理想の就活/転職のための
自己分析サイト

とび職人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今とび職人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいとび職人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのとび職人適性診断結果

あなたの適性度は66%で、とび職人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。とび職人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

とび職人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力がある
2.高所恐怖症でない
3.チームワークを大切にできる
4.注意力がある
5.手先が器用
6.自発的で何事にも積極性がある
7.バランス感覚に優れている
8.プライベートの時間が欲しい
9.若い内から収入を得たい
10.手に職を付けたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

とび職人には体力が求められます。足場を組むために高所で動き回ったり、重量物を運んだり、ハードな作業が多いです。一日中体を動かし続けるので基礎的な体力が欠かせません。早朝から作業を始めるケースも多く、新人の内は肉体的に厳しいと感じることも多いでしょう。しかし、仕事を続けているうちに、体が鍛えられていく一面もあります。体を動かすことが好きであり、体力に自信があるという人に向いている仕事です。

『 高所恐怖症でない 』

十分に兼ね備えている

高所での作業を行うとび職人は、高所恐怖症でないことが求められます。高い所に行くのが好きな人には働きやすいと言えるでしょう。一方で、自分は高い所が平気だと思っていても、実際に現場に行くと足がすくんでしまうというケースも少なくなりません。しかしながら、働いていく内に高所に慣れてきて、恐怖心を抱かなくなります。高い所に強い恐怖を持っていなければ、働くことのできる仕事です。

『 チームワークを大切にできる 』

十分に兼ね備えている

とび職人の仕事はチームを組んで行う場合が多いです。そのため、チームワークが欠かせません。とび職人の作業は危険が伴うので、声や合図を出しながら、連携して作業を進めます。お互いの息が合っていないと、事故につながりかねません。仲間意識を大切にし、適切なコミュニケーションがとれる能力が必要です。

『 注意力がある 』

十分に兼ね備えている

注意力もとび職人にとって重要な能力です。事故を防ぐためにも、周りに気を配りながら行わなければなりません。天候の悪い日では、足を滑らせないように注意する必要があります。自分が落下しなくても、道具を落としてしまうと周囲の人々がケガをしてしまうかもしれません。現場の安全管理も徹底されていますが、自分の不注意から事故が起こるケースもあり得えます。注意深く慎重に作業を進められる性格の人が適している仕事です。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

大きな建築物を建てるとび職人ですが、細かい作業も多いです。そのため、手先が器用であることも求められます。限られた時間の中で部品の取り付けや正確な採寸を行うには、細かい作業に慣れている方が有利です。丁寧な仕事も大事ですが、時間をかけてしまうと、スケジュールに影響を与えてしまいます。とび職人は細かい作業も正確かつ素早く行える器用さが重要となるのです。

スポンサーリンク

『 自発的で何事にも積極性がある 』

十分に兼ね備えている

積極的に業務に取り組んでいく意識も大切です。とび職人の作業は、やって覚えることが多い一面があります。そのため、自分から積極的に挑戦していく姿勢が重要。自分から先輩職人の技を観察したり、コミュニケーションを取っていける行動力があると、周りから好まれるでしょう。

『 バランス感覚に優れている 』

そこそこ兼ね備えている

優れたバランス感覚もとび職人に必要な能力です。高所でも軽やかな身のこなしができ、足場が不安定な状況でも作業に取り組めることが求められます。また、肉体的なバランス感覚だけでなく、精神面も重要です。正確な作業を行うための集中力と周囲にも目を配れる協調性の両方が必要です。自分の作業とチームワークをバランスよく意識していける感覚も求められます。

『 プライベートの時間が欲しい 』

十分に兼ね備えている

とび職人の勤務時間は朝が早い場合が多いですが、基本的に残業することは少ないです。日が暮れてしまうと手元が見づらくなり、事故のリスクが高まるので、定時を終えたら帰宅できる現場が多いです。中には、その日に行う作業が早く終われば、その時点で帰れる現場もあります。また、とび職員の休日は日・祝日が基本であり、土曜日は出勤となる傾向があります。しかし、お盆などの長期休みは取りやすく、台風など天候が悪い日は休みになるので、休みが多いのも特徴です。プライベートな時間を確保しやすい仕事です。

『 若い内から収入を得たい 』

あまり兼ね備えていない

とび職人は自分の努力次第で技術を学び、出世していくことが可能です。早い人なら3年程度で親方になれる場合もあります。独立して親方になれば、自分の裁量で仕事の数を決定できるようになり、多くの仕事をこなしていくことも可能です。早く親方になることができれば、若いうちから稼げるようになります。早く高収入を得たいという人に向いています。

『 手に職を付けたい 』

あまり兼ね備えていない

とび職人は建設業界では現場の華とも呼ばれる欠かせない存在です。真っ先に現場に入り、足場や鉄骨を配置することで、他の職人が作業できるようになります。とび職人は専門性が高い仕事であり、他の人が代わりになることはできません。手に職をつけることで安定して働くことができるでしょう。とび職人の中でも足場とびは、作業のための足場を組む仕事であり、専門性と需要の両方が高いです。技術と知識がなければこなせないので、十分な腕前を持つことができれば、仕事に困らなくなるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのとび職人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る