理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ピアニストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ピアニストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいピアニストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのピアニスト適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ピアニストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ピアニストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ピアニストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ピアノ演奏が大好き
2.地道にコツコツと練習できる
3.想像力と表現力がある
4.ポジティブ思考
5.集中力がある
6.孤独に強く一人でも気にならない
7.プレッシャーとストレスに耐えられる
8.耳が良く音感に優れている
9.手が大きく指が長い
10.柔軟性があり指と指の間が開く
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ピアノ演奏が大好き 』

そこそこ兼ね備えている

何よりもまずピアニストに求められるのはピアノが大好きなことです。ピアニストになる前はもちろん、プロとして演奏するようになってからもリサイタルのために毎日の練習は欠かせません。毎日ピアノを弾いていてもまだ足りない、練習が終ってもまたすぐに弾きたくなる、街を歩いていてピアノ演奏が聞こえてきたら思わず集中してしまう、自然に指が動いてしまうくらいピアノが好きでないとピアニストになるのは難しいです。ピアニストは仕事だから練習するというよりも、ピアノが大好きで気がついたら時間が経っていた、まだまだ弾き足りないと感じる人に向いています。

『 地道にコツコツと練習できる 』

だいぶ兼ね備えている

上手く演奏できるようになるために地道に練習できる人がピアニストに向いています。毎日練習するというのは簡単なことではないです。日常生活の中で体調が悪い、遊びに行きたくなる日もあるはずですが、それを乗り越えて練習する必要があります。毎日練習することで体に覚え込ませ音感を鍛えるのは、日々の生活の中では同じような動きや状況を作り出すのが難しいからです。そのため食事や睡眠のように毎日の生活の中で当たり前の状況を作り出すのが練習で、そうすることで体得しないとすぐに忘れてしまいます。

『 想像力と表現力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ピアノを習い始めた頃は楽譜通りに演奏できれば上手だねと褒めてもらえますが、ピアニストにはその先があります。技術的に上手に弾けるのは当たり前で楽譜を見て状況を解釈して想像し、音で場面の雰囲気や感情を表現するのがピアニストです。つまり音で喜怒哀楽や情景を表現することが求められるのです。画家が絵を描くことを表現手段とするようにピアニストにとっては音が表現手段です。感動の対象になるのは芸術作品だけではなく日常風景や会話など様々なので、周囲にあるいろいろなものに触れて心を動かし、それを心の中にとどめ置いて表現できる人がピアニストに向いています。

『 ポジティブ思考 』

そこそこ兼ね備えている

小さなことで落ち込んだりせず常にポジティブ思考でいられることがピアニストには必要不可欠です。リサイタルで厳しい評価をもらうこともあるでしょうし、練習が思い通りにいかないこともあるはずです。自信をもって望んだコンクールで思うような結果がでないと落ち込んでピアノを弾くことが嫌になるかもしれません。ですがそこで止めてしまったらピアニストとしては終わりです。人生は良いこともあれば上手くいかないこともあると割り切って、たとえプライドが粉砕したと感じてもポジティブ思考で次回につなげられるよう発想を切替えることが大切です。

『 集中力がある 』

兼ね備えていない

ピアニストには集中して練習に取り組む精神力が求められます。毎日の練習は結果が目に見えないため漫然としたものになりがちですが、だからこそ集中力が必要になります。集中して弾いた日々の練習結果は少しずつ積み重なって、やがてここぞという舞台で成果として表われます。毎日、ただ練習時間を決めてピアノを弾くのではなく集中して弾くこと、たとえ短時間であっても淡々とこなすのではなく気持ちを入れて練習できることが大切です。

スポンサーリンク

『 孤独に強く一人でも気にならない 』

十分に兼ね備えている

ピアノの練習はどこであっても基本的にはひとりです。そのため自分と向き合う時間が長いと社会から切り離されたように感じて寂しくなるときがあります。寂しさから投げ出してしまう、練習を止めてしまうようではピアニストには向いていません。孤独に耐えられる、ひとりで集中してじっくりと自分と向き合い練習できる強さが必要です。

『 プレッシャーとストレスに耐えられる 』

あまり兼ね備えていない

リサイタルを中心に活動するピアニストはプレッシャーとストレスに耐えられる精神力が求められます。ひとりで作り上げる音楽、それを舞台上で多くの観客が見ている前で演奏するプレッシャーは想像し難いです。しかもリサイタルが成功するか失敗するかはピアニストにかかってくるわけで、満足してもらえなければ次の契約にも影響することになります。だからこそピアニストにはそうした様々なプレッシャーとストレスに耐えて次に進める精神力が必要だということを知っておきます。

『 耳が良く音感に優れている 』

十分に兼ね備えている

耳が良いということは音感に優れているということでもあり、ピアニストには必要な条件です。活躍しているピアニストは絶対音感をもっており、周囲に溢れている音を音符にして再現することができます。生まれながらにもっている人もいますが、訓練により身に付けることもできるので毎日コツコツと練習することが大切です。また耳が良いとは美しい音を聞き分ける、バランスの良い音を聞き分けるということでもあるので心情や状況を音で感じ取れる能力がピアニストには必要です。

『 手が大きく指が長い 』

十分に兼ね備えている

ピアニストになるための資質として手が大きい、指が長いことは有利な条件といえます。手が大きく指が長いと鍵盤の届く範囲が広いのでオクターブフレーズが続く曲も力強く弾きこなすことができます。ですが、だからといって手が小さいとピアニストに向かない、不利だとはいえないです。力強く弾くのが苦手でも繊細に弾くことができるなど、技術力や他の表現力でカバーすることができます。

『 柔軟性があり指と指の間が開く 』

あまり兼ね備えていない

ピアニストに向いているのは柔軟性があり指が開くことです。手が大きいことはピアニストの資質として有利だと説明しましたが、じつは大きくても柔軟性がないとせっかくの資質を活かすことができないです。日本人は欧米人に比べて小柄なため手も小さい傾向がありますが、優れた技術と指の柔軟性でこれらをカバーしています。体と同じで指も毎日のストレッチで柔軟性は変わるので、日々訓練すれば少しずつ開くようになります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのピアニスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る