理想の就活/転職のための
自己分析サイト

常にロジカルで冷静な分析屋
アナリティカル

ソーシャルスタイル診断の結果、アナリティカル

アナリティカルは、深く考えることや分析が得意なタイプです。何事も冷静に対処でき、物事に動じない傾向があります。仕事も正確で安定感があります。自分の話をするよりも人の話を聞くことが多く、大人数の場ではあまり喋りません。感情が表情に出ないため、何を考えているのかわからないと思われてしまうことも。

スポンサーリンク

コミュニケーションの特徴

アナリティカルは4つのソーシャルスタイルの中で、「意見を聞く」「感情表現が少ない」というコミュニケーションの特徴があります。

アナリティカルのソーシャルポジション

アナリティカルの強み・弱み

アナリティカルの強み・弱みを簡潔にキーワードで表すと以下のようになります。

強み

  • ロジカル
  • 冷静
  • 仕事が正確
  • 聞き上手
  • 真面目
  • 思慮深い
  • 慎重
  • ミスが少ない

弱み

  • 優柔不断
  • 表情が固い
  • 自分の話が苦手
  • 無口
  • 独創性が低い
  • 話が長い
  • マイペース
  • 頑固

アナリティカルの適職

仕事で活躍するには、向いている仕事を選び、向いていない仕事を避けることが大切です。

向いている仕事

数字を扱う仕事や深く考える仕事に向いています。一人で淡々とできる仕事にも強みがあります。

  • 技術職全般
  • 公務員
  • 経理
  • 研究者
  • 税理士
  • 医者

向いていない仕事

多くの人と話す仕事やクリエイティブな仕事は向いていない傾向にあります。

  • 営業
  • 経営者
  • 接客業
  • プランナー
  • 広報
  • クリエイター
スポンサーリンク

各スタイルとの相性

アナリティカルであるあなたと相性が良いのはどのスタイルでしょうか?スタイル別の相性を把握して、身近な人とのコミュニケーションを円滑にしていきましょう。

《 4つのソーシャルスタイル 》

全ソーシャルスタイル

ドライバーとの相性

相性のアナリティカル
アナリティカル
相性のアナリティカル
ドライバー

△ 相性は普通

お互いロジカルな面で通じ合うことができるので、信頼関係は築きやすい傾向にあります。ただしドライバーは素早く決断しアナリティカルは慎重に考えるため、お互いを「優柔不断すぎる」「無鉄砲すぎる」とネガティブにとらえてしまうこともあります。会社でチームを組む場合、ドライバーが主導権を握り、アナリティカルが参謀となることで上手くいくケースがよくあります。

エクスプレッシブとの相性

相性のアナリティカル
アナリティカル
相性のアナリティカル
エクスプレッシブ

✕ 相性が悪い

思慮深さに欠けるエクスプレッシブと考えすぎてしまうアナリティカルの相性はあまりよくありません。考えや行動のスピード感に大きな差があり、お互いストレスを感じやすい関係です。真逆の性格なので、相手の良い面に目を向けて、仕事などで自分の弱みを補完しあうパートナーになるのがベストです。よく相手を理解して接するようにしましょう。

エミアブルとの相性

相性のアナリティカル
アナリティカル
相性のアナリティカル
エミアブル

△ 相性は普通

にこやかなコミュニケーションを好むエミアブルに対して、アナリティカルは無表情で無愛想にしがちです。関係値が浅いとエミアブルが困ってしまいがちな組み合わせです。ただ、仲良くなるとお互いの理解が深まり、慎重に考える性格同士で良い関係が気づけることも。上手く付き合うには、時間が必要だと認識しておきましょう。

アナリティカルとの相性

相性のアナリティカル
アナリティカル
相性のアナリティカル
アナリティカル

〇 相性が良い

お互い論理的思考に長けており、話がスムーズで心地よい関係を築けます。細かいことを淡々と進めることが得意で、さっと話すだけで作業がドンドン進んでいきます。仕事内容によっては非常に良い組み合わせです。ただし、アイデアや発想力はお互い持ち合わせていないため、クリエイティブな仕事は苦手です。その時はドライバーやエクスプレッシブに助けを求めましょう。

診断結果の活かし方

今後の活かし方の解説
  • 自分のソーシャルスタイルと特性を他者に伝え、今まで理解してもらえていなかった自分を理解してもらう。
  • 身近な人や会社のメンバーのスタイルを把握し、理解が難しかった相手との円滑なコミュニケーション方法を知る。
  • ソーシャルスタイルを様々な組織作りに活かし、人間関係トラブルが少なく成果を上げやすい組織を作る。
  • 強み・弱み、適職を把握し、自分のキャリアデザインの参考にする。
今後の活かし方のイメージ
スポンサーリンク

結果をSNSでシェアできます!

判明したあなたのスタイルを
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

アナリティカルの結果シェア画像
次の診断に進む
次の診断に進む
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

他スタイルの解説

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。