解した上で仕事選びをすることをオススメします。

(-)ネガティブ感情1

地味な活動

ネガティブ感情1のイメージ

自分のやっている仕事が地味で目立たないと、やりがいを感じられないタイプです。「自分にしかできない仕事で目立ちたい」という欲求が強いため、今やっている仕事がそこにつながらないとモチベーションが上がりません。就活や転職の際は、「自分にとって目立てる仕事か、それとも地味な仕事か」をしっかり分類したうえで、目立てる仕事を軸に企業探しをすることをオススメします。もちろん、将来的に目立つために必要な地味仕事を最初に選ぶのは構いません。最終的に目立てるポジションを得るためのキャリアプラン作成を頑張りましょう。

(-)ネガティブ感情2

やりたくない事をする

ネガティブ感情2のイメージ

あなたは、やりたくないことをすることに強いストレスを感じます。あなたのようなタイプの人は、やりがいによってパフォーマンスが変わる傾向があるため、やりがいのない仕事を我慢して継続すると結果も出づらくなります。すべての仕事をやりたいことだけにすることは現実的ではありませんが、自分のメインとなる仕事はやりがいを感じるものにできるよう努力しましょう。就活・転職においても、給与や勤務条件などに多少目をつぶっても、やりがいを重視したほうが満足度が上がる傾向にあります。やりたいことでスキルアップした結果給与や勤務条件も改善する、という流れが理想的です。

(-)ネガティブ感情3

結果が出ない

ネガティブ感情3のイメージ

一生懸命取り組んでいるのに長期間結果が出ない時、大きなストレスを感じます。頑張れば達成できる目標を上手く設定できない環境だと、モチベーションが下がります。粘り強さに欠ける一面があるため、コロコロ仕事や職場を変えるキャリアを歩む危険性もあります。結果が出るのにあまりにも時間がかかるタイプの仕事・職業を選ぶと挫折する可能性があります。自分にあった目標の高さと期間であるかが、仕事選びに非常に重要なポイントです。

(-)ネガティブ感情4

暇な時間

ネガティブ感情4のイメージ

あなたは暇な時間を苦痛に感じる人間です。例え収入が良くても、暇を持て余すタイプの仕事は選ばないことをオススメします。やりがいのある仕事で忙しく働けると、充実感を得られます。人生において暇でのんびりする時間をあまり望んでおらず、周りからは働き者だと思われます。働くことに積極的な分、仕事に没頭して結果も出やすいのがあなたのようなタイプの人の特徴です。バリバリ働いて充実した日々を送れそうな職場環境を選ぶようにしましょう。あまり忙しくし過ぎて身体を壊さないよう注意を払うことも忘れずに。

(-)ネガティブ感情5

お金が少ない

ネガティブ感情5のイメージ

あなたにとっては、収入が少ないことが大きなストレスです。いくらやりがいのある仕事ができていても、低収入では我慢ができません。収入のストレスを減らすためには、何よりもまず高収入を得られる会社を選ばなくてはなりません。そしてその会社で結果を出して評価される必要があります。どれだけ働いて結果を出しても収入の低い会社では満足な収入は得られませんし、平均給与が高い会社だとしても結果を出せなければ給与は上がりません。「環境選び」「仕事選び」「スキルアップ」が、あなたのキャリアにとってのマスト項目だと認識しておきましょう。

(-)ネガティブ感情6

人間関係のトラブル

ネガティブ感情6のイメージ

あなたは人間関係が悪いときに強いストレスを感じるタイプの人です。あなたのようなタイプは、「収入が高い」「勤務時間が短い」「やりがいのある仕事」といった好条件で働ける場合でも、「人間関係が悪い」という状況において我慢ができなくなります。好条件に引っ張られて無理に今の職場を継続するのではなく、人間関係の良し悪しをベースに職場選びをするようにしましょう。働く上での大事な価値観を間違えると、ストレスで身体を壊す可能性があります。

(-)ネガティブ感情7

成長を実感できない

ネガティブ感情7のイメージ

成長している実感を得られない時に強いストレスを感じます。すでにクリアした目標やできるようになったスキルを繰り返す仕事には向いていません。まだ自分ができないことにトライできる環境かどうかが非常に重要になります。自分の成長もそうですが、会社や所属している組織の成長も重要な要素となります。個人と組織の成長を両立できる職場が、あなたにとってベストです。今の環境でこれ以上大きな成長が見込めない、と感じたタイミングが転職の時期として適しています。

(-)ネガティブ感情8

才能が発揮されない

ネガティブ感情8のイメージ

自分の才能が発揮されない職場で強いストレスを感じます。自分にある明確な才能がつぶされてると感じてるケース、才能がわからず悩んでいるケースなど、人によって状況は異なりますが、間違いなくあなたのキャリアの軸は「強みが活かせる場所で働くこと」です。様々な仕事を経験したあと自己分析で強みを明確にし、明確になったら強みを発揮できる職業・職場選びをするようにしましょう。「経験不足」「自己分析不足」「強みを理解してくれる環境不足」があなたにとっての天敵です。

(-)ネガティブ感情9

貢献できてない

ネガティブ感情9のイメージ

周りに貢献できていないことに強い不安やストレスを感じます。自分が皆の役に立てている実感を得られないと辛くなってしまいます。献身的な性格の持ち主とも言えます。貢献の実感を得るために最もわかりやすいのは、シンプルに結果を出すことです。結果を出して自分に任せられた役割を全うすることで、チームや組織も成果を上げることができます。また、成果だけでなくチームメンバーからの感謝が集まるとより貢献の実感を得ることができます。スキルや経験が少なくて貢献できない期間がどのぐらいになりそうかを把握し、その時期を上手く耐えることが求められます。

(-)ネガティブ感情10

人から感謝されない

ネガティブ感情10のイメージ

人から感謝されないときに、強い不満を抱きます。「せっかく自分がやってあげているのに全く感謝されない」といったことが続くとモチベーションが下がってしまいます。逆にいえば、何か人にやってあげるときに見返りを求める性格とも言えます。人をサポートしたり奉仕することがメインの仕事を選ぶ場合は、感謝を大切にする人達が多い職場かが重要な職場選びの基準となります。そうでなければ、感謝を求めすぎてしまう性格が出過ぎることを避けるために、感謝があまり発生しないような仕事や職種を選ぶのも一つの手です。

(-)ネガティブ感情11

競争レベルが低い

ネガティブ感情11のイメージ

競争がない環境にいら立ちを感じるタイプです。まったりと働ける、緩やかな空気の職場は合わない傾向にあります。高いレベルの競争に勝つことがあなたのキャリアに必要な事です。良いライバルの存在も、あなたを引き上げてくれることでしょう。大企業や公務員よりも、ベンチャーや起業など、勝負の世界に身を置くほうが満足度が高まります。安定と競争は両立しづらいことを頭に置いて、就活や転職に望む必要があります。注意点としては、競争が激しすぎると身体や心を壊す可能性がありますので、常に自分のコンディションが問題ないか気を配るようにしましょう。

(-)ネガティブ感情12

人の面倒を見る

ネガティブ感情12のイメージ

面倒を見なければいけない人がいる、またはそういった人が多い環境でストレスを感じるタイプです。人を成長させることや面倒を見ることに喜びを得るタイプではなく、「一人の時間が増えればもっと仕事が進むのに」と感じる傾向にあります。後輩にアドバイスをしたり教育係になったりすることで自らも成長できるため、そういったポジションを全て拒むことはオススメしませんが、長期に渡ってそういった仕事が続くとストレスでモチベーションが下がります。自分にとって良いバランスを考えながら、そういった役割を務めるのが良いでしょう。

(-)ネガティブ感情13

逆境

ネガティブ感情13のイメージ

あなたは、逆境にストレスを感じるタイプの人です。困難な高い壁に向かうのは性に合わず、できるだけ避けたいと考えています。難易度の高い目標、難しいスキルを求められる仕事、トラブルが頻繁に起きる仕事、圧の強い上司、などが続くと潰れてしまう可能性があるので注意が必要です。就活や転職の際は、逆境と言える状態になりやすい仕事や職場かどうかを事前に調べておくことをオススメします。職業や職場ごとに逆境の量や質は異なりますので、それが自分にとって耐えられそうかどうかしっかり考えておきましょう。

(-)ネガティブ感情14

人から認められない

ネガティブ感情14のイメージ

人から認められないと感じるときに強いストレスを感じます。自分としては上手くやれている実感があるのに評価されないことに、納得できません。同様の成果を上げた際に他の会社で評価されるような場合は、転職がオススメです。やることは変えずに場所を変えるだけでOKです。しかし、本当は評価されるようなレベルの仕事ではないのに自分を過大評価している際は注意が必要です。どこにいっても評価されないのは変わらないからです。人から認められるためには、認められるために主張するより、黙って高い成果を出すのが一番の近道だと意識しておくのが良いでしょう。

(-)ネガティブ感情15

責任が重いこと

ネガティブ感情15のイメージ

責任が重い状態にストレスを感じます。責任は軽いが自由に物事に取り組める状態が理想です。就活・転職の前には、今自分が希望している職業や会社でのポジションがどの程度責任を求められそうかチェックするようにしましょう。また、会社から管理職などへの昇進の提案がある際には注意が必要です。安易に受けてしまうと、仕事で四六時中大きなストレスを受け続けることになりかねません。「自分が求める収入やそのポジションで出来ることのメリット」と「責任の重さのデメリット」のバランスを考えてキャリアを選択するよう心がけましょう。

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。